平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

資源再生物


 

種類 おもな品物 出し方 リサイクルの行方
古紙類


 

  • 新聞
  • チラシ
  • 雑誌
  • 段ボール
  • 包装紙
  • 紙類
  • 紙箱
  • ノート
  • メモ用紙
  • はがき
  • 牛乳パック
  • 名刺(1枚でも)

 

  1. 古紙類のうち、(1)新聞紙(折込みチラシも含む)(2)雑誌類(3)段ボールは、それぞれ別々に束ねて出してください。雨の日でも出せます。
      段ボール
     
  2. 紙パックは洗って開き、乾燥させて水色のコンテナへ出してください。内側にアルミコーティングしてあるものは出せません。(可燃ごみに出して下さい)
    雨の日には出せません。

     
  3. その他の紙類は、紙袋に入れて出してください。雨の日でも出せます。

     
  4. 油、ろう、ビニール、アルミなどでコーティングされた紙類は資源になりませんので、可燃ごみの収集日に出してください。

     
  5. 使用済みのティッシュペーパー、紙オムツは可燃ごみに出してください。
     

 

  • 古新聞は新聞紙・雑誌類へ
     
  • 雑誌類はボール箱・ダンボールへ
     
  • ダンボールはダンボール材へ
     
  • 紙パックはトイレットペーパー・ティッシュペーへ
     
  • その他のものはダンボール・ボール箱・建築材へ






     


缶類
  • 空き缶

 

  • 缶は、つぶさないで、黄色のコンテナの中に出してください。
  • 缶がつぶれていると、収集後の処理で、うまく圧着・成形ができなくなります。


 
 

  • アルミ缶はアルミ原料へ

  • スチール缶は建築資材(鉄鋼、鉄筋)へ







金属類
  • 鉄くず
  • やかん
  • なべ
  • 風呂釜
  • 自転車
  • 石油ストーブ
  • トースター
  • フライパン
  • ガスレンジ
  • ファンヒーター
  • 刃物
  • 給湯器
  • 湯沸器
  • 針金ハンガー
  • その他金属製品
  1. 自転車は、必ず「資源物」と貼り紙をしてください。
  2. スプレー缶は、使い切った後、風通しの良い火気のないところで穴をあけてから出してください(収集車等の火災の原因になります。)
  3. 刃物は、紙等でくるみ、「刃物(キケン)」と書いて出してください。
  4. 金属類は空き缶専用コンテナ(黄色)のそばにおいてください。コンテナの中には入れないでください。

  • 鉄類は建築資材(鉄鋼・鉄筋)へ
ビン

 

  • 酒類のビン
  • 飲料水のビン
  • 調味料のビン
  1. ビン類は、すべて (1)中を洗って、(2)栓をはずして出してください。
  2. グレー色の専用コンテナへ出してください。袋は持ち帰ってください。
  3. リターナブルびん(一升びん)は、購入店に返却してください
  4. ガラス製品(花瓶、グラス、板ガラス、蛍光灯等)は不燃ごみの収集日に出してください。

  

  • リターナブルびん・再生びん・路盤材


     
布類
  • 衣類
  • カーテン
  • 毛布
     
  1. 布類は、ひもで縛るか紙袋に入れて出してください。ビニール袋には入れないでください。また、雨の日は出さないでください。
     
  2. ぬいぐるみ等は、可燃ごみの収集日に出してください。

  

  • ウエス
     
  • マット(車用等)

    *東南アジアやアフリカへ

廃食用油
  • 使用済みの天ぷら油
  1. ペットボトルに入れて蓋をしてください。
     
  2. 緑色の専用コンテナへ出してください。
     
  3. ビンは使用しないでください。
     
  • 印刷用インク
     
  • 家畜用肥料
     
  • 石けん等の原材料

注意
事項

収集は月2回です。
29、30、31日(第5週)は収集しません。

 

種類 品物 出し方 リサイクルの行方

PET
ボトル

  PET1マーク
”PET1”と表示のある
清涼飲料水やしょう油等の
空き容器
(※注意)卵パック等で”PET1”表示
があるものは、プラクルです。 
  PETボトルは
  1. ふたをはずす
  2. ラベルをはがす (ふたとラベルはプラクルです。)
  3. 中をすすいて汚れを取る。
  4. 踏みつぶす。
  5. 透明、半透明の袋(黒は不可)に入れて出してください。

