緊急事態宣言延長 感染防止対策の徹底をお願いします!

最終更新日 : 2021年9月12日

緊急事態宣言令和3年9月30日まで!

 新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)(以下、「法」という。)第32条第3項に基づき、国は令和3年9月12日までとしていた緊急事態宣言を令和3年9月30日まで延長することを決定しました。神奈川県に対する緊急事態宣言の期間は令和3年8月2日から令和3年9月30日となります。
 それに伴い、次の事項が要請されています。
〔県民の皆さんへ〕
  • 生活に必要な場合を除き、徹底した外出自粛を要請(法第45条第1項)
  • 20時以降の外出自粛
  • 生活に必要な場合を除く都道府県をまたぐ移動の自粛
  • 外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で行動
  • デルタ株への危機感を共有し、リスクある行動を回避→「人混みは危険」
  • 混雑した場所への外出の5割減
  • 感染対策が徹底されていない飲食店の利用自粛の協力要請
  • 法第45条第1項に基づき、路上での飲酒、いわゆる路上飲みをしないよう要請
  • 飲食する場合にには、昼夜を問わずマスク飲食の実践、短時間、少人数、 M・A・S・Kを含む基本的な感染防止対策等の徹底
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」、在宅勤務、時差出勤などの周知の徹底
〔事業者の皆さんへ〕
〇飲食店等への要請

 食品衛生法に基づく飲食店営業・喫茶店営業の許可を受けた飲食店(居酒屋含む)、喫茶店等(宅配・テークアウトサービスは除く。以下「飲食店等」という。)、カラオケ店に対し、次のとおり要請する。

  • 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等(飲食業の許可を受けていないカラオケ店及び利用者による酒類の店内持込みを認めている飲食店を含む。酒類及びカラオケ設備の提供(利用者による酒類の店内持込みを含む。)を取り止める場合を除く。)に対して休業を要請する。(法第45条第2項)
  • 飲食店等は5時から20時までの営業時間の短縮の要請(法第45条第2項)
  • 従業員に対する検査を受けることの勧奨
  • 入場者の感染防止のための整理及び誘導
  • 発熱、その他の症状のある者の入場の禁止
  • 手指の消毒設備の設置
  • 事業所の消毒
  • 入場者へのマスク飲食の周知、正当な理由なくマスク飲食等の感染防止措置を講じない者の入場の禁止
  • 施設の換気
  • アクリル板等飛沫を遮ることのできる板等の設置、利用者の適切な距離の確保
〇その他の施設への要請又は働きかけ
 法施行令第11条第1項に規定する施設については、時短営業等について要請又は働きかけを行う。
  • 全ての集客施設においては、施設内外で混雑が生じないよう、入場整理の徹底をお願いします。
  • 営業時間は5時から20時までとするようお願いします。(但し生活必需物資を除く)
〇イベントの開催制限
 イベント主催者等に対し、法第24条第9項に基づき、イベントの開催は、規模要件に沿った開催を要請する。なお、この制限は新規販売分に適用し、既存販売分には適用しない。あわせて、時短営業や、参加者に対するイベント前後の会食自粛の周知について働きかけを行う。
  • イベントは、人数上限を5,000人かつ収容率50%以内
  • 営業時間短縮を要請(5時から21時まで)
  • 業種別ガイドラインの遵守等を要請(法第24条第9項)
  • 具体的な条件については、国の事務連絡によるものとする。
〔詳しい内容〕

外出自粛の要請

 人の移動と、人と人との接触機会の抑制を図るため、法第45条第1項に基づき、生活に必要な場合(※)を除き、徹底した外出の自粛を要請する。特に、20時以降の不要不急の外出自粛、外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で行動、生活に必要な場合を除く都道府県をまたぐ移動の自粛、混雑している場所や時間を避けて行動すること、及び感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請又は営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えることを要請する。

※生活に必要な場合の例
  • 医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、
  • 必要な出勤・通学、自宅近隣における屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの

基本的な感染防止対策 M・A・S・K(マスク)を徹底しましょう

  • Mは適切なマスク着用
  • Aはアルコール等で消毒
  • Sはアクリル板等でしゃへい、接触はショートタイム
  • Kは距離と換気、冬はこれに加え、加湿
 変異株による感染が主流となり、特に感染力が強いと言われるデルタ株の感染が増えています。外食をする際は、昼夜を問わず、短時間にしていただき、「マスク飲食」の徹底をお願いします。
 大人数での会食は控えましょう。飲食をする場合には、飛沫による感染リスクが非常に高いとされていますので、感染のリスクを軽減する取組が必要です。そこで、食事中であっても、会話をするときは必ずマスクをつけることを徹底するものです。新しいマナー「マスク飲食」をお願いします。

飲食時の新マナー「マスク飲食」(神奈川県外部サイト)
 

感染リスクが高まる「5つの場面」に気をつけよう

感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう。
  • 飲酒を伴う懇親会
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり
感染リスクが高まる「5つの場面」のチラシ(PDF228KB)
夏の感染防止特設サイト(内閣官房外部サイト)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?