健康福祉ふれあい広場 令和2年6月分の放送内容

最終更新日 : 2020年7月1日

掲載した内容は、放送を要約したものです。

6月2日 こころの健康について

ナパサ)4月から続いた自粛生活の中、リスナーの皆さんも落ち着かない日々を過ごされたことと思います。こうした中で、身体の疲れだけでなく、心の疲れや不調を感じることはありませんか。
今日は、平塚市福祉総務課の方から「こころの健康」をテーマにお話を伺います。
 
担当者)平塚市では、平成20年7月に「平塚市民のこころと命を守る条例」という自殺対策を推進するための条例が施行されたことを受け、自殺予防に向けた普及啓発活動をはじめ、様々な自殺対策の取り組みを進めています。その中に「こころの健康」について関心を持ってもらうための取組を行っています。
 
ナパサ)「こころの健康」というのは、なんとなくイメージはできるものの、今まで特に気に留めてみるということはありませんでした。
 
担当者)そうですね。心の疲れや不調は、明確に原因が特定できないものも多く、また心の不調であるということを自覚できないなど、はっきりとしたことが分かりにくいということがあります。ただ、そのままにしてしまうと悪化させてしまうことがあります。
 
ナパサ)では、心の疲れや不調はどのような時に出てくるのでしょうか。
 
担当者)はい。ストレスが大きく関係していると言われています。私たちは外部から絶えず様々な刺激を受けており、ストレスとは、その刺激に対する個人の反応をさします。ストレスは、マイナスのイメージで使われることが多いですが、適度なストレスは、充実した生活を送るために不可欠なものでもあります。それでも、過剰にストレスを感じる状態が長く続くと、心身のバランスが崩れ、こころや身体に様々な異変が生じることになります。
 
ナパサ)こころや身体の異変には、どのようなものがあるのでしょうか。
 
担当者)こころに現れる変調には、イライラすることが多くなった、疲労感がとれない、集中力が続かないなどがあります。身体に現れる変調としては、頭痛、めまい、食欲の低下、下痢・便秘、不眠などが現れます。また、行動面では、お酒をたくさん飲んでしまう、遅刻やミスが増える、笑わなくなる、人と会うのがおっくうになる、などがあります。
 
ナパサ)頭痛や腹痛といった症状は、風邪などひいたりしたときにも表れると思いますが、過剰なストレスが原因の不調との違いは、どこで判断すればいいのでしょうか。
 
担当者)そうですね。例えば、「昨日は食べ過ぎてしまったので、今朝は胃がもたれている」とか、「夜更かしをしてしまい、翌日頭が重い」、「久々に運動したので、疲れが残っている」などはっきりした原因が分かる不調というのではなく、原因が特定できない心身の不調が続く場合は、こころの健康を崩しているサインかもしれません。
 
ナパサ)もし、そのような状態に気づいたらどのようにすればいいのでしょうか。
 
担当者)まずは、早めに不調に気づくことが大切です。気づいたら、自分で何とかしようとせず、早めに専門機関を受診することが大切です。早期の対応、適切な治療を受けることによって、早い回復につながります。また、どんなことがストレスになるかということも、それぞれ違います。自分なりのストレス対処方法を見つけて、上手く付き合っていくことができると良いと思います。
ところで、ストレスがたまったな、と感じた時に何か解消方法をお持ちですか。
 
ナパサ)そうですね…
 
担当者)自分の好きなことや気分転換できるようなもの、なんでもいいので、ストレスをため込まないようにすることが、こころの健康を保つことにつながると思います。
 
ナパサ)ストレスと上手につきあう自分なりの方法を見つけることが大事なんですね。
 
担当者)はい。ご自身にあったストレス解消法をいくつか見つけて下さい。
平塚市では、幅広い年齢層の方々に、こころの健康に関心を持ってもらうため、「こころの体温計」というスマートフォンやパソコンを利用して、こころの健康(メンタルヘルス)をチェックできるアプリを提供しています。
 
ナパサ)金魚や猫などのキャラクターが出てくるメンタルヘルスチェックですよね。
 
担当者)はい。金魚や猫などのキャラクターでストレス度や落ち込み度が分かる「本人モード」の他、周囲の人が身近にいる人の心の健康をチェックできる「家族モード」もあります。この「家族モード」には、例えば、「目覚ましより早く起きている。」、「テレビを見てもつまらなそうだ。笑わない。」、「今まで好きだったことへの関心が薄れたようだ。」、「そんなに動いていないのに疲れたと言っている。」などの19のチェック項目があります。結果は、4段階のレベルで表示されるようになっています。あわせて、相談できる機関の電話番号を掲載していますので、気になることや心配なことがあれば、ご相談いただければと思います。
 
