ひらつか環境学習ガイド トップ > 川と水トップ > 川のよごれを調べてみよう

身近な川を調べてみよう

近くの川を調べてみよう

 

女子生徒

     
どのくらい川がよごれているのか、私たちでも調べられるのかな?  
     


男性先生

     
  きみたちでも調べられる方法をしょうかいしましょう。
     


調べるのに適(てき)した場所

・水の深さがひざくらいまでのところ。

・水の表面が波立つくらいの流れのところ。

・川のそこに石が多いところ。

 

調べ方

●水生生物で調べよう

 

きれいな水にすむ生き物と、きたない水に住んでいる生き物はちがっています。

そこで、川の中に、どんな生き物が住んでいるかを見て、その場所の水質(すいしつ)を調べることができます。

 

リンク環境省(かんきょうしょう)・水環境情報(じょうほう)総合(そうごう)サイト/全国水生生物調査(すいせいせいぶつちょうさ)のページ
(指標(しひょう)生物(めじるしになる生物)の図鑑(ずかん)があるよ) 

●水質(すいしつ)を測定(そくてい)しよう 〜「環境科学(かんきょうかがく)センター」資料より〜

  透視度(とうしど)調べ 水のにごり具合をはかります。
  PH調べ 水が酸性(さんせい)かアルカリ性か調べます。
  COD調べ 水中のよごれが分解(ぶんかい)されるときに使われる酸素(さんそ)の量(りょう)を調べます。

 

リンク神奈川(かながわ)県・環境科学センター /水質を測定しようのページ
(くわしい調べ方がわかるよ)

リンク神奈川(かながわ)県・環境科学センター / 貸出教材についてのページ
(くわしく調べる測定器(そくていき)をかりられるよ)

注意

川に入ったり近づいたりする時は、かならず大人の人といっしょに行きましょう。

川のそこはすべりやすいし、ところどころに深みもあるので注意しましょう。

動かした石は、もとの場所へもどしておきましょう。

男子生徒

     
気がついたことを記録(きろく)しておこう。  
     


 

ワークシートワークシート:1 川の様子を調べてみよう (PDF 64KB)

前ページへ   ↑ページの一番上