ひらつか環境学習ガイド トップ > ごみトップ > 平塚市 ごみ資源のゆくえ

ごみ・資源(しげん)のゆくえ

つくえ・たんす

大型(おおがた)ごみ・臨時(りんじ)ごみとして集められます

つくえ・たんすのごみ

下向きやじるし

粗大ごみ破砕処理場

粗大(そだい)ごみ破砕処理場(はさいしょりじょう)に集められた後、もう使えないようなものと、まだ使えそうなものにわけられます。

下向きやじるし 2通り

もう使えないようなもの

 

下向きやじるし

機械(きかい)でこまかくくだかれます。

 

リンク平塚市・環境事業(かんきょうじぎょう)センター / 粗大ごみ破砕処理場のページ
(こまかくくだく仕組みがわかるよ)

細かくくだかれた机やたんす

下向きやじるし

環境事業(かんきょうじぎょう)センターに運ばれて、もやされます。

男子生徒

     
もせるごみと同じところに持っていかれるんだね。  
     

 

 

まだ使えそうなもの

 

下向きやじるし

平塚市リサイクルプラザ

もう一度使えるように修理(しゅうり)をします。

下向きやじるし

再生家具(さいせいかぐ)として展示(てんじ)をします。

 

使えるようになった机やたんす

 

おじさん

     
2ヶ月に1度くらい市民によびかけて、再生家具を提供(ていきょう)しています。  
     

 

リンク株式会社ひらつかEサービス / 環境事業センターのしくみのページ
(どうやって処理されるかがわかるよ)

分けて出されたごみ・資源はどうなるの?にもどる

前のページへリンク  次のページへリンク  ↑ページの一番上