当館所蔵品の中から、「線」をテーマとした展覧会を開催します。線描や筆の痕跡など、「線」から広がるイメージをじっくりとご鑑賞ください。

概要

菅野陽《夜明け》1952年

【特集展】秋の所蔵品展 Lines(ラインズ) 線をめぐる表現 特集展示:2017新収蔵作品
2018 年9 月15 日(土) ~ 11 月25 日( 日)


◆開館時間 9:30 ~ 17:00( 入場は16:30 まで)

◆休館日 月曜日(ただし、9/17 、9/24、10/8は開館、9/18、10/9は休館)

◆観覧料金 一般200(140) 円/高大生100(70) 円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金(年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

◆主催 平塚市美術館

 担当 江口恒明(当館学芸員)
 

詳細

井上三綱《水辺の馬》1951年
 線描による絵画は、先史時代の人類に始まりを見出すことができます。当時の人々の記憶の中にある狩りのイメージを描いた洞窟壁画は、迫真的で見る人の感性を揺さぶるものです。
 洞窟壁画やデッサンのように、必ずしも写実的とはいえない絵であっても、的確に対象を捉えていると感じるのはどうしてでしょうか。本展では、当館所蔵作品の中から、線をめぐるさまざまな表現を展示し、画面の中で線がどのような役割を果たしているか探っていきます。
 はじめに、線描を中心に据えた作品を紹介します。人物の輪郭が絵の中の空間を分割したり、一見すると抽象的な線の集合が形を与えていたりします。次に、自然や人間がつくった線を描いた作品を見ます。植物の幹や根は系統図やらせん構造をなし、人が歩いてできた道は時間的な変化も想像させます。最後に、画家が筆の痕跡を強く残している作品を紹介します。筆触があらわす線は、たとえば風や人の存在を暗示することもあります。3 つの観点は相互に重なる部分もありますが、線をテーマに広がるイメージをじっくりとご鑑賞ください。
 また、2017 年に新たに収蔵された作品を展示するコーナーを設けてご紹介いたします。

関連事業

工藤甲人《樹木のうた》1956年

学芸員によるギャラリートーク

10 月13 日( 土)、11 月18 日(日) 各14:00 ~ 14:30 場所展示室1  ※申込不要、要観覧券