神奈川県立近代美術館の所蔵する「面構」シリーズを中心に日本画家・片岡球子の魅力に迫ります。鮮烈な色彩と大胆な造形感覚により制作された作品をお楽しみください。

概要

片岡球子《面構 足利尊氏》1966年 神奈川県立近代美術館の画像 片岡球子《面構 足利尊氏》1966年 神奈川県立近代美術館

【企画展】片岡球子-面構(つらがまえ)
神奈川県立近代美術館コレクションを中心に
2017年9月30日(土) ~11月26日(日)


開館時間  9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日  月曜日(ただし、10/9(月・祝)は開館、翌火曜休館)
観覧料金  一般800(640) 円/高大生500(400) 円
  ※( )内は20 名以上の団体料金
  ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
  ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
  ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
  (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

◆主催 平塚市美術館

◆特別協力 荒井商事(株)、DNライティング(株)、日産車体(株)、平塚信用金庫、(株)アイメックス、愛宕精工(株)、(株)アマヤ、神田交通(株)、神田鉄工(株)、湘南造園(株)、神鋼産業(株)、高崎金属(株)、成瀬産業(株)、松上産業(株)、松上産商(株)、(株)山川機械製作所、横浜ゴム(株)、(株)ワイテック

◆協賛 神奈川中央交通株式会社

 開催日数 50日間


 担当       江口恒明(当館学芸員)

詳細

片岡球子《面構 葛飾北斎》1971年 神奈川県立近代美術館の画像 片岡球子《面構 葛飾北斎》1971年 神奈川県立近代美術館
 片岡球子(1905-2008)は札幌に生まれ、画家を志して女子美術専門学校(現:女子美術大学)に学び、再興日本美術院展覧会(院展)を中心に活動をつづけた日本画家です。1926年に同校卒業後、横浜市大岡尋常小学校の教諭をつとめながら画業を始め、1930年《枇杷》で院展に初入選しました。さらに、安田靫彦などに学び、1955年には女子美術大学の専任講師に就任します。
 その後、愛知県立芸術大学の教授となった1966年、《面構 足利尊氏》を発表しました。これを皮切りに「面構」と題した連作を生涯にわたって描き続け、その画業を代表するシリーズとなります。「面構」は、戦国武将や禅僧、浮世絵師など、作家が共感を寄せた歴史上の人物のひととなりを描いたものです。彼らが「現代に生きていたら、どんな行動をするか」という視点から着想して、その人物の肖像画や同時代の風俗を参照しながら、独自の解釈を加えて表現しています。
 このほかに、「富士山」や「裸婦」などをテーマとした作品があり、いずれも鮮烈な色彩と大胆な造形感覚を特徴とし、日本画壇に限らず広く現代の絵画に造形上の問いを投げかけてきました。本展では、神奈川県立近代美術館の所蔵する作品を中心に、「面構」から日本画家・片岡球子に迫ります。

関連事業

片岡球子《面構 雪舟》1997年 個人蔵の画像 片岡球子《面構 雪舟》1997年 個人蔵

 講演会「球子と箴言(まこと) ―芸術家のことば、そして先生のことば」

講師 山本直彰氏(日本画家・武蔵野美術大学特任教授)
11 月4 日(土) 14:00-15:30、場所:ミュージアムホール
※申込不要、無料、先着150 名
 

担当学芸員によるギャラリートーク

10 月28 日(土)、11 月25 日(土) 各回14:00-14:40、場所:展示室2
※申込不要、要観覧券

親子鑑賞サポートタイム

11 月8 日( 水) 集合10:00(1 時間程度を予定)、場所:ミュージアムホール
対象:未就学児とその保護者(保護者は要観覧券) ※申込不要