概要

田澤茂《365日》1970年 個人蔵
【企画展】アーティストin湘南2
田澤茂と石井礼子
2016 年7月2日(土) ~9月4日(日)


開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
※7/16(土)~8/28(日)は18:00まで開館(入場は17:30まで)
休館日      月曜日(ただし7/18は開館)、7/19
観覧料金  一般400(320) 円、高大生200(160) 円、小中学生無料
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

主催         平塚市美術館

開催日数  56日間
観覧者数  25,472名 

担当         江口恒明(当館学芸員)

詳細

石井礼子《私の周囲(いただきます)》2004年 個人蔵
  湘南のアーティストを顕彰する企画展。藤沢市辻堂で長く制作した油彩画家・田澤茂(1925-2014)の画業と、田澤が主催した絵画教室で学び、藤沢で制作を続ける石井礼子(1974-)の師弟の作品を紹介します。
  青森県に生まれた田澤茂は、1948年に上京して辻堂に住み、制作を続けました。1953年には猪熊弦一郎に師事して新制作協会展に初入選し、以後、新制作協会展や個展を中心に活動します。故郷の風土に根ざし、神々や妖怪を描いたユーモアと生命力あふれる作風で知られています。
  石井礼子は藤沢市に生まれ、9歳から田澤茂の絵画教室に通いはじめました。1993年に女子美術大学に入学。在学中から新制作協会展に入選し、2004年には同会の会員となり、出品を続けています。石井の作品は、和紙に割り箸と墨を用いて、身の回りの出来事を題材に私的な風景を描き出しています。
  いずれも、自身の生活や体験から出発して、身体でとらえた感覚を手放さず、柔軟な発想で制作する点が通底しているように思われます。ふたりの作風は大きく異なりますが、師弟の自由闊達な作品をお楽しみいただきます。

関連事業

田澤茂《太陽の街》1968年 当館蔵
■ 当館学芸員によるギャラリートーク
日時 2016年7月9日(土)、8月6日(土) 各回14:00-14:40
場所 展示室2  ※申込不要、要観覧券
参加者数 12名、25名


■ 「絵を見て発見!おしゃべり美術館」
日時 7月26日(火)以降の火曜日 11:00‐12:00 
対象 小学生(保護者参加可) ※申込不要、要観覧券
場所 展示室2
対話型鑑賞ボランティア(ひらビ・あーつま~れ)のメンバーと一緒におしゃべりをしながら作品を鑑賞しましょう。
1作品15分程度の鑑賞です。
参加者数 22名、21名、15名、15名、20名、2名