概要

香月泰男《朝陽》1965年、山口県立美術館

【企画展】
香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治
2016年9月17日(土)~11月20日(日)


開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日     月曜日(9/19、10/10は開館)、9/20、10/11
観覧料金  一般900(720) 円、高大生500(400) 円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
(年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

主催        平塚市美術館、日本経済新聞社
特別協力 東京国立近代美術館、山口県立美術館、原爆の図 丸木美術館
助成    芸術文化振興基金
協賛        神奈川中央交通株式会社

開催日数  56日
観覧者数 10,843名

担当       土方明司(館長代理)、勝山滋(当館学芸員)

詳細

丸木位里・俊《原爆の図 第一部 幽霊》1950 年、原爆の図丸木美術館
 平塚市美術館の開館25 周年を記念し、香月泰男と丸木位里・俊、川田喜久治の展覧会を開催いたします。
 香月泰男(1911 ~ 1974) は山口県生まれの洋画家です。国画会同人としての活躍をへて応召、終戦後シベリアに抑留された経験をもとにした< シベリアシリーズ> に独自の画風を築きました。
 丸木位里(1901 ~ 1995) に広島県に生まれ、青龍社展初入選後、美術文化協会に参加。1939 年に赤松俊子(1912 ~ 2000) と結婚し、妻とともに広島原爆投下の惨状を取材し、ライフワークとなった< 原爆の図> を制作しました。
 川田喜久治(1933 ~ ) は茨城県土浦市に生まれ、高校時代から写真を撮り始め、土門拳が選者であった『カメラ』に応募、入賞ののち新潮社でグラビアやポートレート撮影担当をへて、フリーランスとして写真エージェンシー「VIVO」を結成。心理的、象徴的な喚起力を重視した表現による「地図」連作を発表。写真を通して「戦争」や「人間」を探り出していく試みが高く評価され、世界的な写真家として活躍しています。
 洋画、日本画、写真という異なる手法によりながら、三様の戦争に対するまなざしがそれぞれに傑出した表現によって表されています。
 神奈川県内では香月泰男の本格的な展示は22 年ぶりであり、丸木位里・俊「原爆の図」は、2013 年開催の「戦争/美術1940-1950」( 神奈川県立近代美術館 葉山) に数点展示されたのみです。川田喜久治は東京都写真美術館(2004 年「世界劇場」)、東京国立近代美術館(2009 年「ラスト・コスモロジー」) をへて神奈川県内では初の本格的な紹介となります。
 偉大な芸術家の、それぞれの眼が捉え、生みだした作品は、私たちに深い感動と洞察の時をもたらせてくれることと確信しています。

関連事業

川田喜久治《原爆ドーム 太田川 広島》1960-65 年、東京国立近代美術館 (c)KIKUJI KAWADA
◆講演会
  講師:小栗康平氏(映画監督)
  日時:10 月10 日( 月・祝) 14:00-15:00
  参加者数:91名
  場所:ミュージアムホール ※申込不要

◆映画「FOUJITA」上映会
  日時:10 月15 日(土)
  1 回目:10:00-12:00 頃・2 回目:13:30-15:30 頃
  場所:ミュージアムホール
  参加者数:173名
  ※申込不要

◆講演会:写真家・川田喜久治氏に聞く
  聞き手:当館館長 草薙奈津子
  日時:10 月29 日(土) 14:00-15:30
  場所:ミュージアムホール
  参加者数:117名
  ※申込不要

◆学芸員によるギャラリートーク
   9 月24 日( 土)、10 月8 日( 土)、11 月5 日( 土) 14:00 ~ 15:00
  場所:展示室2
  参加者数:20名、40名、40名
  ※申込不要、要観覧券