ひらつか環境学習ガイド トップ > ごみトップ > 平塚市ごみ・資源(しげん)のゆくえ

ごみ・資源(しげん)のゆくえ

プラクル

資源再生物(しげんさいせいぶつ)として集められます

プラクル

下向きやじるし

平塚市リサイクルプラザ(くるりん)に運ばれる。

リサイクルプラザ

 

女性先生

     
  ここは、いろいろな資源再生物を処理(しょり)するところです。ここで処理された資源再生物はいろいろな製品(せいひん)の原料(げんりょう)になります。
     


下向きやじるし

分別作業手作業(てさぎょう)で 種類別(しゅるいべつ)に 分けたあと、圧縮(あっしゅく)して、資源再生業者(しげんさいせいぎょうしゃ)に運びます。

 

下向きやじるし

さまざまな、ふだん使うプラスチック製品になります 。

 

プラスチック容器など

女性先生

     
平塚市では、プラスチック製(せい)容器包装類(ようきほうそうるい)を「プラマーク付きプラスチックリサイクル」略(りゃく)して「プラクル」と名づけています。  
     


分けて出されたごみ・資源はどうなるの?にもどる

前のページへリンク  次のページへリンク  ↑ページの一番上