ナパサ)ご家族や身近にいる方の健康をチェックできるモードがあるんですね。利用するのに名前や年齢などの入力は必要でしょうか。
 
担当者)本人モードや他のサービスと同じように、氏名や住所、性別、年齢などの個人情報は一切不要です。利用料金も無料です。
 
ナパサ)知り合いの方にも紹介してみようと思います。
 
担当者)はい。こころの健康を保つために「こころの体温計」を活用していただければと思います。

ナパサ)最後に何か、リスナーの皆さんにお伝えしたいことはありますか。
 
担当者)今日は、「こころの健康」をテーマに、ストレスのことを中心にお伝えさせていただきました。まずは、ご自身なりのストレス対処法を見
つけて、元気に過ごしていただきたいと思います。
そして、もう一つ、悩み事や困っていることがあったら、周りの方や相談窓口、専門機関に相談をしていただきたいと思います。身近な人には相談しにくいことでも、「こころの体温計」の結果画面に専門の相談窓口、機関の電話番号を掲載していますので、一人で抱え込まず、まずは相談していただきたいと思います。
また、平塚市では、「気づいてくださいこころのサイン」という相談 窓口案内のリーフレットを作成しています。こころや体・病気の悩み、生活の悩み、子どもや教育の悩みなど17の分野に分けて、相談先を紹介しています。また、市役所の相談窓口だけではなく、国や県、民間団体の相談機関、市内の心療内科等の病院の情報も掲載しています。このリーフレットは公共施設などで配架しています。また、平塚駅前の地下道には拡大したものを掲示していますので、駅方面に行かれる際は、ぜひご覧ください。悩んでいることや困っていることがある時は、ひとりで抱え込まず、周りの方や相談窓口、機関へ相談していただくことが、問題を解決する第一歩になります。
 
ナパサ)悩んでいる時に、誰かに話をきいてもらうと、それだけで気持ちが落ち着くことってありますよね。
 
担当者)はい。そこから、解決の糸口が見つかるかもしれません。
 
ナパサ)ストレスは、ため込まずにうまく付き合っていくこと、困っていることや悩んでいることがあったら、一人で抱え込まずに、まずは相談することが大事だということですね。
本日は、福祉総務課の方をお招きして、「こころの健康」についてお話いたしました。
 
担当者)ありがとうございました。

6月9日 令和2年度国民健康保険税納税通知書について(告知)

 令和2年度国民健康保険税納税通知書について、お知らせします。
 
 令和2年度の国民健康保険税納税通知書は、6月中旬に世帯主宛てにお送りする予定です。
 
 平塚市での国民健康保険税の収納率は、90%以上になります。10人のうち9人は、国民健康保険税をお支払いいただいています。
 
 国民健康保険税の納付方法は、原則として口座振替ですが、年金天引き及び納付書による納付方法があります。納付書をご利用の場合は、平塚市指定の金融機関等、またはコンビニエンスストアに納付書をお持ちのうえ納付をお願いします。
 なお、年金天引きによる方法はいくつかの要件を満たされた場合のみとなります。

 国民健康保険税の納付方法を口座振替に変更したい場合は、引き落としを希望される平塚市指定の金融機関等に直接申し込みください。
なお、口座振替の申し込み後、手続きが完了するまでに1、2か月かかります。手続きが完了次第、ハガキまたは納税通知書にてお知らせいたします。
 それまでは、お手元の納付書で納付をしてください。
 
 職場の健康保険に加入したのに納税通知書が届いてしまった場合は、国民健康保険の脱退手続きが必要です。
 
次のものを持参のうえ、市役所本館1階の115番窓口までお越しください。
  • 保険が切り替わった方全員分の国民健康保険証
  • 保険が切り替わった方全員分の新しい健康保険証
  • 世帯主と脱退される方のマイナンバーがわかるもの(マイナンバーの通知カード等)
  • 世帯主の認印
また、脱退手続きに限り、郵送でも承っております。次のものを同封のうえ、ご郵送ください。
  • 保険が切り替わった方全員分の国民健康保険証
  • 保険が切り替わった方全員分の新しい健康保険証のコピー
  • 申請者の連絡先電話番号、どなたが脱退するのかを書いたメモ。保険証を紛失した場合は、「国保証」は紛失と書いてください
  • お持ちの方のみ特定疾病証、限度額適用認定証
 なお、切手、封筒はご自身で準備していただき、「平塚市保険年金課資格給付担当」へお送りください。
 
