ひらつか環境学習ガイド トップ > ごみトップ > 平塚市 ごみ資源のゆくえ

ごみ・資源(しげん)のゆくえ

かさ・ポリバケツ・ボールペン

もせないごみとして集められます

かさ・ポリバケツ・ボールペン

下向きやじるし

破砕処理場

受入供給(きょうきゅう)装置(そうち)

こなごなにするために持ちこまれたごみのうち、処理できないもの、きけんなもの・害(がい)のあるものを取りのぞきます。

切断機(せつだんき)

かさ、ホース、竹など、長いごみを切る機械(きかい)です。

そうすることで、こなごなにする機械の故障(こしょう)を防いだり、ごみを分けるのがしやすくなったりします。

男子生徒

     
粗大ごみ破砕処理場(そだいごみはさいしょりじょう)に集められるんだよね。  
     

おじさん

     
ここで、細かくくだいたあと、「アルミ」「鉄」「もせるもの」「もせないもの」に分けられます。  
     

下向きやじるし 3方向

アルミ・鉄

 

再利用

 

もせるもの

 

環境事業(かんきょうじぎょう)センターで「もせるごみ」としてもやしています。

 

もせないもの

 

遠藤原一般廃棄物最終処分場(えんどうはらいっぱんはいきぶつさいしゅうしょぶんじょう)にうめます。

 

女子生徒

     
再利用(さいりよう)できるものは、むだなく取り出しているんだね。  
     


分けて出されたごみ・資源はどうなるの?にもどる

前のページへリンク  次のページへリンク  ↑ページの一番上