各種津波訓練

最終更新日 : 2018年2月27日

平成29年度平塚市津波避難訓練(図上訓練)

海岸地区(なでしこ地区・花水地区・港地区)で図上訓練を実施しました。
今年度は、実際に避難する訓練ではなく、「図上訓練」という形式で、「逃げ地図」を作成しました。

「図上訓練」とは、数人で机を囲み話し合いながら、大判用紙の図面で作業するような訓練です。

本訓練で作成した「逃げ地図」とは、津波の来ない場所まで何分でたどり着けるかを示す地図です。
本訓練で作成した逃げ地図のウェブページもありますので、詳細は下のリンクをクリックしてください。
逃げ地図のページへのリンク

 

日時

なでしこ地区 11月5日(日)10:30~12:00
花水地区   11月11日(土)10:00~12:00
港地区    11月26日(日)10:00~12:00
 

場所

なでしこ地区 平塚工科高校 体育館
花水地区   花水公民館 集会室ホール
港地区    須賀公民館 ホール

参加者・参加機関

なでしこ地区自治会連絡協議会
花水地区自治会連絡協議会
港地区自治会連絡協議会
津波避難ビル
海岸地区の公立小学校・中学校・高等学校
海岸地区の避難所配備職員
 

参加者数

なでしこ地区 87人
花水地区   44人
港地区    58人
 

図上訓練の内容

本訓練では、津波ハザードマップを活用すること・自分自身にとって最適な避難経路を考えること・事前に備えておくことの重要性を再認識することの3点をテーマとしました。
 

  1. 平成29年3月に津波ハザードマップが改訂されたことに伴い、改訂の概要を説明
  2. 作業内容の説明
  3. 作業1 避難目標ポイントの設定
  4. 作業2 避難目標ポイントまで3分以内でたどり着ける道路を色塗り
  5. 作業3 避難目標ポイントまで6分以内でたどり着ける道路を色塗り
  6. 作業4 避難目標ポイントまで9分以内でたどり着ける道路を色塗り
  7. 作業5 作業2~4の要領で、各自の津波ハザードマップに自宅等から避難目標ポイントまでの道路を色塗り
  8. 作業6 津波ハザードマップの記入欄に書き込み
  9. 作業7 避難目標ポイントから更なる避難をする際の経路を検討
  10. 感想、気づいた点、工夫した点等を発表し、全体で共有
  11. まとめとして、押さえておきたいポイントと、日頃から実施していただきたいことを説明
 

訓練の様子

なでしこ地区(全体の光景)の写真 花水地区(全体の様子)の写真
港地区(全体の様子)の写真 訓練の説明の写真
ハザードマップの説明の写真 作業の様子(全体)の写真
作業の様子(机)の写真 作業の様子(手元)の写真
ハザードマップに書き込んでいる写真 ハザードマップ記入欄の活用の写真
発表の写真 訓練後の逃げ地図(一例)の写真

平成28年度平塚市津波避難訓練


撫子原地区で津波避難訓練を実施しました。
 

日時   

11月5日(土)  午前10時00分から午前11時00分

場所   

撫子原地区から平塚工科高校まで

内容   

  1. 午前10時00分 地震が発生した想定で、身を守る行動をとる。
  2. 午前10時01分 自宅等から平塚工科高校に向けて避難開始。
  3. 午前10時06分 地震から6分後に津波が到達する想定で、この時間を目標に、浸水域の外に出ることができるかを検証。浸水域の外を通っていく避難経路で平塚工科高校に向かう。
  4. 午前10時40分 訓練の趣旨等について、講話を実施。 

参加機関  

  1. 撫子原自治会
  2. 花水台自治会
  3. グループホーム「へいあんなでしこ」
  4. 県立平塚工科高校

当日の様子


当日の様子の写真1  当日の様子の写真2

当日の様子の写真3  当日の様子の写真4

当日の様子の写真5  当日の様子の写真6

当日の様子の写真7  当日の様子の写真8

当日の様子の写真9  当日の様子の写真10

当日の様子の写真11  当日の様子の写真12

訓練当日は、花水台自治会も同じ時間と場所で避難訓練を実施していたため、平塚工科高校に集まった後、撫子原自治会と一緒に訓練についての講話を聞いていただきました。

御参加、御協力いただいた皆様、ありがとうございました。

平成27年度平塚市津波避難訓練

JR東海道線以南の海岸地区にお住まいの方を対象とした津波避難ビルまでの避難訓練を実施しました。
訓練参加者数は、6,723人でした。

日時   

11月18日(水)  午前10時40分から


場所   

JR東海道線以南の海岸地区(津波避難ビル63施設)


