新型コロナウイルス感染症にご注意ください

最終更新日 : 2020年5月20日

更新情報 市民の方、事業者の方へ向けた情報については、次のページをご覧ください。
市民の方へ向けた情報のページへのリンク 事業者の方へ向けた情報のページへのリンク

 

平塚市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について

平塚市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況をお知らせします。
(5月18日現在累計 市内発生者数32人、市内死亡者数1人:神奈川県記者発表より)
 
発生状況一覧
日付 市内発生者数 市内死亡者数
令和2年3月1日から令和2年4月19日まで 19人 -
令和2年4月22日 1人 -
令和2年4月24日 1人 -
令和2年4月25日 1人 -
令和2年5月8日 1人 -
令和2年5月10日 - 1人
令和2年5月12日 1人 -
令和2年5月14日 5人 -
令和2年5月15日 1人 -
令和2年5月16日 1人 -
令和2年5月18日 1人 -
32人 1人

感染した患者の発生状況は神奈川県から公表されます。
神奈川県は令和2年4月20日以降、感染者の居住市町村名を公表することとしました。
本市では県公表の人数を抜粋してお知らせいたします。
詳細は、神奈川県ウェブページをご覧ください。

平塚市の取組

平塚市新型コロナウイルス感染症緊急対策

 新型コロナウイルス感染症対策は、市民の生命と健康を守ることを最優先に、市民生活と社会経済活動の両面に対する影響を最小限に抑えなければなりません。
 本市では、「平塚市新型コロナウイルス感染症緊急対策」を策定し、「市民の生命と健康を守る」、「市民の暮らしを支える」、「まちの経済活動を維持する」を3つの柱に、本市の総力を挙げて施策を強力に推進します。
 詳細は、「平塚市新型コロナウイルス感染症緊急対策」のページをご覧ください。
 

平塚市対処方針

 新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条に基づく緊急事態宣言を受け、政府対策本部の基本的対処方針及び県の実施方針を踏まえ、引き続き市民の生命、健康及び生活を守るため、新型コロナウイルス感染症対策の平塚市対処方針を定めました。
 詳細は、「新型コロナウイルス感染症対策の平塚市対処方針について」のページをご覧ください。
 

各公共施設の対応及びイベント情報

 当面は、市民の外出抑制を最優先に取り組むこととするため、公共施設の利用の制限を、原則6月30日まで行います。
 また、本市が主催する広域的又は不特定多数の人を集めるイベント等は、原則8月31日まで中止又は延期とします。なお、個々のイベント等の対応については、この原則を踏まえ、地域や関係団体等に丁寧に説明し調整します。
 各公共施設の対応及びイベント情報は、「新型コロナウイルス感染症に関する各施設の対応及びイベント情報について」のページをご覧ください。

市長メッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出されてから約1か月半が経とうとしています。この間、市民の皆さま、事業者の皆さまには、外出自粛や事業の休業要請、施設の臨時休館、市立小・中学校の臨時休業などで、多大なご協力をいただき、心から感謝いたします。
 
 本市ではこれまで、市民の皆さまの生命と健康を守ることを最優先とし、市民生活と社会経済活動への影響を最小限に抑えることを第一に、医療や救急を始め、福祉・子育て・経済など多岐にわたる緊急対策を迅速に取り組んできました。
 
 その結果、医療・救急体制を充実させ、市民の皆さまに高度な医療の提供を、滞りなく続けています。また、本市独自の緊急対策の中で、小規模事業者に事業所の賃借料相当額を補助する事業には、これまで約560件の申請を受け付け、5月13日から支給が始まっています。児童扶養手当を受給している、ひとり親家庭への特別給付金には、約1,500件の申請を受け付け、5月末までにその約9割の支給を完了する見通しとなりました。
 
 社会全体の様々な努力により、新規感染者数は緩やかな減少に転じており、国は5月14日、39県で緊急事態宣言を解除しました。しかし、残念ながら、神奈川県への緊急事態宣言は、依然、継続されています。
 市民の皆さま、事業者の皆さまのこれまでのご苦労とご努力を考えると、大変心苦しいところではありますが、改めて皆さまにお願いをいたします。当面の間は、感染者数を減らす鍵となる、外出自粛や休業、そして、感染の危機と隣り合わせにあることを意識した生活の工夫を、引き続き、徹底してください。
 本市は住民に最も身近な基礎自治体として、市民の皆さまのニーズや気持ちに寄り添い、より一層の支援をしていく決意です。
 
 新型コロナウイルス感染症との戦いは長期化することが予想されますが、こうした状況の中で、前向きな変化もあります。食事のデリバリー、テレワークや時差通勤など新しい経済活動や働き方の促進、学校のICT環境の充実やオンライン授業など新たな教育の導入…。これらは、厳しい局面を乗り越え、新しい日常を築く重要な足掛かりとなるばかりか、本市の未来につながるきっかけになると信じています。
 
 これからも市民の皆さま、事業者の皆さま、本市と力を合わせてこの難局を乗り越え、将来の平塚市のまちづくりに着実に生かしていくという強い思いを胸に、市政運営に努めます。多くの皆さまのご協力を、よろしくお願いいたします。
 