 最後に、新型コロナウイルスの影響などで納付が困難な場合や国民健康保険税納税通知書に関するお問い合わせは、平塚市役所保険年金課保険税担当 直通番号 0463-21-8775 までお願いいたします。
 
本日はありがとうございました。
 

6月9日 介護保険料納入通知書の発送について(告知)

 これから、65歳以上の方に納めていただく介護保険料についてお話しします。今年度の介護保険料納入通知書は、6月中旬頃までに届くようお送りしますので、納付をよろしくお願いします。
 
 まず、介護保険料の納め方を説明します。
 原則として、公的年金の年間受給額が18万以上の方は年金からの天引き、年間受給額が18万円未満の方は、口座振替か納付書での納付となります。ただし、年度の途中で転入された方や65歳になられた方は、すぐには年金天引きとなりませんので、年金天引きが開始されるまでの間は口座振替か納付書により納めていただくことになります。納付書の場合は、お近くの金融機関やコンビニエンスストアなどでお納めいただけます。
 65歳以上の方の介護保険料は、それぞれの市町村で介護サービスの提供にかかる費用などから、3年ごとに介護保険料の基準額を算定しています。そのため、基準額は各市町村によって異なります。平塚市では、平成30年度から令和2年度の介護保険料基準額を年額63,324円としています。それぞれの方の介護保険料については、本人の前年の所得や世帯の課税状況などに応じて、第1段階から第14段階に分けられています。今月中旬にお送りします納入通知書に「年間保険料額」や「保険料段階」などが記載してありますので、ご覧ください。
 なお、平成27年度から、公費により所得が少ない方への保険料の負担軽減を行っていますが、令和元年10月の消費税率10%への引上げに合わせて、所得の少ない方、具体的には介護保険料段階が第1段階から第3段階の方への、保険料の更なる負担軽減を行いました。詳細の金額については、お送りする納入通知書に記載してありますので、ご覧ください。
 
 次に、給付制限について説明します。
 介護保険料をすべて納めていただいている方は、介護のサービスの利用料金が1~3割の自己負担となりますが、介護保険料に未納があると介護サービスを利用する際に制限がかかる場合があります。具体的には、納期限から1年以上介護保険料を滞納すると、本来は1~3割の自己負担で受けられる介護サービスの利用料が、いったん全額自己負担となり、後日市の窓口に申請することによって7~9割分をお返しする償還払いの方法となります。また、納期限から2年以上滞納すると、その滞納期間に応じてもともと自己負担割合が1~2割の方は3割、もともとの自己負担割合が3割の方は、4割に引き上げられます。
 
 最後に、介護保険は介護に関する不安をなくすため、みんなで支え合い助け合っていくための制度です。
 いざ介護が必要となったときでも安心して生活が送れるよう、保険料の納付をお願いします。所得が少ない方の介護保険料については、既に制度の中において負担軽減を実施しているところですが、新型コロナウイルスによる世帯収入状況の急速な低下等や災害、その他の特別な事情で介護保険料の負担が困難な方のために減免制度を設けています。

 なお、申請に必要な書類などがありますので、平塚市役所介護保険課介護保険料担当まで一度ご相談ください。65歳からの介護保険料に関する問い合わせ先は「0463-71-5238」平塚市役所介護保険課介護保険料担当になります。

6月16日 食育について

ナパサ)今日のテーマは「平塚市の食育について」ですが、6月は食育月間ということですね。

担当者)はい。国は食育を推進するために6月を食育月間と定めており、例年、食育に関するいろいろなイベントなどが開催されるのですが、今年は残念ながら、新型コロナウィルス感染症予防のため中止されることが多いようです。
ですが、家にいる機会が多くなるこのような時こそ、一人ひとりが食育について考え、実践するきっかけとしていただきたいですね。
平塚市では、「第2次食育推進計画」を策定し、次世代を担う子どもから高齢者まですべての世代の方が食育を実践できるよう、普及や取組みを推進しています。

