ひらつか環境学習ガイド トップ > 生き物トップ > 生き物たちの世界

絶滅(ぜつめつ)のおそれのある日本の野生の生き物たち

日本からメダカがいなくなる!?

 

女先生

     
メダカは、わたしたちにとって、一番身近な魚でしたが、今では全国的に数がへって、絶滅するおそれのある生き物のひとつになっています。  
     

女子生徒

     
  どうして、メダカは絶滅するおそれのある生き物になってしまったの?
     

         
  メダカは、人里でくらす一番身近な魚で、田んぼやそのわきの水路でくらしています。昔の水路は水草も生え、水の流れもゆるやかでした。
しかし、そんなメダカにとってくらしやすい所が、だんだんとへってきてしまいました。そして、メダカはすがたを消していったのです。今、多くの生き物たちがくらせるところをうばわれて、この世の中からすがたを消しているのです。
 
メダカ
 
         

 

男子生徒

     
どうして、生き物にとって住みやすいところがへってしまったの?  
     


絶滅の危機にさらされている日本の野生の生き物たち ほ乳類:160種のうち 約21% 鳥類:約700種のうち 約14%
は虫類:98種のうち 約37% 両生類:66種のうち 約33% 植物:約7000種のうち 約25%

平成27年版 環境(かんきょう)白書より

 

リンク環境省(かんきょうしょう)・インターネット自然研究所(しぜんけんきゅうしょ) /RDB図鑑(ずかん)のページ
(このままでは絶滅してしまうかもしれない生き物の図鑑があるよ)

前のページへリンク  次ページへ  ↑ページの一番上