令和2年5月18日
平塚市長 落合 克宏

新型コロナウイルス感染症「総合相談」コールセンター

 国の給付制度や中小企業向けの経済対策などに関する電話相談にワンストップで対応するため、コールセンターを設置します。

設置期間  令和2年5月1日(金)~当面の間
開設時間  午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日を除く)
電話番号  0463-20-8143

コールセンターによくあるご質問

感染が疑われる方

【相談・受診の前に心がけていただきたいこと】

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

帰国者・接触者相談センター

 県では感染の疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐため調整を行う「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

〇帰国者・接触者相談センター受付窓口(神奈川県庁)
電話番号:045-285-1015
受付時間:無休(24時間対応)


【帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく目安】
 次の症状がある方については、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)「帰国者・接触者相談センター」でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の帰国者・接触者外来等、をご紹介しています。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方など重症化しやすい方は、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください
  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。
新型コロナウイルス感染症に ついての相談・受診目安について(厚生労働省令和2年5月8日改訂)(PDF67KB)
新型コロナウイルス感染症に対する「帰国者・接触者相談センター」の設置について(神奈川県外部リンク)

【聴覚障がい等のある方へ】
 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方で、「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をご希望の場合は、次の事項ををご記入の上、ファクシミリ(045-285-0216)でお送りください。
  • 電話での相談が難しいこと
  • 帰国者・接触者相談センターへの相談であること
  • 現在の症状(いつからどんな症状があり、現在はどのような状態か、医療機関は受診済みかなど)
帰国者・接触者相談センターへのFAX相談票の書き方手話付き動画(YouTube外部リンク)
新型コロナウィルス感染の疑いがある聴覚障がい者が受診するときの遠隔手話通訳サービスによる手話通訳について・帰国者・接触者相談センターへのFAX送信票(神奈川県聴覚障害者協会外部リンク)
聴覚障害者向けのチラシ「 新型コロナウイルスに感染したかも・・・このような症状がある場合は? 」 (神奈川県聴覚障害者協会外部リンク)

※一般的なご相談は、厚生労働省コールセンター、または、神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤルをご利用ください。

医療機関にかかるときのお願い

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

PCR集合検査の実施について

 (一社)平塚市医師会では、新型コロナウイルス感染症の長期化を踏まえ、「神奈川モデル・ハイブリッド版」に準じて、令和2年5月11日から当面の間、PCR集合検査を実施します。
 詳細は、「PCR集合検査の実施について」のページをご覧ください。

参考

 最新の情報については、厚生労働省及び神奈川県のホームページをご確認ください。  

一般的な相談

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル

 神奈川県では県民の皆様からの新型コロナウイルス感染症に関するご相談に対応するため専用ダイヤルを設置するほか、メールやファクシミリによる相談も受け付けています。

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
電話番号 045-285-0536
     050-1744-5875

音声案内につながります。
(1)微熱や軽い咳などの症状のある方や感染の不安のある方、健康・医療に関すること
(9)協力金に関すること
(2)緊急事態宣言や特別措置法に関すること(休業と外出自粛の要請に関すること)
(3)経営相談に関すること
(4)その他

受付時間
(1)は平日及び休日(9時00分から21時00分)
(9)は平日(9時00分から21時00分)
(2)は平日(9時00分~17時00分)
※平日(17時00分から21時00分)及び休日(9時00分から21時00分)は045-285-0637へ電話してください。
(3)及び(4)は平日(9時00分~17時00分)

メールやファクシミリでのご相談も受け付けています。
メール(健康危機管理課お問い合わせフォームへ)
ファクシミリ:045-633-3770

詳細は、こちら(神奈川県外部リンク)

 

神奈川県 LINEによる「新型コロナ対策パーソナルサポート」

 新型コロナウイルスに関する情報提供、サポートをLINEで行います 。
 神奈川県のLINE公式アカウントと友だちになり、状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。
 詳細は、こちら(神奈川県外部リンク)

厚生労働省の新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)

 新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。
 電話番号  0120-565653(フリーダイヤル)
 受付時間  9時00分~21時00分(土日・祝日も実施

 詳細は、こちら(厚生労働省外部リンク)

新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウント(厚生労働省)

 新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。
 友達追加はこちらから
 https://lin.ee/qZZIxWA

感染症について

新型コロナウイルスとは?

 過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。
 (参考)
  新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について(国立感染症研究所外部リンク)

感染予防のポイント

 新型コロナウイルス感染症については、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • マスクの着用
  • 咳エチケット(PDF861KB)
  • うがい
  • 手洗い(PDF836KB)
  • 手指の消毒を行う場合には、消毒用アルコールが有効です。
  • 体の抵抗力を高めるために、十分な睡眠と休養、バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。
  • 人混みや繁華街への外出を控えましょう。
  • 感染症予防のチラシ(PDF898KB)
  • 3つの密を避けましょう(PDF397KB)
新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸外部リンク)

人との接触を 8割 減らす、 10 のポイント

 誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう 。

イベントや行事等の参加・開催について

  • イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。
  • やむを得ずイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

 厚生労働省では「新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aを作成しています。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?