寡婦(夫)控除みなし適用

平塚市では、婚姻歴のないひとり親家庭の経済的負担軽減するため、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています。
寡婦(夫)控除みなし適用には申請が必要ですので、各受付窓口へ御相談ください。
 

お知らせ

  • 平成29年4月から対象制度を12事業追加しました。追加した事業は、平成29年4月分の利用料等から適用になります。
  • 追加した事業については、対象制度でご確認ください。

制度概要

平成28年度所得(平成27年分の収入)から、婚姻歴のないひとり親家庭についても、所得税法や地方税法等の寡婦(夫)控除が適用されたものとみなし、市の各種制度の負担額等を算定します。
なお、税法上の控除は受けることができません。
また、寡婦(夫)控除をみなし適用した場合でも、負担額に変更が無いことがあります。

みなし適用の内容

  1. 住民税は、合計所得が125万円以下で寡婦及び寡夫にみなし適用した場合、均等割及び所得割とも非課税とみなします。
  2. 控除額は、税法上の控除額をみなし適用します。
  • 寡婦控除      27万円(所得税の控除額)  26万円(住民税の控除額)
  • 特定寡婦控除    35万円(所得税の控除額)  30万円(住民税の控除額)
  • 寡夫控除      27万円(所得税の控除額)  26万円(住民税の控除額)

対象となる方

所得のある年の12月31日及び申請時において、次のいずれかに該当する方が対象です。
 
  1. 婚姻歴のない母で、生計を一にする児童がいるもの【寡婦控除】
  2. 婚姻歴のない母で、扶養親族とする児童がおり、かつ、合計所得金額が500万円以下であるもの【特定寡婦控除】
  3. 婚姻歴のない父で、生計を一にする児童がおり、かつ、合計所得金額が500万円以下であるもの【寡夫控除】
  • 「婚姻歴のない」とは、婚姻したことがなく、事実上婚姻関係と同様の事情にないこと。
  • 「児童」とは、他の者の控除対象配偶者や扶養親族となっていない20歳未満の子であり、総所得金額が38万円以下のもの
     

対象制度

次の21の制度が対象となります。詳細は、担当課へお問い合わせください。

※印のついた制度は、平成29年4月から追加された制度です。平成29年4月の利用料等から適用となります。
  1. 障害福祉サービス(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  2. 補装具費の支給(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  3. 自立支援医療(育成医療・更生医療)(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  4. 移動支援事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  5. 日中一時支援事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  6. 地域活動支援センター事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  7. 障がい児タイムケア事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  8. 障害者訪問入浴サービス事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  9. 障害者に対する日常生活用具の給付事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  10. 身体障害者用自動車改造助成事業(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  11. 重度障害者住宅設備改良事業助成金(障がい福祉課 0463-21-8774 )※
  12. 保育所等の保育料 (保育課 保育担当 0463-21-9612) 
  13. ひとり親家庭等日常生活支援事業 (こども家庭課 こども総合相談担当 0463-21-9843 )
  14. 高等職業訓練促進給付金 (こども家庭課 こども総合相談担当 0463-21-9843 )  
  15. 助産(児童保護措置費)  (こども家庭課 こども総合相談担当 0463-21-9843 )
  16. 児童発達支援等事業(こども家庭課  こども発達支援担当 0463-32-2738 )※
  17. 小児医療費助成事業 ( こども家庭課 児童手当・医療担当 0463-21-9844) 
  18. 放課後児童健全育成事業(学童保育)の保育料 (青少年課 青少年育成担当 0463-32-7029) 
  19. 市立幼稚園の保育料 (教育総務課 学務担当 0463-35-8118) 
  20. 私立幼稚園就園奨励費補助金  (教育総務課 学務担当 0463-35-8118) 
  21. 高等学校等修学支援事業 (教育総務課 学務担当 0463-35-8118) 

市営住宅の家賃 もみなし寡婦(夫)控除の適用があります

市営住宅の家賃 もみなし寡婦(夫)控除の適用があります。他の者の控除対象配偶者や扶養親族になっていない20歳以上の子(子の総所得金額は38万円以下であること)がいる方も適用ができます。(建築住宅課 住宅管理担当 0463-21-8784)

申請方法・必要書類

各受付窓口に御相談の上、次の書類を添えて申請してください。
  • 平塚市寡婦(夫)控除のみなし適用申請書(各受付窓口に用意してあります。)
  • 婚姻歴がないことを確認できる書類(戸籍全部事項証明書など、婚姻歴のないことがわかるもの。児童扶養手当を受給中の場合、児童扶養手当証書の写し等。)
  • その他(各受付窓口で御確認ください。)

このページについてのお問い合わせ先

こども家庭課(児童手当・医療担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9844
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?