ナパサ)食育が大切だと分かっていても、具体的に何をどうすればいいのか分かりにくいような気がします。

担当者)たとえば、身近なところでは、旬の野菜などの食材を使って食事を作ったり、食べ物を廃棄することのないよう計画して購入したり、など何気ないことが十分食育の実践と言えると思います。一人一人がそれを意識し、根付いていくとよいですね。

ナパサ)身近なことで実践できそうなことは何かありますか。

担当者)実践してほしいのが、「朝食を毎日食べる」ことです。令和元年に実施した平塚市の食育に関する調査では、20~30歳代男性では4人に1人が朝食を欠食しているという結果で、5年前の調査よりも悪化しています。
平成30年度の国民健康・栄養調査の結果でも同様に20~30歳代男性では3人に1人が朝食を欠食しているという結果となっていますが、どの年代の方にも朝食を食べることを習慣化していただくことが、健康の維持増進につながります。

ナパサ)朝食を食べないといけないと分かっていても、朝は忙しくて食べる時間がなかったり、とりあえずパンだけ食べたり、という方も多いかもしれませんね。

担当者)そうですね。朝食を食べるよりも寝ていたい、食べなくても午前中の仕事や活動などに支障を感じないなど、しっかり食べようという気にはならないかもしれませんが、学校での勉強や仕事の能率を上げるためにも、毎日朝食を食べる、という習慣を持つことが大切です。
また、在宅で仕事をする時間が増えたり、外出などの活動量が減っている方も、毎朝同じ時間に食べることによって、体内リズムがリセットされ、体調を整えやすくなります。

ナパサ)日々の体調にダイレクトにつながるんですね。どんなものを食べるとよいですか。

担当者)まずは、午前中の活動に必要なエネルギー源となる主食です。ご飯やパン、麺類でもよいです。
次に、野菜や海藻、きのこなどの副菜をしっかりととって、ビタミンや食物繊維が不足しないよう、意識しましょう。排便のリズムを整えたり、水分も同時に取れますので熱中症予防にもなります。
そして、筋肉や血液を作るのに必要なたんぱく質となる主菜も必要です。
主食・副菜・主菜に含まれているエネルギー、たんぱく質、魚などに含まれるn-3系脂肪酸、食物繊維、ビタミン、鉄などのミネラル、様々な栄養素が総合的に関与することで、大人もこどもも体の抵抗力をつけ、健康を維持することにつながります。何かに偏ることなく栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

ナパサ)朝にいろいろなものを準備してというのが、ハードルが高い場合はどうしたらよいでしょう。

担当者)そうですね、主食であれば冷凍のおにぎりやさっと食べられるシリアルや玄米バーなどもよいですね。
副菜はプチトマトを前日に洗って冷蔵庫に入れておく、お味噌と乾燥わかめをお椀に入れてお湯を注ぐだけでもOKです。
主菜は、前日に卵をゆでておいたり、買ってきたサラダチキン、納豆やツナやサバの缶詰などでしたら朝の調理の手間を省けますね。

ナパサ)野菜ジュースやエネルギー補給のゼリーなどでもよいですか。

担当者)野菜ジュースは果物の果汁などが配合されていない野菜100%のものを選ぶとよいですね。野菜をそのままとった場合の半分くらいビタミンやミネラルをとれているとイメージされるとよいと思います。
エネルギー補給ゼリーはとても吸収がよいので、朝食をとる時間がなく、すぐに出かけなくてはいけない、スポーツの合間のエネルギー補給に、といった場合にはよいかもしれません。しかし、血糖を急激に上げてしまうため、血糖が気になる方、糖尿病の治療を受けている方などにはおすすめできません。

ナパサ)ジュースやゼリー飲料は上手に利用して、やはり、「野菜」を食べることが基本なんですね。

担当者)そうですね。野菜を噛んで食べた場合のメリットがいずれの飲料でも得られません。野菜などを咀嚼することにより、唾液の分泌をよくするため食べ物の消化を助けたり、口の中をきれいにします。満腹中枢を刺激し、食べすぎを予防する効果もあります。ほんの少しでも「噛む」食事を心がけるとよいですね。

ナパサ)食育というと子どものためのものというイメージですが、大人も食育が必要ですね。

担当者)お子さんのいるご家庭では、休みの日はお子さんと一緒に朝食を作るなど、ちょっとした取組みを始められてはいかがでしょうか。お子さんが朝食を毎日食べたり、簡単な朝食を用意するなどのお手伝いが定着すると、大人も一緒に食べることが多くなるのではないでしょうか。
どんなメニューがよいかなど、ご質問がありましたら、ぜひ保健センターの管理栄養士まで御連絡ください。