    ペットボトルを出す時の注意事項
  • 容器の原料
     
  • 洗剤等
     
  • 繊維製品
     
  • ワイシャツ
     
  • カーペット
     
  • カーテン等
容器包装プラスチック(プラクル)   プラマークの画像
プラマークの表示のある
容器と包装
  • ポリ袋
  • ボトル
  • カップ類
  • トレイ
  • パック類
  • チューブ類

    *プラスチック、ビニール類の容器と包装

  1. 中身を使い切る。
  2. 水洗いなどして汚れを取る
  3. 透明、半透明の袋に入れて出す。
    (※注意)袋類、トレイ、カップ類など種類に関係なく一緒に透明半透明の袋に入れて出してください。
    プラクルの出し方

    (※注意)在宅医療廃棄物についてはプラクルでは出せません。下記を参考の上、適切に処理して下さい。

    在宅医療廃棄物の適正処理について
  • 材料リサイクル
     
  • プラスチック製品等
     
  • 化学的に分解するリサイクル
     
  • 高炉原料化システム
     
  • コークス炉化学原料化法
     
  • プラスチック油化システム
     
  • ガス化
注意事項 収集は週1回(毎週)です。

不燃ごみ


おもな品物 出し方

 

  • 板ガラス
  • 植木鉢
  • 板(1m以内の物)
  • かさ
  • かばん
  • 皿等のせともの類
  • CD
  • 炊飯器
  • 扇風機
  • 洗面器
  • 掃除機
  • 茶碗
  • 電球
  • バケツ
  • 蛍光管、蛍光球

 

  1. 束ねるか、透明、半透明の袋等に入れて出してください。
     
  2. ライター類は乾電池容器(乾電池ボックス)に入れてください。
     
  3. 蛍光管、蛍光球は資源化処理を行います。割れないように透明・半透明の袋又は購入時の箱に入れ、
    他の不燃ごみと分けて排出してください。
  4. 割れた蛍光管は他の不燃ごみと同じ袋に入れてお出しください。
                                               蛍光管の分別についてのページ
(有害ごみ)
  • 乾電池
  • 体温計(水銀)
  • ライター

  1. 乾電池容器(乾電池ボックス)に入れてください。
     
  2. ニッケル・ニカド、ボタン型電池、充電式電池は販売店へ返してください。
  3. リチウムコイン電池は乾電池容器(乾電池ボックス)に入れてください。

    ボタン型電池は下記へお問い合わせください。

    http://www.botankaishu.jp/srch/srch10.php

       充電式電池は下記へお問い合わせください。
        http://www.jbrc.com/recycle/kensaku.html

可燃ごみ

おもな品物 出し方
  • 枯葉
  • 座布団
  • 資源にならない油等の染みた紙
  • タバコの吸殻
  • 板くず(30cm以内)
  • スポンジ
  • 使い捨てカイロ
  • 生ごみ(調理くず、残飯、貝殻など)
  • カセットテープ、ビデオテープ等
  1. 透明、半透明の袋等に入れて出す。(レジ袋の使用はよい。)
     
  2. 生ごみは水分をよく切り、袋の口をよく縛る。減量にご協力ください。
     
  3. 枯葉・刈った草等は一度に3袋以内までにしてください。

粗大ごみ(大型ごみ)

粗大ごみ(旧:臨時ごみ)についてはご予約制となっております。
なお、詳細は下記リンク先をご確認下さい。

粗大ごみ(旧:臨時ごみ)について

家電リサイクル品・パソコン・市で収集できないごみ

家電リサイクル品対象品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・冷凍庫)


廃家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機・冷凍庫)   
については、特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)の施行に伴い排出方法が次のようになっています。

(※注意)家電リサイクル法では、対象機器は家庭用として製造・販売されて、通常、家庭で使用されているものです。専ら業務用として製造・販売されているものを家庭用として使用していても対象外となります。

  1. 廃棄する品物を、以前購入した店に引取りを依頼
     
  2. 新品と買い替えた店に引取りを依頼
     
  3. 郵便局で家電リサイクル券を買ってから、下記の引取り場所(受取専用窓口)へ直接搬入する  
■(株)サトウ(地図)                 

 茅ヶ崎市萩園730−3 電話0467(84)6785

■西濃運輸(株)茅ヶ崎支店(地図)                     

  茅ヶ崎市萩園2730 電話0467(87)1305
              

  県内の他の引き取り場所一覧(外部リンク)

それぞれ「家電リサイクル券」を郵便局で購入した後、ご自身で搬入してください。
  • メーカー名を調べてから郵便局へ。
  • テレビと冷蔵庫・冷凍庫についてはサイズを調べてから郵便局へ。
         テレビ・・・・・・15型以下か16型以上か
         冷蔵庫・冷凍庫・・170L以下か171L以上か
搬入する際には事前に各引取り場所へ連絡をしてください。

