ひらつか環境学習ガイド トップ > エネルギートップ > エネルギーを もっと知ろう 

新エネルギー バイオマス

バイオマス  

 バイオマスエネルギーとは、動物や植物の中にたくわえられたエネルギーを使うこと

 木をもやすと二酸化炭素(にさんかたんそ)を出しますが、これは木が成長する中でとりこんできたものなので、ふたたび木を植えるなど、バランスをとっていけば、よぶんな二酸化炭素を発生させることにはならないのです。クリーンエネルギーとして注目されています。

 

女子生徒

     
バイオマスエネルギーには、どんなものがあるの。  
     


女性先生

     
  昔から燃料(ねんりょう)として使っている木や炭はバイオマスエネルギーです。世界には、ヤギや牛のふんを燃料にしている国もあります。
それから、サトウキビやトウモロコシなどの植物を育てて、燃料を取り出すこともためされています。
家庭から出る生ごみもバイオマス資源(しげん)になります。
     


女子生徒

     
バイオマスエネルギーって、環境(かんきょう)にもやさしくていいね。  
     


女性先生

     
  そうですね。
でも、だからといって、木を使いすぎてはいけません。木を切りすぎて森がなくなってしまったらどうなるでしょう。
なくてはならないエネルギーだからこそ、うまく使うことを考えたいですね。
     


新エネルギートップにもどる

前のページへリンク   ↑ページの一番上