内容   

  1. 午前10時40分 防災行政用無線から「緊急地震速報」を放送、ご自宅などでシェイクアウト(机の下にもぐるなど住民自ら身の安全を守る行動)訓練を実施。
  2. 午前10時43分 防災行政用無線から「大津波警報」を放送、お近くの津波避難ビルまで避難開始。津波避難ビルまでの経路や避難時間を確認し、津波避難に関するチラシを受け取り訓練終了。


対象   

JR東海道線以南の海岸地区にお住いの方及び事業所


参加機関  

  1. 海岸地区自治会連絡協議会(なでしこ地区、花水地区、港地区)
  2. 津波避難ビル63施設
  3. 平塚警察署
  4. 平塚市消防団
  5. 平塚市(消防、避難所配備職員)

当日の様子

 校庭でシェイクアウト訓練(花水小学校)  園児と先生が駆け足で避難(平塚工科高校西門付近)

多数の園児及び先生が避難(平塚工科高校西門付近)   園児が避難車に乗って避難(米善ビル付近)

児童及び地域住民が上階へ避難(花水小学校)    屋上へ避難(花水小学校)

津波避難ビルの屋外階段を使用し、上階へ避難(撫子グリーンハイツ)  学校の屋上で点呼(浜岳中学校)

教室で点呼(花水小学校)   マンションの管理人によるマンション内の避難経路の説明(オーシャンステイツ湘南平塚オリビアシティ)

一部の施設では、施設管理者の御協力により、上階まで避難誘導をしていただきました。御協力ありがとうございました。
【上階まで避難誘導した施設(13)】
公立学校(6校)、平塚競輪場、撫子グリーンハイツ、ビオラハウス、日立ハウス平塚、
ライオンズシティ平塚、米善ビル(ダンロップスポーツクラブ平塚)、OSC湘南シティ
【施設の一部を開放した施設(4)】
オーシャンステイツ湘南平塚グランフィールド、オーシャンステイツ湘南平塚オリビアシティ、グランノエル湘南すみれ平プレミアムコースト、神奈中本社ビル
 

平成27年度津波避難訓練チラシ1

平成27年度津波避難訓練チラシ2                                                                                   


 
 

地震防災訓練アプリとは

地震防災訓練アプリは、事前に本アプリに訓練の日時を設定すると、設定した日時にエリアメール(緊急地震速報)のブザー音が鳴ります。これをきっかけに避難行動の訓練を実施することができます。


          
 
 

ご利用の流れ


アプリをインストール

 
  1. アプリをインストールします。Google play 又はApp Storeより「地震防災訓練」で検索するか、以下QRコードよりインストールしてください。

  
 

 Andoroidの方はこちら   Androidの方はこちら   AndoroidQRコード





iPhoneの方はこちら iPhoneの方はこちら   iPhoneQRコード


 



地震防災訓練で検索 




 

 訓練専用QRコードの読み取り

  1. 訓練専用のQRコードを読み取り、訓練の予定を登録します。QRコードで登録出来ない場合は、手動登録にて下記情報を登録してください。

   訓練名:平成27年度平塚市津波避難訓練
   日時:2015年11月18日(水)10:40
   ID:150024

 平成27年度津波避難訓練QRコード

 

訓練実施

  1. 訓練の日時になると専用ブザー音が鳴動します。音が聞こえたら、避難行動をとる訓練をします。


 

 注意事項

  • 本アプリの利用料は無料ですが、アプリのダウンロード・バージョンアップに伴う通信料や訓練実施情報を管理サーバへ送信することに伴う通信料は、お客様のご負担となります。
  • 本アプリを利用される際は、実際に地震が発生したと周囲の方に誤解を与えないようご注意ください。
  • マナーモード設定中は専用ブザー音は鳴りません。
  • 本アプリはAndroid OS 4.0~4.4を搭載するスマートフォン、及びiOS7.0~8.1を搭載するiPhone でのご利用を推奨しています。
     ※一部ご利用いただけない機種もございます。
  • iPhoneで本アプリを利用する場合、専用ブザー音の鳴動時に音量ボタンを押すと音が止まりますのでご注意ください。
     
     
    地震防災訓練アプリについて詳細はNTTドコモのホームページ(外部リンク)をご確認ください。

平成27年度平塚市津波対策訓練

 神奈川県と共催して湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzoenを会場に海浜利用者を対象とした津波対策訓練を実施しました。
 大地震発生から大津波警報の発表を想定した避難誘導訓練のほか、ライフセーバー、船舶、ヘリコプターなどによる救出救助訓練を実施しました。
 また、ヘリコプターによる物資輸送の受入れ、広域応援活動拠点となる総合公園や津波浸水想定区域の偵察を行いました。
訓練参加者数は、約500人でした。