    
4 .     平塚市一般廃棄物収集運搬業者へ依頼する。

平塚市一般廃棄物収集運搬業者のうち、家電リサイクル法に基づく対象物を取り扱うことのできる次の業者に依頼できます。この場合、リサイクル料金のほかに収集運搬料金が必要になります。また、屋内からの持ち出し作業や家電リサイクル券の処理代行等、その他のサービスを追加して希望される場合は、別途料金がかかりますので、詳しい料金等については次の業者にお問い合わせください。
なお、料金は現金による支払になります。平塚市の「粗大ごみシール券」が使用できませんのでご注意ください。
 

業者名 所在地 電場番号 ホームページ
株式会社クリーンサービス 平塚市大神2545−1 54−4965 ホームページ(外部リンク 
神奈川環境株式会社 平塚市中堂16番11号 21−4792 ホームページ(外部リンク 

 
 

パソコン

パソコンについては製造元メーカーでの回収となり、市では回収しません。
メーカー回収が困難な場合は、「パソコン3R推進協会」に直接お問い合わせください。
なお、詳細は下記をご確認下さい。


パソコンの排出方法について

市で収集できないごみ

種類 おもな品物 出し方
処理が困難なもの
  • パソコン
  • ピアノ
  • バイク
  • タイヤ
  • バッテリー
  • 消火器
  • 金庫
  • プロパンガスボンベ
  • 灯油
  • ガソリン
  • 塗料
  • 薬品
  • 農薬
  • 風呂桶
  • サーフボード
  • 仏具
  • 葬祭用品
  • 車やバイクの関連部品
  • コンクリートブロック等
メーカー、販売店または専門業者に御相談ください。
産業廃棄物
  • 事業活動に伴って生ずる廃棄物(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条に規定されるもの)
廃棄物処理業者に依頼してください。
家庭に業者が入って
出たごみ
  • 壁紙
  • ふすま
  • 剪定枝
  • 流し台
  • 床材等
工事を請け負った業者に依頼してください。
事業活動により
生じたごみ
  • 商店
  • 会社
  • 飲食店等の事業活動によって生じたごみ
自己処理が原則となっています。
廃棄物処理業者等に依頼してください。

小型家電



主な品物 出し方 リサイクルの行方


電気や電池で動く家電製品で横30cm×縦15cm×奥行20cmの穴に入る大きさの物
【一例】
  • 携帯電話
  • USBメモリ
  • 電卓
  • 電話機
  • カーナビ
  • リモコン
  • ゲーム機
  • 携帯音楽プレーヤー
  • デジタルカメラ
  • 電気カミソリ
  • コード
  • ACアダプタ
  • PC付属品(PC本体を除く)
  • ゲームソフト(カセットタイプ)
  • ミニ電子ゲーム
  • タブレット端末
  • カーオーディオ製品
  • ビデオカメラ
  • ICレコーダ
  • 電子辞書
  • ラジオ
  • アイロン
  • ヘアードライヤー
  • モデム
  • ルーター
  • ヘッドホン
  • イヤホン
  • CD MDプレーヤー(アダプタ、ケーブル、充電器、リモコン等の付属品も対象となります)
公民館及びごみ関連施設(市役所別館(循環型社会推進課事務所)環境事業センター、リサイクルプラザ、平塚市資源回収センター)に設置されている「小型家電回収ボックス」に投入してください。
 
【注意】
  • 個人情報が含まれるものはデータを消去してから入れてください。
  • 一度回収ボックスへ入れたものは取り出して返却することができません。
  • 取り外し可能な電池は外してください。(外した電池は決められた場所、日時に排出してください)
  • CDやMDなどの記憶媒体、パソコン、電球、蛍光灯は回収対象外です。
  • ボックスに入らない家電製品は今まで通り「不燃ごみ」等で排出してください。



    使用済み小型家電の回収についてのページ

     

電化製品の資源化認定事業者に引き渡します。
 
事業者が、破砕・分別して金属を取り出します。
 
金属を再度材料として使用し、製品にします。

剪定枝(せんていえだ)

平成27年10月から剪定枝(せんていえだ)の電話予約制による無料の各戸収集が始まります。
詳しくは下記をご覧ください。

剪定枝の各戸収集

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてのお問い合わせ

循環型社会推進課(収集・分別推進担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 別館2階

直通電話番号:0463-21-8796

ファクス番号:0463-36-2352

お問い合わせフォームへ

このページの先頭へ