湘南ゆかりの彫刻家、神山明(かみやまあきら、1953~ 2012)と、近年画境の進展著しい日本画家、濱田樹里(はまだじゅり、1973 ~)を取り上げ、二人が表現した対照的な作品世界をひもときます。

概要

神山明《経験と世界の交わり》2000年の画像 神山明《経験と世界の交わり》2000年

【企画展】神山明・濱田樹里展
2017年9月30日(土) ~11月26日(日)


開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで) 
休館日      月曜日(ただし10/9は開館)、10/10(火)
観覧料金  一般400(320) 円、高大生200(160) 円
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

主催         平塚市美術館
助成     公益財団法人 朝日新聞文化財団、公益財団法人 野村財団

開催日数  50日間 

担当         勝山滋(当館学芸員)

詳細

濱田樹里《流・転・生》部分 2009年の画像 濱田樹里《流・転・生》部分 2009年
 没後5年となる湘南ゆかりの彫刻家、神山明(かみやまあきら、1953 ~ 2012)と、近年画境の進展著しい日本画家、濱田樹里(はまだじゅり、1973 ~)の大作を紹介します。
 神山明は長く横浜市に住んだ彫刻家で、東京芸術大学大学院を修了後、杉材にオイルステインを施し、三日月や星の形、さらに小屋や塔、階段などを組み合わせた風景彫刻ともいうべき作品を制作し、日本国際美術展、サンパウロビエンナーレほか国内外の展覧会に出品を重ねます。小屋の内部も精緻に作り込みを施した建築のようでありながら、その作品世界には全体に人間の気配が感じられ、どこか懐かしくわれわれの記憶を呼び起こします。東海大学で教鞭をとるなど後進の育成にも尽しますが、2012 年に59 歳で他界しました。本展は没後公立美術館として初となる回顧展として、その作品世界を一堂に紹介します。
 一方、濱田樹里はインドネシア生まれ。愛知県立芸術大学、及び大学院で日本画を学び、2000 年に上野の森美術館大賞展入選。2010 年名古屋市芸術奨励賞新人賞を受賞。翌年損保ジャパン美術財団選抜奨励展に出品。愛知県立美術館や一宮市三岸節子記念美術館で個展を開き、2012 年には第五回日経日本画大賞展で大賞を受賞し、同年愛知県芸術文化選奨の文化新人賞受賞。日本画の画材で草花を描きながら、その印象はダイナミックかつエキゾティックで動きに満ち、大地を覆う生命力が象徴されています。
 本展は、神山明の作品およそ12 点と、濱田樹里の幅16 メートルを超える作品4 点により、それぞれの記憶と生命、内省と動勢を感じさせる対照的な作品世界をひもとくものです。

関連事業

神山明《僕が空へ行く夜》1987年の画像 神山明《僕が空へ行く夜》1987年

アーティストトーク

講師:濱田樹里( 日本画家)
日時 10 月28 日( 土)14:00-15:00  
※場所:ミュージアムホール、申込み不要、先着100名

対談「神山明芸術を語る」

講師:浜田真理(画家・神山明 夫人) 聞き手:勝山滋(当館学芸員)
日時 11 月18 日( 土)14:00-15:00
※場所:ミュージアムホール、申込み不要、先着100名

当館学芸員によるギャラリートーク

日時 10 月7 日( 土)、11 月23 日( 木・祝) 14:00-14:40
※場所:展示室1、申込み不要、要観覧券

親子向けワークショップ

おやこで“日本画”たいけん!
濱田樹里さんといっしょに展覧会を鑑賞し、日本画の技法を体験しながら、
作品を制作します。
日時:10 月29 日(日) 10:00-16:00
場所:アトリエB
講師:濱田樹里(日本画家)
※詳細はこちらをご覧ください。

親子鑑賞サポートタイム

日時:10月18日(水) 集合10:00、ミュージアムホール、所要時間:約1時間を予定
 対象:未就学児とその保護者
※申込不要、保護者は要観覧券。