平塚市美術館ホームページの先頭です

平塚市美術館

本文へ

ここからページの本文です
 

展覧会

サラリーマンコレクターの知られざる名品 わの会展

概要

竹久夢二《一座の花形》1914年

【特集展】サラリーマンコレクターの知られざる名品 わの会展
2015 年12月5 日(土) 〜2016年2月7日(日)


開館時間 9:30 〜 17:00(入場は16:30 まで)
休館日      月曜日(ただし1/11 は開館)、12/29( 火) 〜 2016 年1/3( 日)、1/12( 火)
観覧料金  一般200(140) 円、高大生100(70) 円、小中学生無料
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

主催         平塚市美術館、NPO 法人あーと・わの会

開催日数  50日間 
観覧者数  3414人

担当         安部沙耶香(当館学芸員)

詳細

松本竣介《少女》1946 年

 平塚市美術館では、「サラリーマンコレクターの知られざる名品 わの会」展を開催いたします。
 この展覧会は、美術品コレクターの集まりである「わの会」会員の秘蔵のコレクションを公立美術館で初めて公開するものです。
 「わの会」にはサラリーマンをはじめ、公務員、医師など様々な職種の会員がいます。会員は皆、本業の傍ら熱心に美術品を蒐集し、研究し、愉しんでいます。彼らの共通点は、情熱と愛情をもって美術
品を蒐集していることです。この情熱と愛情を共通の理念とし、会員間で情報の交換、作品を発表しコレクションのさらなる充実に努めています。
 そのコレクションは決して派手なものではありません。しかし、一点一点、いぶし銀の魅力を放ち、美術館のコレクションとはまた違った魅力を持っています。思いもかけぬ、名品、珍品、いつの間にか忘れられた画家の傑作、有名画家の隠れた一面を示す作品等々、まさにコレクターの情熱と愛情によって発掘された作品ばかりです。
 今回の展覧会では、「わの会」会員の秘蔵のコレクションのなかから、これぞ、という自慢の作品約150点を厳選し、コレクターのコメントと併せて展示します。
 普段、美術館で展示する作品とはひと味もふた味も違うサラリーマンコレクターの思いの詰まった珠玉のコレクションをお楽しみ下さい。

関連事業

瑛九《遊園地》1957 年

■学芸員によるギャラリートーク

日時 12月12日(土)、1月23日(土) 14:00 〜 14:30
場所 展示室 ※申込不要、要観覧券
参加者数 11名、33名

関連書籍

展覧会関連書籍「わの会の眼 コレクターたちの静かな情熱」 発売

※当図録の通信販売をご希望の方は、下記にご連絡ください。
「わの会事務局」(柏わたくし美術館)
〒277−0871 千葉県柏市若柴1−358
電話番号 04−7134−8293


【発行】  NPO法人あーと・わの会

【企画編集】
NPO法人あーと・わの会 書籍プロジェクト
野原宏 理事長
平園賢一 プロジェクト・リーダー
堀良慶 企画
鈴木正道 会計
中山ゆかり 編集
斉藤博美 編集デザイン

【発行日】
2012年6月15日(初版)
2015年12月5日(再版)

【価格】  2,000円(税込)

【体裁】  A5版、339ページ

 

↑UP 

◆お問い合わせ

平塚市美術館 〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3

電話番号:0463-35-2111 ファクス番号:0463-35-2741

>> お問い合わせフォームへ

このページの著作権は平塚市美術館に帰属します。

掲載されている文字・画像情報の無断転載を禁じます。