BCP(事業継続計画)

BCPとは・・・

 Business Continuity Plan(事業継続計画)のことで、大地震や工場火災、感染症の大流行などの緊急事態になってしまった場合に、企業存続のために重要業務をなるべく中断させない、または中断しても可能な限り早急に再開するように事前に取り決めておく計画のことです。

BCPのメリットは・・・

 緊急事態の発生時に速やかに対応できることにより、取引先の他社流出やマーケットシェアの低下防止を図ることができます。また、緊急事態における対外的な対応を説明することができるようになり、企業の信頼性を得ることにもつながります。他にも、取引先や市場からの評価の向上、企業価値の向上、企業の社会的責任への貢献などが考えられます。


BCP導入効果イメージ

 BCP策定により、事業復旧に要する時間を、大幅に短縮することが期待できます。

BCP導入により許容限界以上のレベルで事業を継続させる効果及び許容される期間内に操業度を復旧させる効果のイメージ画像

内閣府 「事業継続ガイドライン第二版(平成21年11月)」より引用

 神奈川県では、効率よくBCPを策定できるように作成支援ツールを作成しておりますので、ぜひ活用していただきBCPの作成をお勧めいたします。平成24年2月からは、東日本大震災から得られた教訓などを盛り込んだ改訂版となっております。
 

 神奈川県は平成24年度に中小企業にBCP専門家を派遣し、「BCP作成のすすめ(かながわ版)(外部リンク PDF:2.98MB)」をベースにBCP作成支援を行い、これらの企業のBCP作成事例を紹介した「BCP作成事例集(外部リンク PDF:9.45MB)」を作成しました。BCP作成の際の参考にご活用ください。

 中小企業BCP策定運用指針に入門コースが出来ました。
 「入門コース」、「基本コース」、「中級コース」、「上級コース」の4通りのコースがあります。
 「入門コース」はBCP策定・運用に当たって、最低限必要な要素を抽出したコースです。
 また、BCP策定までの道のりを事例紹介した「BCP策定のためのヒント~中小企業が緊急事態を生き抜くために~」(外部リンク PDF:19.6MB)も参考にしてください。
 

BCPを策定したら

 中小企業庁では、BCP策定企業をホームページ上で紹介しております。策定後には、ぜひ掲載してください。
 中小企業庁「BCP策定企業」 (外部リンク)

各種支援策等

BCPの策定に対する資金融資、BCPに基づく施設等の整備資金融資など、各種支援策があります。
これらの支援策を利用するには、定められた様式等でのBCPの策定が必要となります。

詳細は神奈川県のホームページ(外部リンク) 「BCP作成のすすめ(かながわ版)【資料編】」をご覧ください。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

産業振興課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館5階
直通電話:0463-21-9758
ファクス番号:0463-21-9759

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?