ナパサ)おうち時間に食育を実践すると、大人にも子どもにもよい生活習慣が定着しそうですね。

担当者)そうですね。食育の取組みは、少し意識を持つだけで実践できる内容が多いです。第2次平塚市食育推進計画では、食育の取組みを周知することや、朝食を食べること、バランスを考えて食べることなどを実践につなげられるよう支援していきます。

ナパサ)まずは身近なことで、自分ができそうなことから食育を実践していきたいですね。

6月23日 成年後見制度と市民後見人養成講座について(告知)

「福祉部・健康こども部」の協力でお送りする「健康福祉ふれあい広場」の時間です。
このコーナーでは聞いて得する、保健と福祉に関する情報を、福祉部・健康子ども部のスタッフより、情報をいただき、発信しております。
今週は、『平塚後見センターよりそい』の愛称となりました平塚市成年後見利用支援センターから、成年後見制度の利用者状況と、市民後見人養成講座の説明会についてお知らせをいたします。
 
まずは、「成年後見制度」ですが、聞いたり、新聞などで見かけたりすることはあると思いますが、どのような制度なのかをお伝えいたします。

「成年後見制度」は、病気や障がいによって、日々の生活をおくるための様々な契約、たとえば、福祉サービスの利用契約や、福祉施設の入所や入院の契約など、そして、利用料の支払いなどをするうえでの、判断能力が不十分な方を、法的に守り、支える制度です。
具体的には、認知症のご高齢の方、知的障がいのある方、精神障がいのある方などに利用いただく制度です。この制度の利用には、ご本人の住所地の家庭裁判所に、ご親族などから、後見制度の申立などの手続きをしていただくことになっています。
 
超高齢化社会や、団塊の世代の方々が75歳以上になる「2025年問題」というような言葉をよく耳にします。成年後見制度を利用される方、必要な方は、年々、増えているように思います。
ところが、成年後見制度を利用される方、必要な方は、増えることが想定されているのですが、実は、予想されていたほどには増えていないようです。
 
裁判所から、平成31年1月から令和元年12月までの、一年間の成年後見関係の統計が発表されました。全国の統計では、年(とし)によって若干の増減はありますが、平成26年から30年までの5年間の申立て件数は、ほぼ横ばいでした。令和元年(平成31年)もほぼ横ばいで、3万5千640件となっています。高齢化とともに増えることが予想されていたのですが、それほど増えてはいません。
 
増えていない理由としては、報道されているような「後見人による不正・横領」という事件の影響も否定できませんが、平成12年4月にスタートした成年後見制度ですが、スタートから20年が経過し、たとえば、認知症の高齢者や知的障がいや精神障がいのある方を取り巻く環境の変化や、ご親族や家族の間の絆の希薄化、そして、制度としての難しさ・使いづらさ、といった色々なことが背景にあるようです。
そうしたことから、平成28年4月に「成年後見制度利用促進法」という法律ができました。この法律に基づく、国の「成年後見制度利用促進基本計画」が、平成29年3月につくられました。そして、この計画の目標の一つとして、「不正防止の徹底と利用しやすさの調和を図る」ことが挙げられています。
それから、平塚市でも、国の法律や基本計画をふまえて、「平塚市地域福祉リーディングプラン」のなかで、地域福祉計画と一体的に、「平塚市成年後見制度利用促進計画」が策定されています。この計画では、支援を必要としている方の権利が、守られている、そういった地域づくりを目指しています。さらに、成年後見制度を、みなさんに知ってもらうとともに、利用しやすくすることを目的としています。
 