実施日  平成27年7月24日(金) 
会場、時間、内容 
 

 

第1部【避難誘導訓練及び救出救助訓練】

会場:湘南ベルマーレひらつかビーチパークby shonanzoen(平塚市高浜台33-1)
参加機関:海上自衛隊、第三管区海上保安本部、神奈川県警察本部、横浜市消防局、平塚市消防本部、(特非)神奈川県水難救済会、(株)トライアングル、
湘南ひらつかライフセービングクラブ、(一社)神奈川県警備業協会

  • 午前10時~午前10時30分

     ビーチパーク利用者及び遊泳者が国道134号線まで避難する避難誘導訓練

  • 午前10時30分~午前11時30分

   関係機関が連携した救出救助訓練
 
 

第2部【ヘリコプターによる物資輸送訓練】

会場:大神スポーツ広場(平塚市大神3,450)
参加機関:陸上自衛隊、平塚市消防本部

  • 午後1時~午後1時10分

     陸上自衛隊のヘリコプターによる物資輸送及び受入れ訓練

 
第3部【先遣隊活動拠点等偵察訓練】

会場:平塚市総合公園(平塚市大原1-1)、海岸地区の津波浸水想定区域
参加機関:陸上自衛隊、神奈川県警察本部、平塚市消防本部、県内消防応援部隊
 

  • 午後1時30分~午後2時30分

     広域応援活動拠点(平塚市総合公園)の偵察

  • 午後2時45分~午後3時30分

     海岸地区の津波浸水想定区域の偵察 
 

今回の特徴

  • 民間船舶を含めた多数の機関が連携した実践的な訓練
  • 実災害時を想定した警察、消防、自衛隊等による活動拠点等の偵察訓練
  • 市指定のヘリポートへの離着陸訓練
     

当日の様子

 大津波警報の発表に伴うオレンジフラッグの掲出    ライフセーバーによる避難誘導訓練

ライフセーバーによる救出救助訓練1     ライフセーバーによる救出救助訓練2

平塚市消防署水難救助隊による救出救助訓練                     海上保安庁による救出救助訓練


神奈川県警による救出救助訓練            平塚市長(落合克宏)による講評


ヘリコプターによる物資運搬訓練           先遣隊活動拠点等偵察訓練

平成26年度平塚市津波避難訓練

JR東海道線以南の海岸地区にお住まいの方を対象とした津波避難ビルまでの避難訓練を実施しました。
訓練参加者数は約3,100人でした。

  1. 日時   3月14日(土) 雨天決行 (荒天等での中止決定は午前8時)  午前10時00分から
  2. 場所   JR東海道線以南の海岸地区(津波避難ビル63施設)
  3. 内容   午前10時00分 防災行政用無線から「緊急地震速報」を放送、ご自宅などでシェイクアウト(机の下にもぐるなど住民自ら身の安全を守る行動)訓練を実施。
            午前10時03分 防災行政用無線から「大津波警報」を放送、お近くの津波避難ビルまで避難開始。
                                               津波避難ビルまでの経路や避難時間を確認し、アンケートを記入し終了。
  4. 対象   JR東海道線以南の海岸地区にお住いの方及び事業所
  5. 参加機関  
  • 海岸地区自治会連絡協議会(なでしこ地区、花水地区、港地区)
  • 県立高浜高校、平塚工科高校
  • 市立太洋中学校、浜岳中学校、港小学校、花水小学校、なでしこ小学校
  • 民間津波避難ビル54施設
  • 平塚警察署
  • 平塚市消防団
  • 平塚市(消防、競輪場、避難所配備職員)

 

避難の様子1           避難の様子2 

避難の様子3  避難の様子4

受け入れの様子1      受け入れの様子2

受け入れの様子3     受け入れの様子4

一部の施設では施設管理者の御協力により、上階まで避難誘導していただきました。御協力ありがとうございました。
【上階まで避難誘導した施設】
公立学校、競輪場、平塚富士白苑、OSC湘南シティ、ダンロップスポーツ平塚、野崎ビル、ビオラハウス、グラン・クロワージュ平塚八重咲、パークサイド平塚、撫子原グリーンハイツ
【施設一部を開放した施設】ライオンズシティ平塚、オーシャンステイツ湘南平塚グランフィールド、オーシャンステイツ湘南平塚オリビアシティ


