平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

トピックス

  • 児童手当の次の定例支給は平成28年6月15日の予定です。
  • 平成27年度現況届を6月初めに受給者宛に発送いたしました。未提出の方は、同封した返信用封筒により、早めに提出してください。
  • 平成28年1月からお手続きに「個人番号カード」もしくは「個人番号通知カード」及び「本人確認書類(免許証、パスポート等)」が必要になります。

児童手当制度のご案内

児童手当とは、次世代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援することを目的に、中学校修了前まで(15歳到達後最初の3月31日まで)の児童を監護している父又は母(もしくは養育者)に支給される手当です。申請をすると、翌月分から支給されます。※公務員の方は勤務先に申請してください。

  • 支給金額
支給区分 支給金額(月額)
児童手当
0歳〜3歳未満 15,000円
3歳〜小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳〜小学校修了前(※第3子以降) 15,000円
中学生 10,000円
特例給付
所得制限を超過した場合  5,000円












※第3子とは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある
 児童のうち、年齢が上の児童から数えて3人目の児童のことです。


児童手当について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

所得制限


児童を監護している方の所得が所得制限限度額以上の場合、特例給付として児童1人当たり月額一律5,000円を支給します。

 
扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1


 

 








※「収入額の目安(万円)」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

支給時期

支給時期 支給対象月 支給予定日
平成28年6月期 平成28年2月〜5月分 平成28年6月15日(水)
平成28年10月期 平成28年6月〜9月分 平成28年10月14日(金)
平成29年2月期 平成28年10月〜平成29年1月分 平成29年2月15日(水)

 


 



 

児童手当・特例給付現況届

現況届は、毎年6月1日現在の状況を把握し、10月期以降も引き続き手当を受給する要件を満たしているかを確認する大切な届出です。

  • 現況届の提出がない場合、10月期以降の手当の支給が一時差止となります。
  • 提出しないまま2年を経過すると、児童手当の受給権が消滅しますので、ご注意ください。
  • 現況届は6月初めに受給者あてに発送しますので、同封した返信用封筒により、お早めに提出をお願いします。
  • 平成26年度以前の現況届を提出されていない方は、こども家庭課(0463-21-9844)までご連絡ください。

現況届に必要な添付書類

◆全受給者共通

  • 受給者本人の健康保険証のコピー」(国民年金に加入している場合は不要です)


◆該当する方のみ

  • 平成27年1月1日現在、平塚市に住民登録がなかった方は、「平成27年度(平成26年分)所得証明書」⇒詳しくはこちら
  • 児童と別居している方は、「別居監護申立書
  • 児童が市外に在住の場合は「児童が属する世帯全員の住民票」(続柄及び本籍が記載されているもの)
  ※ただし、申請時に提出したものと児童の住所に変更がなければ、提出は不要です。
  • 上記の他、必要に応じて提出していただく書類があります。

出生、転入等による児童手当のお手続き

  • お子さんがお生まれになった場合や、平塚市に転入された場合は、申請が必要です。
  • 受給者が平塚市から転出する場合、転出予定日の属する月までの手当を支給します。それ以降の手当は転出先で再度申請が必要です。
  • 公務員になった場合や公務員でなくなった場合、平塚市と勤務先に申請が必要です。公務員の方は、勤務先から手当が支給されます。

申請時に必要なもの

15日以内に申請をお願いします】
 申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。
 災害などやむを得ない理由により申請ができなかった場合、そのやむを得ない理由がやんだ後15日以内に申請をすれば、
 出生、転入等の日の属する月の翌月から支給されます。
 
 

  • 申請者(生計の中心となる方)名義の口座情報がわかるもの(通帳等)

  • 申請者本人の健康保険証」(国民年金に加入している場合は不要です。)

  • 所得証明書」⇒詳しくはこちら

  • 児童が市外で別居している場合、「児童の属する世帯全員の住民票」(続柄、本籍が記載されているもの)
  • 個人番号カード」もしくは「個人番号通知カード」及び「本人確認書類(免許証、パスポート等)

 ※顔写真がないものは2種類以上の本人を確認できるものが必要です。 (例)国民健康保険被保険者証と年金手帳

  • 上記のほか、必要に応じて書類を提出していただく場合があります。詳しくはお問合わせください。

所得証明書

 ◆平成27年10月期分〜平成28年6月期分の手当を受給される方で、平成27年1月1日現在において平塚市に住民登録がなかった方は、
平成27年度(平成26年分)所得証明書」の提出が必要です。(源泉徴収票ではありません)

  • 平成27年1月1日に住民登録のあった市区町村で発行されます。所得及び控除の内訳(扶養人数等)の記載があるものが必要です。
  • 配偶者が控除対象配偶者でない場合は、配偶者の所得証明書も必要です。



◆平成26年10月期分〜平成27年6月期分の手当を受給される方で、平成26年1月1日現在において平塚市に住民登録がなかった方は、
平成26年度(平成25年分)所得証明書」の提出が必要です。(源泉徴収票ではありません)

  • 平成26年1月1日に住民登録のあった市区町村で発行されます。所得及び控除の内訳(扶養人数等)の記載があるものが必要です。 
  • 配偶者が控除対象配偶者でない場合は、配偶者の所得証明書も必要です。


※「所得証明書」の取得方法については、各市区町村へお問い合わせください。
※「所得証明書」を取得する際は、児童手当の手続きに使用する旨、お伝えください。
※「所得証明書」の名称は市区町村によって異なる場合があります。

振込先口座の変更をご希望される方へ

受給者名義の口座へのみ変更可能です。お子さまや、配偶者の方への名義の口座へは変更できませんのでご注意ください。
お手続きに必要なものは以下のとおりです。

  • 振込を希望する金融機関口座の通帳(受給者名義のもの)
  • 印鑑(認印可)
  • 窓口に来る方の身分証明書(免許証、保険証等)

※ 平成28年6月期から振込先の変更を希望する場合、平成28年5月20日までに変更届をご提出ください。 

お問合わせ

  • 申請先:こども家庭課 児童手当・医療担当(平塚市役所 本館1階110番窓口)
  電話:0463-23-1111(代表)内線:2522  0463-21-9844(直通)  FAX:0463-21-9742
  • こども家庭課 児童手当・医療担当は、本館1階110番窓口へ移動しました。
    なお、こども家庭課 こども総合相談担当は、本館7階701番窓口へ移動していますのでご注意ください。
     
     

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてのお問い合わせ

こども家庭課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階(こども総合相談担当)/本館1階(児童手当・医療担当)

直通電話番号:0463-21-9843(こども総合相談担当)/0463-32-2738(こども発達支援担当) /0463-21-9844(児童手当・医療担当)

ファクス番号:0463-21-9738(こども総合相談担当)/0463-21-9742(児童手当・医療担当)

お問い合わせフォームへ

このページの先頭へ