ひらつか環境学習ガイド トップ > 空気トップ > もっとくわしく、空気のよごれをしらべてみよう

身の回りの植物で空気のよごれを調べてみよう
〜マツの葉を調べよう

マツの葉で、空気のよごれが見えるよ。

男性先生

     
  葉っぱには、空気をやりとりする気孔(きこう)というあながあります。この気孔がどのくらいよごれているかで、空気のよごれを調べることができます。 身近なマツの葉を使って調べてみましょう。
     


用意する物

 マツの葉

  台紙

  けんびきょう

  セロハンテープ

調べ方

  1. なるべくちがった場所から、マツの葉をとってきます。
  2. 台紙にセロハンテープでマツの葉をとめます。
  3. けんびきょうの倍率(ばいりつ)を100倍ていどにして、マツの葉をかんさつしましょう。この時に、ななめ上から光をあてるようにしましょう。

 直射日光(ちょくしゃにっこう)をあてないように気をつけましょう。


男性先生

     
  ななめから光をあてるとマツの葉の気孔が見られます。
     


けんびきょうにななめから光をあてて調べます マツの気孔 マツの気孔の拡大

 

男性先生

     
マツの葉の気孔についた空気のよごれは、ティッシュでかんたんにふきとることができます。いろいろな場所でマツの葉をとってきて、よごれをくらべてみると、場所による空気のよごれがわかるかもしれません。  
     

 

   

ワークシートワークシート10:マツの葉を調べよう (PDF72KB)

リンク神奈川(かながわ)県・環境科学センター / 貸出教材についてのページ
(けんびきょうがかりられるよ)


身の回りの植物で空気のよごれを調べようにもどる

前のページへリンク   ↑ページの一番上