ひらつか環境学習ガイド トップ > ごみトップ > 平塚市ごみ・資源(しげん)のゆくえ

ごみ・資源(しげん)のゆくえ

ペットボトル

資源再生物(しげんさいせいぶつ)として集められます

ペットボトル

下向きやじるし

平塚市リサイクルプラザ(くるりん)に運ばれる。

リサイクルプラザ

 

女性先生

     
  ここは、かん類(るい)、びん類、ペットボトル、プラスティック容器(ようき)などの資源再生物を処理(しょり)するところです。ここで処理された資源再生物はいろいろな製品(せいひん)の原料(げんりょう)になります。
     


下向きやじるし

圧縮(あっしゅく・・・小さくかためる)して、再資源化業者(さいしげんかぎょうしゃ)のところへ運びます。

そこで、いろいろなものに生まれかわります。

新しいYシャツやじゅうたん、靴下などの化学繊維製品、ペットボトルなど。

 

 

分けて出されたごみ・資源はどうなるの?にもどる

前のページへリンク  次のページへリンク  ↑ページの一番上