ワクチン接種会場の電源供給に三菱自動車工業株式会社からプラグインハイブリッド車を無償貸与

最終更新日 : 2021年8月3日

ワクチン接種会場の電源供給に、災害時協力協定を締結している三菱自動車工業株式会社からプラグインハイブリッド車を2台無償貸与いただきました。
 
 平塚市の地区公民館を会場として実施している新型コロナワクチンの集団接種会場では、暑さ対策として、レンタルでスポットクーラーを設置して対応していますが、電力不足のため多くの台数を稼働させることができませんでした。
 そこで、災害時に電力供給できる電動車を貸与できる協定を締結している三菱自動車工業株式会社から、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を2台、無償貸与いただきました。
 

貸与期間

令和3年7月30日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで

使用場所

ワクチン接種会場の各公民館(神田・金田・金目・旭南)
(上記公民館は土・日曜日限定の接種会場となります。)

電源供給車の概要

アウトランダーPHEVは、100V AC電源(最大出力1500W)から電化製品へ給電可能で、駆動用バッテリー残量が少なくなるとエンジンが自動で発電し、継続的に給電することが可能です。なお、今回は、アウトランダーPHEV1台で、5台以上のスポットクーラーを12時間稼働させることができました。
  • 三菱アウトランダーPHEV
  • スポットクーラー

三菱自動車工業との災害時協力協定

三菱自動車では「DENDOコミュニティサポートプログラム」により、平塚市と災害時協力協定を締結し、災害時に給電等に活用できる電動車を速やかに被災地へ提供する体制をとっておりますが、この度は、本協定がきっかけで、アウトランダーPHEVを長時間使用可能な電源としてご活用いただくというお話につながりました。

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?