平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

平塚市耐震シェルター設置推進事業補助金制度

平塚市耐震シェルター設置推進事業補助金制度のご案内

耐震シェルターの写真

平成7年の阪神・淡路大震災では、亡くなった方の実に8割以上が建物の倒壊等による圧死や窒息死でした。特に昭和56年以前の旧建築基準法で建てられた木造住宅に大きな被害がでました。
住宅の地震対策は耐震改修が最も効果的です。しかし、建物全体の耐震補強工事が出来ない場合に、費用や労力の負担が耐震補強工事と比較して小さく、家屋が倒壊しても一定の安全な空間を確保できる「耐震シェルター」があります。
耐震シェルターとは、寝室などの居室等の内側を鉄骨や木質系パネルにより囲む箱型の構造物で、居室自体に安全な空間を確保することができるものをいいます。(ベッド周りのみの空間を確保する家具的な装置は除きます。)既存の住宅内に設置し、住みながらの工事や、耐震補強工事に比べて短期間での設置も可能です。なお、平塚市では次ページのとおり耐震シェルターを指定しています。


平塚市耐震シェルター設置推進事業補助金交付要網(PDF:10KB)

 平塚市耐震シェルター設置推進事業補助金制度のパンフレット(PDF:74.7KB)

補助の対象

  1. 補助対象住宅・・・平塚市木造住宅耐震化促進事業補助金交付要網に基づく補助を受けて耐震診断を実施した木造住宅で、耐震診断の結果、「耐震性なし」(評点1.0未満)と判定された住宅
  2. 補助対象者・・・補助対象住宅を所有し、かつ居住するもの
  • 過去に木造住宅耐震化促進事業における耐震補強設計、耐震補強工事又は簡易補強工事の補助を受けた住宅は補助の対象となりません。
  • 評点とは、地震に対して建物が保有する耐力の安全率に相当するもので、大地震による倒壊の可能性を表すものです。

 

耐震診断により耐震性がなかった場合、耐震補強設計または耐震シェルターの設置補助の申請ができます。


 

補助の金額

耐震診断については、木造住宅耐震診断の補助金をご覧ください。

 

耐震シェルターの設置補助金額
対象世帯 耐震シェルター設置補助金額
一般の世帯 耐震シェルター設置費(税抜き)の
2分の1かつ上限25万円
世帯全員が市民税前2年間非課税の世帯 耐震シェルター設置費(税抜き)の
4分の3かつ上限37万5千円

一部屋を安全にする耐震シェルターの種類

No 名称・特徴 事例の詳細

1

耐震シェルター

  • 鉄骨部材を組み込んで1階の一部屋を丸ごと補強
  • 既存の天井は除去せずに設置が可能
  1. 143万より(3帖〜 鉄骨組込み内装仕上げ込み)
  2. 耐荷重 100t(1畳タイプ シェルター上部面荷重)
  3. 床を除去し、鉄筋コンクリートベタ基礎新設。鉄骨六面体の躯体を組立て内装を仕上げて完成

    問合せ先:(株)東武防災建設
    TEL 0120−81−2104 FAX 048−748−3839

    HP:http://tobubousai.com/(外部リンク)

2

木質耐震シェルター


  • 木造家屋の1階に設置し、万一地震により家屋が倒壊しても、中に居る人の安全を確保する為の耐震シェルター
  1. 25万円(設置工事2日間)
  2. 想定加重を地震による木造2階建住宅の倒壊の衝撃力とし、実際の建物倒壊実験で性質を確認
  3. 既存の建物に大きく手を加えることなく設置が可能

    内部はシングルベッドが2台設置できる広さを確保し、常時居住にも違和感の無いクロス張り仕上げ

    問合せ先:(株)一条工務店
    TEL 0120−422−231 FAX 053-441−4335

    HP:http://ichijo.co.jp/(外部リンク)

3

耐震シェルターレスキュールーム


  • 鉄骨部材を組み込んで1階の一部屋を丸ごと補強
  • 併せて建物全体も補強
  1. 6畳定価 277万円(設置工事 2週間)
  2. 8.53t以上
  3. 床・天井等を除去し、基礎を新設して、レスキュールームを6畳和室に設置し、一部屋を補強

    既存の柱とレスキュールームをつなぎ、固定

    問合せ先:(有)ヤマニヤマショウレスキュールーム事業部
    TEL 0120−88−2420 FAX 053−442−2422

    HP:http://rescueroom.main.jp/(外部リンク)

