文化財特別公開

「北金目神社ー平成大修理ー」

市内北金目にある北金目神社(市指定重要文化財:平成6年指定)が、昭和37年以来の56年ぶりの大修理を行っています。北金目神社は、古くは熊野社といい、江戸時代には北金目村の鎮守で、天正19年には、徳川家康から朱印地2石を与えられています。本殿は、神社覆殿(おおいでん)の内部に祀られ、平塚市内では唯一、神奈川県内でも数少ない春日造(かすがづくり)の本殿です。建立年代は、江戸時代前期(17世紀中頃~後半)と推定され、平塚市内の神社建築では最も古いものです。
今回の特別公開は、この大修理の様子を、修理を担当する有限会社内田工務店(伊勢原市岡崎)の棟梁から解説していただきます。
【日時】平成30年12月1日(土)午前10時、11時、午後1時、2時の4回
 
【場所】北金目神社(平塚市北金目3-17-11)

【集合】 北金目神社境内
     ※各開始時間までに、直接現地にお越しください
     
【申込み】 事前申込み不要

【定員】 各回20名程度、参加人数により調整します
     ※各回の30分前より受付します

【主催】 宗教法人北金目神社、北金目神社総代会、平塚市教育委員会

【協力】 有限会社 内田工務店

 
 

注意事項

※ 神社及び周辺に駐車場はありません。 ご礼拝には、公共交通機等をご利用ください
※ 修理作業中の覆殿内部に入ります。車いすでのご参加はできません
※ 最寄バス停「北金目入口」より、徒歩で約15分程度かかります
 

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

社会教育課(文化財保護担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
代表電話:0463-23-1111
直通電話:0463-35-8124
ファクス番号:0463-34-5522

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?