ひらつか環境学習ガイド トップ > ごみトップ > 平塚市ごみ・資源(しげん)のゆくえ

ごみ・資源(しげん)のゆくえ

リサイクル家電

平塚市では回収(かいしゅう)できないごみです

冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなどの家電  

下向きやじるし   

買ったお店に引き取ってもらったり、引き取り場所に持って行ったりしなくてはいけません。その時に、家電リサイクル券(けん)を買って、リサイクルのためのお金をはらうことになっています。

下向きやじるし

リサイクルの工場で、分解されて新しいものになります。

女性先生
     
  いらなくなった家電から、まだ使える物を取り出して使おうという法律(ほうりつ)があります。
これによって、家電がリサイクルされるようになり、ごみもへりました。
     

 

 

リンク経済産業省(けいざいさんぎょうしょう) / 家電リサイクルツアーのページ
(家電がリサイクルされる様子が見られるよ)

 

女性先生

     
リサイクル家電のほかにも、平塚市では収集できず、買ったところに引き取ってもらったり、お金をはらって、専門(せんもん)の業者(ぎょうしゃ)に引き取ってもらうものもあります。
パソコンは、ほとんどのメーカーが引き取りをしています。
 
     


分けて出されたごみ・資源はどうなるの?にもどる

前のページへリンク    ↑ページの一番上