緊急事態宣言延長、徹底した外出自粛をお願します!

最終更新日 : 2021年2月6日

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している首都圏の1都3県に対し、国は1月7日に緊急事態宣言を発出しました。
 また、2月2日に政府は本県に出していた緊急事態宣言を、3月7日まで延長する決定を行いました。これを受け、県は、県民や事業者の皆さんに、生活に必要な場合を除く外出自粛の徹底、飲食店などに対する20時まで(酒類の提供は19時まで)の時短、イベントの開催制限などの要請について、3月7日まで延長します。特に、次の事項について、強くお願いします。

〔県民の皆さんへ〕
  • 特措法第45条第1項に基づき、生活に必要な場合を除いて、徹底した外出の自粛を要請します。特に、20時以降の不要不急の外出は自粛していただくよう、強く要請します。
  • 昼間の人出が減っていません。日中の繁華街への外出をはじめ、娯楽や式典の後の会食を控えるとともに、昼間のランチもデリバリーやテイクアウトを活用するなど、人との接触機会を減らす取組の徹底をお願いします。また、卒業旅行や謝恩会についても控えてください。
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」を避けることや、テレワーク、時差出勤など、感染を防ぐ取組を徹底してください。
  • 外食時には、「黙食(だまって)」「個食(ひとりで)」「マスク飲食(会話するときは必ずマスクをつけて)」の徹底をお願いいたします。
〔事業者の皆さんへ〕
  • 1月12日から3月7日までの間は、全県の飲食店・カラオケ店を対象に、営業時間を20時までに短縮し、酒類の提供は19時までとしていただくよう要請します。
  • 昼間の人の移動を抑制するため、「出勤者数の7割削減」を目指し、テレワークやローテーション勤務、時差出勤などの徹底をお願いします。
  • 従業員へ外出や会食の自粛のほか、職場内感染を防ぐため、昼食時間の分散化など、感染拡大防止の取組について、周知徹底をお願いします。
  • 20時以降のネオンの消灯とイルミネーションの早めの消灯へのご協力をお願いします。
  • 飲食店の皆さんには、デリバリーやテイクアウトによる営業強化をお願いします。
  • 店舗におけるアクリル板の設置などの飛沫対策をお願いします。


〔詳しい内容〕

緊急事態宣言に伴う皆様へのお願い

徹底した外出自粛

人との接触機会を減らすため、生活に必要な場合を除いて、徹底した外出の自粛をお願いします。特に、20時以降の不要不急の外出は自粛してください。
※生活に必要な場合の例
  • 医療機関への通院
  • 食料、医薬品、生活必需品の買い出し
  • 必要な出勤、通学
  • 自宅近隣における屋外での運動や散歩など
  • 生活や健康の維持のために必要なもの

M・A・S・Kの徹底

全ての市民の皆さんは、M(適切なマスク着用)・A(アルコール消毒)・S(アクリル板等でしゃへい)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感染防止対策を、あらゆる場面で徹底してください。特に、「飛沫に徹底用心」を強く意識してください。

感染リスクが高まる「5つの場面」に気をつけよう

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう。
  • 飲酒を伴う懇親会
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり
感染リスクが高まる「5つの場面」のチラシ(PDF228KB)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?