わたしたちにとって、自分が高齢になったり、病気や障がいで、判断能力が不十分になったとき、ちゃんと守ってもらえる、そういう仕組みが整備されていてほしいですね。
 
続いて、「市民後見人養成講座の募集説明会」についてお伝えいたします。
 
現在、成年後見人には、多くの場合、弁護士、司法書士や社会福祉士などの専門職が家庭裁判所から選ばれていますが、市民の感覚、生活をしている視点で、ご本人の立場に立って、法的に守り、支えることも大切だと考えられています。
そこで、後見活動の内容が、法律や健康・福祉などの面で、それほど難しい課題は無いと思われる場合に、市民の方々に、「市民後見人」として後見活動を担っていただいています。
平塚市では、平成24年度から、神奈川県や神奈川県社会福祉協議会と連携して、市民後見人養成講座を開催して、平塚市成年後見利用支援センターが、養成講座の実施から、後見活動に携わる「市民後見人」の方々のサポート、バックアップをしています。
この市民後見人養成講座は、平塚市では、これまでに、47名の方が修了されました。この47名の方々の多くが、研修を終えられたあと、「後見サポーター」という、社会福祉協議会の メンバーとして後見活動に従事いただいています。そして、これまでに、9名の方が、家庭裁判所から、個人として成年後見人、「市民後見人」に選ばれています。

自分や身近な人の「権利擁護」のため、成年後見人が必要になったときのことを考えると、「市民後見人」さんが、地域にたくさんいると、心強いものですね。
 
今年10月から、平塚市で、第7期の市民後見人養成講座を開講します。
この市民後見人養成講座の受講を考えていらっしゃる方を対象とした「市民後見人養成講座の募集説明会」を、9月12日土曜日9月15日火曜日、そして9月17日木曜日の3回行います。時間は、9月12日は午前9時30分から12時45分、9月15日と17日は午後1時30分から4時45分までで、3回とも同じ内容なので、どれかの回にご出席ください。
説明会の開場は、9月12日と15日は立野町にある平塚栗原ホームの大会議室、9月17日は平塚市役所3階303号室となっています。
この説明会では、将来、市民後見人になるための研修・活動の説明の他、共に支えあう社会の実現について 社会福祉士の田中晃(たなかあきら)さんのお話しや、ボランティア活動や地域活動などの紹介もいたしますので、地域共生や権利擁護などに関心がある方のご参加もお待ちいたします。
 
「市民後見人養成講座の募集説明会」の出席は申込みが必要となります。
お問い合わせは、平塚市成年後見利用支援センターにお願いいたします。
電話番号は、0463-35-6175、0463-35-6175番です。
 
7月第3金曜日の広報や平塚市のホームページ、平塚市成年後見利用支援センターのホームページに掲載する予定なので、確認してください。
 
では、最後に、リスナーの皆さまに、
成年後見制度に関するご相談、心配なことがおありでしたら、「平塚市成年後見利用支援センター」にご相談ください。成年後見制度の利用が本当に必要かどうか、成年後見制度のほかに適した制度やサービスがないかどうか、成年後見制度を利用する場合の手続きの方法など、望ましい対応策を一緒に考え、ご提案いたします。
まずは、お電話ください。電話番号は、0463-35-6175です。
 
9月に開催する、「市民後見人養成講座の募集説明会」のお申込みも、お待ちしております。
 
ありがとうございました。福祉部、健康・こども部の御協力でお送りした「健康福祉ふれあい広場」のコーナーでした。

6月30日 民生委員児童委員について(告知)

平塚市福祉総務課、地域福祉担当から「民生委員児童委員」についての紹介です。
 
民生委員児童委員は、地域にお住いの方たちが安心して住み続けられるようにボランタリーに活動している特別職の公務員です。平塚市では、406名の方が厚生労働大臣から委嘱され、その内46名の方が主任児童委員として活動しています。
 
民生委員児童委員は、高齢者や障がい者、子どもや子育てに不安のある家庭などへの見守りや相談対応が主な役割ですが、相談者が適切な支援を受けられるよう、専門機関へつなぐパイプ役も担っています。
また、主任児童委員は、児童虐待などの子どもに関する専門的な問題に対して、学校や児童相談所と連携し地域において子どもや子育て家庭の見守りなどをしています。
 
例年の事業として、平塚市からの依頼により、ひとり暮らしの70歳以上の方を対象と調査を民生委員児童委員が行っていますが、今年度は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。その他にも、地域のイベントを中止するなど、事業を自粛・縮小していますが、見守りや相談対応については、電話などを用いて感染症対策をしながら実施しています。
民生委員児童委員には守秘義務があります。福祉的な困りごとがありましたら、お住いの地域を担当する民生委員児童委員へお気軽にご相談ください。
なお、担当の民生委員児童委員が不明な場合は、
電話番号0463-21-9848 平塚市役所福祉総務課地域福祉担当までお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ先

福祉総務課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9862(福祉総務担当) /0463-21-9848(地域福祉担当) /0463-21-8779(福祉総合相談担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?