4

木造軸組耐震シェルター「剛建」


  • 重落下物を考慮し一部鋼材・接合部は耐震金物を使用し、倒壊から命を守る。
  1. 38万円
  2. 地震による木造二階建住宅の倒壊の想定荷重を水平方向加圧・鉛直方向の衝撃・落下実験で性能を確認
  3. ベッド2台入れても余裕の広さ
    採光と倒壊時に考慮し、四方を出入り口にし、1ヶ所はバリアフリー組立・設置は1日で完了
  4. 利用者の声
    バリアフリーであることと、シェルターであっても開放感があり、倒壊して、もし火災か発生しても出入り口が四方にあり安心しています。
  5. 会社から一言
    国産材を使用し、身にも環境にもやさしい。シェルター本体の重量が軽いので、家への負担が少ない。

    問合せ先:有限会社 宮田鉄工
    TEL 0587-37-1569 FAX 0587-37-6341
    HP:http://www.taishin-shelter.co.jp/(外部リンク)

5

シェル太くん工法


  • お家の中に、頑丈なシェルター(避難空間)を作ります。
  • 鉄骨はすべて工場加工されたものを現場で組み立てます。
  1. 186.3万円(部屋の大きさ、内装仕上げにより費用の増減があります)
  2. 木造二階建て住宅が倒壊した場合を想定して計算しています。
  3. 一部屋の避難(生存)空間を、頑丈な鉄骨で作ります。
  4. 利用者の声
    古い家なので、地震が心配でした。耐震改修も考えましたが、それなりに時間とお金がかかります。一部屋でも命を守れる安心空間が作られた事で、満足しています。
  5. 会社から一言
    耐震改修だけが、答えではありません、まずは命を守ることを考えてみませんか。

    問合せ先:株式会社ヤマヒサ
    TEL 0120-36-1374 FAX 06-6314-5154
    HP:http://www.yamahisa.co.jp/(外部リンク)

6

シェルキューブ


  • 鉄骨フレームによるシェルターを設置し、内装工事で仕上げます。
  1. 350万円(6帖タイプ・内装工事込み標準工事費)
  2. 耐荷重 100トン以上(真上からの荷重)
  3. 鉄骨フレームがシェルターの役目を果たします。
    床・天井を解体し、鉄骨フレームを設置。
    内装工 事を行い、仕上げます。
  4. 利用者の声
    思っていた以上に頑丈な鉄骨でした。いざという時に備えて、いつもいる部屋に設置し、安心して生活しています
  5. 会社から一言
    大地震の建物倒壊から大切な人の命を守ります。
    築年数・間取に関わらず設置できます。

    問合せ先:株式会社 デリス建築研究所
    TEL 03-3287-2011 FAX 03-3287-2012
    HP:www.delis-archi.co.jp/(外部リンク)

7

耐震シェルター「安全ボックス」

 

  • 家の1階の部屋の中に、新たに鉄筋コンクリートで基礎をつくり、軽量鉄骨の骨組みで安全な部屋をつくります。
  • 仕上がりの見た目は普通の部屋と変わりません。住んだまま、短い工期で施工が可能です。
  1. 設置費用
    980,000(4.5帖 建具等設置費用 別途約50,000)
    1,270,000(6帖 建具等設置費用 別途約65,000)
    1,480,000(8帖 建具等設置費用 別途約75,000)
  2. 2.耐荷重34t(真上からの荷重)
  3. 事例の概要軽量鉄骨で安全な部屋をつくります。

    1階の1部屋に設置することで、この部屋だけはつぶれず安心・安全なスペースとなります。
  4. 利用者の声
    子供・孫達と一緒に住んでいるので、いざ地震という時に家族を守れる頑丈な部屋を作って欲しいと相談し、この安全ボックスを設置してもらいました。地震が来たら直ぐにこの部屋に集まれば心配ないという安心感があり、頼んで本当に良かったと思います。
  5. 会社から一言
    住んでいる方の生命を守る事を一番に考え、安全ボックスを設置します。地震から身を守るシェルターであると同時に、普段は快適に過ごせる空間をつくります。 安心してやすめる寝室や家族と過ごすリビングとしてご利用ください。

    問合せ先株式会社 アップルホーム
    TEL 045-943-8822 FAX 045-943-8828
    HP:http://www.apples-home.co.jp/(外部リンク)

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてのお問い合わせ

建築指導課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階

直通電話番号:0463-21-9731(建築指導担当) /0463-21-9732(建築審査担当/建築安全担当)

ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ

このページの先頭へ