 津波避難訓練チラシ(左側)                                                                                     

津波避難訓練チラシ(右側)
 
 

地震防災訓練アプリとは

地震防災訓練アプリは、事前に本アプリに訓練の日時を設定すると、設定した日時にエリアメール(緊急地震速報)のブザー音が鳴ります。これをきっかけに避難行動の訓練を実施することができます。


          
 
 

ご利用の流れ


アプリをインストール


  1. アプリをインストールします。Google play 又はApp Storeより「地震防災訓練」で検索するか、以下QRコードよりインストールしてください。

  
 

 Andoroidの方はこちら   Androidの方はこちら   AndoroidQRコード





iPhoneの方はこちら iPhoneの方はこちら   iPhoneQRコード


 



地震防災訓練で検索 




 

 訓練専用QRコードの読み取り

  1. 訓練専用のQRコードを読み取り、訓練の予定を登録します。QRコードで登録出来ない場合は、手動登録にて下記情報を登録してください。

   訓練専用QRコード

 

 

訓練実施

  1. 訓練の日時になると専用ブザー音が鳴動します。音が聞こえたら、避難行動をとる訓練をします。


 

 注意事項

  • 本アプリの利用料は無料ですが、アプリのダウンロード・バージョンアップに伴う通信料や訓練実施情報を管理サーバへ送信することに伴う通信料は、お客様のご負担となります。本アプリを利用される際は、実際に地震が発生したと周囲の方に誤解を与えないようご注意ください。
  • マナーモード設定中は専用ブザー音は鳴りません。
  • 本アプリはAndroid OS 4.0~4.4を搭載するスマートフォン、及びiOS7.0~8.1を搭載するiPhone でのご利用を推奨しています。
     ※一部ご利用いただけない機種もございます。
  • iPhoneで本アプリを利用する場合、専用ブザー音の鳴動時に音量ボタンを押すと音が止まりますのでご注意ください。
     
     
    地震防災訓練アプリについて詳細はNTTドコモのホームページ(外部リンク)をご確認ください。

平成26年度平塚市津波対策訓練

7月11日(金)に予定していました津波対策訓練は、台風8号による本市への影響が予想されるため中止いたします。

この訓練は、相模湾沿岸の8市5町(横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、葉山町、大磯町、二宮町、真鶴町、湯河原町)が神奈川県と連携して実施します。
平塚市の訓練は2部構成で実施します。湘南ベルマーレひらつかビーチパークby shonan zoenでは海浜利用者を対象に津波避難喚起のサインとしてオレンジフラッグを掲出し視認性について確認するほか、ライフセーバー、船舶、ヘリコプター等による水難救助訓練を実施します。
また、平塚市総合公園「平塚のはらっぱ」では災害時の物資輸送のためのヘリコプターの離着陸訓練を行います。
 

  1. 主催   横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、葉山町、大磯町、二宮町、真鶴町、湯河原町
  2. 実施日  平成26年7月11日(金)
  3. 場所、時間、内容

    第1部 湘南ベルマーレひらつかビーチパークby shonan zoen(平塚市高浜台33-1)
    10:00~ 海浜利用者を対象とした避難訓練
    10:20~ ライフセーバーによる救出救助訓練
    10:25~ 神奈川県警機動隊レスキューロケットによる救出救助訓練
    10:30~ 平塚市消防署水陸両用車による救出救助訓練
    10:30~ 平塚市消防署水上バイクによる救出救助訓練
    10:35~ 横浜水上警察の船舶による救出救助訓練
    10:45~ 神奈川県警ヘリコプターによる救出救助訓練
    10:50~ 横浜市消防局ヘリコプターによる救出救助訓練
    11:00  訓練終了
     

    第2部 平塚市災害対策本部室及び平塚市総合公園「平塚のはらっぱ」 
    12:30 ~ 平塚市災害対策本部室にて情報収集訓練           
    13:00 ~ 平塚市総合公園にて拠点基地の確認
    13:25 ~ 神奈川県警ヘリコプターの着陸訓練
    13:40 ~ 自衛隊ヘリコプターの着陸訓練
    14:00  訓練終了

  4. 注意事項
    • 訓練ではヘリコプターが着陸又は接近し、吹き降ろしの風や騒音、砂塵等が発生しますのでご注意ください。
    • 災害発生時や気象の状況により中止する場合があります。

