神奈川県内の名所・東海道の宿場を題材とした優品200 点を紹介することで、郷土の魅力を再確認します。現在も変わらず私たちにとって馴染み深い観光地の今昔をお楽しみください。

概要

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 ※本作は後期(5/16~6/11)に展示します
【企画展】斎藤文夫コレクション
浮世絵・神奈川名所めぐり
2017年4月15日(土) ~6月11日(日)


開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日      月曜日
観覧料金  一般400(320) 円、高大生200(160) 円、小中学生無料
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

主催         平塚市美術館
協力      公益社団法人 川崎・砂子の里資料館

開催日数  50日間 

担当         家田奈穂(当館学芸員)

詳細

歌川国芳《相州大山道田村渡の景》 ※本作は前期(4/15~5/14)に展示します
 太平の世を謳歌していた江戸時代後半、多くの人が旅に出るようになりました。その背景として、江戸・日本橋を起点とした各街道が徐々に整備されて道中の安全性が高まったこと、経済の発展により人々の生活に余裕が生まれたこと、また、十返舎一九作『東海道中膝栗毛』の大ヒットにより旅への関心が強まったことなどが挙げられます。旅に出ることが叶った人々は、伊勢神宮などへの参詣を名目に、東海道を上りながらの物見遊山を楽しみました。
 現在の神奈川県域は、江戸時代には武州(武蔵国)・相州(相模国)と呼ばれ、江戸の庶民が信仰した寺社や古くからの景勝地が点在していました。江の島や大山は信仰の場所として多くの参詣者を集め、金沢は風光明媚な場所として、箱根は湯治場として人気がありました。また、武州・相州には、京と江戸を結ぶ主要な幹線道路である東海道が通り、平塚をはじめとする宿場町が賑わいをみせていました。各地のそのような賑わいが、多くの浮世絵師によって描き出されています。
 本展は、川崎・砂子(いさご)の里資料館館長・斎藤文夫氏が長年にわたって精力的に収集した浮世絵の中から、神奈川県内の名所・東海道の宿場を題材とした優品200 点をご紹介することで、郷土の魅力を再確認しようとするものです。ここでご覧いただく名所の多くは、現在も変わらず私たちにとって馴染み深い観光地です。その今昔をお楽しみください。

関連事業

鳥居清長《江之嶋》 ※本作は後期(5/16~6/11)に展示します

講演会「浮世絵あれこれ」

日時 4 月15 日(土)10:30-11:30
講師 斎藤文夫氏(公益社団法人 川崎・砂子の里資料館館長、神奈川県観光協会会長)
場所 ミュージアムホール ※無料、先着150 名


浮世絵版画 摺りの実演会

日時  5 月14 日(日) 11:00-12:30、14:00-15:30
講師 公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
場所 ミュージアムホール ※無料、先着50 名

担当学芸員によるギャラリートーク

日時  4 月22 日(土)、5 月20 日(土) 各14:00-14:40
場所 展示室 2 ※申込不要、要観覧券

親子鑑賞サポートタイム

日時  5 月17 日(水)  集合10:00(1 時間程度を予定)
ミュージアムホールにお集まり下さい。
対象 未就学児とその保護者 ※申込不要、保護者は要観覧券