概要

岡村桂三郎《百眼の魚18-1》2018年 作家蔵 岡村桂三郎《百眼の魚18-1》2018年 作家蔵 撮影/末正真礼生

岡村桂三郎展-異境へ
2018年4月21日(土)~6月24日(日)

主催 平塚市美術館
助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団          
         公益財団法人ハーモニック伊藤財団
開館時間 9:30 ~ 17:00( 入場は16:30 まで)
休館日 月曜日(ただし4/30 は開館)
観覧料金 一般400(320) 円/高大生200(160) 円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳の交付を受けた方及び付添1名は無料
※65 歳以上で平塚市民は無料、市外在住者は団体割引
(年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

開催日数 57日間

 担当       土方明司(館長代理)、家田奈穂(当館学芸員)

詳細

2018年平塚市美術館_岡村桂三郎展会場風景 2018年平塚市美術館_岡村桂三郎展会場風景 撮影/末正真礼生
  岡村(1958 生)は、20 代で山種美術館賞優秀賞を受賞するなど早くから頭角を現し、注目されてきました。その独特な造形は、バーナーで焦がした巨大な杉板に方解末を塗り重ね、木炭でモチーフの形をとり、その中をスクレーパーでうろこ状に線刻するという特異な手法により生み出されています。こうした造形行為によって、従来の日本画にはない物質感や重厚な存在感を獲得した岡村は、2004 年芸術選奨文部科学大臣新人賞、2008 年第4回東山魁夷記念日経日本画大賞、2012 年第18 回MOA 岡田茂吉賞MOA 美術館賞を受賞するなど、現代の美術界をけん引する気鋭の作家として活躍しています。
 屏風状に連ねた巨大な杉板のパネルに描かれるのは、象や鳥、巨大な魚のほか、龍や迦楼羅などの想像上の生き物で、不思議なうごめきを感じさせるその形態は、圧倒的な生命感をもって観る者に迫ります。こうしたイメージを生み出す岡村は、人間の営みや風土に根差した体験、感覚を大切にすることで、自然と人間の接点に美術や宗教が存在するという考えに至り、自然界がもつ生命力や、その形態のゆたかさに着想を得て、制作に注力しています。
 本展は、2008 年に神奈川県立近代美術館で開催された個展以来、県内では10 年振りとなる大規模な個展で、充実した活動をみせる岡村桂三郎の、今回の個展のために制作された新作のほか、岡村の画業の変遷を確認できる旧作・近作を含む31 点を紹介します。自然と人間との交感を想起させる世界観をお楽しみください。

関連事業

2018年平塚市美術館_岡村桂三郎展会場風景 2018年平塚市美術館_岡村桂三郎展会場風景 撮影/末正真礼生

アーティストトーク

日時 4 月21 日(土)、4 月22 日(日)、5 月13 日(日)、6 月10 日(日) 各日14:00-15:00、場所:展示室2
講師 岡村桂三郎(多摩美術大学教授)
*申込不要、要観覧券

アーティストトーク 美術館で洞くつ探検

会場内の照明を消し、懐中電灯を持って作家と一緒に展示室を巡ります。
日時 5 月12 日(土) 16:00-16:30 、場所:展示室2
対象 小学生~一般(小学生は要保護者同伴)
講師 岡村桂三郎(多摩美術大学教授)
*事前申込制、大学生以上は要観覧券、詳細は教育プログラムのページをご覧ください。

作家によるワークショップ うちわに絵を描こう!!

日時 6 月9 日(土)13:00-16:00、場所:アトリエB
講師 岡村桂三郎(多摩美術大学教授)
対象 小学生~一般(小学3 年生以下は要保護者同伴)
*事前申込制、詳細は教育プログラムのページをご覧ください。