平成25年度平塚市津波対策訓練

 この訓練は、相模川以西の沿岸2市4町(平塚市、小田原市、大磯町、二宮町、真鶴町、湯河原町)が神奈川県と連携して実施しました。なお、平塚市で実施する訓練としては、海浜利用者を対象とした水難救助訓練のほか、花水地区及びなでしこ地区の住民を対象として、津波避難ビルまで避難する訓練を初めて実施しました。
  1. 主催  神奈川県、平塚市、小田原市、大磯町、二宮町、真鶴町、湯河原町
  2. 実施日  平成25年7月13日(土) (雨天決行)
  3. 時間、場所、内容

    第1部 湘南ひらつかビーチパークでの訓練


    湘南ひらつかビーチパーク(平塚市高浜台33-1)

       訓練参加者数 約1,300人(海浜利用者等) 

    9:45~ 海浜利用者を対象とした津波避難訓練
    10:00~ ライフセーバーによる救出訓練
           平塚市消防署水難救助隊による救出訓練
           横浜市消防局航空隊による救出訓練
    10:20~ 神奈川県知事、平塚市長から講評      
    10:30 訓練終了

    ライフセーバーによるボードウォークへの避難誘導の写真 ライフセーバーによる救出訓練の写真

    平塚市消防署水難救助隊の写真 横浜市消防局航空隊による救出の写真

    第2部 津波避難ビルへの避難訓練



    訓練参加者数約1,500人(花水地区及びなでしこ地区の住民、企業、公共施設等)

    住民による避難ビルへの避難訓練1の写真 住民による避難ビルへの避難訓練2の写真
    • 防災行政用無線から次のとおり放送しました。

      10:50 「訓練告知放送」
      11:00 「緊急地震速報」 各ご家庭で自分の身を守る行動を1分間続けてください
      11:03 「大津波警報」 お近くの津波避難ビルに向かって避難を開始してください

      H25津波対策訓練ちらしの画像
       平成25年度津波対策訓練ちらし(PDF形式 84KB)


    第3部 午後1時~2時(平塚市総合公園内)

    • 先遣隊活動拠点偵察及び情報収集訓練
    • 活動拠点の偵察及び情報収集訓練
      ※第3部の訓練は警察、消防及び自衛隊で行いました。

  4. 参加機関
    1. 花水地区自治会連絡協議会
    2. なでしこ地区自治会連絡協議会
    3. 湘南ひらつかビーチセンター及び湘南ひらつかライフセービングクラブ
    4. 湘南ひらつかビーチパーク来場者及び遊泳者
    5. 平塚警察署
    6. 横浜市消防局
    7. 三浦地区消防機関
    8. 女性防災クラブ平塚パワーズ
    9. (社)神奈川県警備業協会
    10. 陸上自衛隊第4施設群
     
  • アンケート結果
    津波避難ビルアンケート結果PDF(601KB)
  • 平成24年度平塚市津波対応訓練

    1. 日時 平成24年7月21日(土)午前10時30分から11時30分まで
    2. 場所 湘南ひらつかビーチパーク
    3. 参加機関
      1. 湘南ひらつかビーチセンター・湘南ひらつかライフセービングクラブ
      2. 湘南ひらつかビーチパーク来場者及び海浜利用者
      3. 平塚警察署
      4. 横浜市消防局
      5. 平塚市消防本部
    4. 訓練参加者数 300人
    5. 訓練想定
      平成24年7月21日(土)午前10時30分、相模湾を震源としたマグニチュード7.9の大規模な地震が発生、本市は震度6強を記録した。気象庁は直ちに相模湾・三浦半島津波予報区に「大津波警報」を発表した。
    6. 訓練内容
      1. 緊急地震速報に伴う初期対応訓練
        • 情報収集・伝達訓練
        • 海面監視訓練
      2. 大津波警報発表に伴う対応訓練
        • 避難広報訓練(オレンジフラッグを使用した津波避難喚起等)
        • 避難誘導訓練
      3. 水難救助訓練
        • 関係機関と連携した水難救助訓練(消防防災ヘリコプターによる海上救助) 

    津波対応訓練写真

    ボードウォークへの避難(消防・警察による誘導)の写真 ボードウォークへの避難(約5分で避難完了)の写真

    オレンジフラッグの視認状況(砂浜から)写真 救助訓練(ライフセーバーによる救助訓練)の写真

    ライフセーバーと消防部隊との連携の写真 水上バイクによる救出の写真

    消防防災ヘリコプターによる救出の写真  防災行政用無線(ビーチセンター東側)の写真

    Get Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

    Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

    このページについてのお問い合わせ先

    災害対策課

    〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
    直通電話:0463-21-9734
    ファクス番号:0463-21-1525

    お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

    このページについてのアンケート

    このページの情報は役に立ちましたか?
    このページの情報は見つけやすかったですか?