子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

最終更新日 : 2021年5月13日

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活支援を行う観点から、食費等による支出増加の影響を勘案し、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給します。

(1)令和3年4月分の児童扶養手当が支給される方

申請手続きは必要ありません。
支給額は児童1人あたり一律5万円です。
5月11日(火曜日)に児童扶養手当で指定されている口座に振り込みました。

※対象の方には4月27日(火曜日)に通知を送付しています。詳細は通知をご確認ください。

(2)公的年金等*を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当が支給されない方

*公的年金等:遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

  • 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、過去に児童扶養手当の申請をしていたとすれば、令和3年4月分の児童扶養手当の支給が全額停止されたと推測される方も対象となります。
  • 公的年金等の受給者で、令和元年中の所得が児童扶養手当の所得制限を超過している場合は、「(3) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方」の対象となります。

対象となる方 

  1. 「児童扶養手当」を申請したが、公的年金等を受給していることにより、児童扶養手当が全額支給停止になっていて(児童扶養手当法13条の2による支給停止)、令和元年中の所得が児童扶養手当の所得制限内の方
  2. 「ひとり親家庭等医療費助成事業(マル親福祉医療証)」の受給者で、公的年金等を受給していることにより、「児童扶養手当」が全額支給停止になることが見込まれ、児童扶養手当の申請をしていない方(ただし、ひとり親である方。異性と同居、生計の援助を受けるなど事実上の婚姻関係(同棲、内縁関係)にある方は対象外です。実際に同居していなくとも、住民票上同じ住所になっている場合も事実婚に該当します。)
  3. 公的年金等を受給しており、令和3年3月31日時点で「児童扶養手当」、「ひとり親家庭等医療費助成事業」の両方ともに申請していない18歳に到達後最初の3月31日を迎えるまでの児童(いわゆる高校を卒業まで。児童が一定の障がいがある場合は申請時点で20歳未満まで)を養育するひとり親世帯の保護者であって、令和元年中の所得が児童扶養手当の所得制限内の方

申請方法

 こども家庭課(0463-21-9844)に御連絡ください。申請書類を送付します。

申請期限

 令和4年2月28日(月曜日) ※期日必着

(3)新型コロナウイルス感染症による影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

新型コロナウイルスの影響で家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準(下記の収入基準額未満)になっていて、かつ下記に当てはまる方

対象となる方 

  1. 児童扶養手当を申請したが、本人または同居の家族の所得が高く、児童扶養手当が全額支給停止になっている方
  2. 申請時点で児童扶養手当の支給要件に該当するひとり親世帯であるが、本人または同居の家族の所得が高いなどの理由で「児童扶養手当」、「ひとり親家庭等医療費助成事業(マル親福祉医療証)」の申請をしていない方(ただし、ひとり親である方。異性と同居、生計の援助を受けるなど事実上の婚姻関係(同棲、内縁関係)にある方は対象外です。実際に同居していなくとも、住民票上同じ住所になっている場合も事実婚に該当します。)

申請方法

こども家庭課(0463-21-9844)に御連絡ください。申請書類を送付します。

申請期限

令和4年2月28日(月曜日) ※期日必着
 

  収入基準額と計算方法

申請者本人の収入基準額

申請者が養っている
親族・児童数(人)
収入基準額(円)
0 3,114,000
1 3,650,000
2 4,125,000
3 4,600,000
4 5,075,000

 5人以上いる場合、475,000円/人を加算。 
 16歳~23歳の親族の場合は150,000円/人を加算。
 70歳以上の親族の場合は100,000円/人を加算。
 

扶養義務者(同居の祖父母など) の収入基準額

扶養義務者が養っている
親族数(人)
収入基準額(円)
0 3,725,000
1 4,200,000
2 4,675,000
3 5,150,000
4 5,625,000

 5人以上いる場合、475,000円/人を加算。 
 70歳以上の親族の場合は100,000円/人を加算。

計算方法

 令和2年3月以降の最も収入が低い月 × 12か月

 申請者本人: 1か月の収入 = 養育費+給与収入+事業収入または不動産収入+年金相当収入額

 扶養義務者: 1か月の収入 = 給与収入+事業収入または不動産収入+年金収入

支給

  • 「ヒラツカシ コソダテキユウフ」の名義で振り込まれます。
  • 支給決定した場合は、支給決定通知を送付します。ただし、令和3年5月11日(火曜日)に振込済みの給付金については、支給決定通知は送付していません。通帳などの入金履歴で確認してください。
  • 支給後に、要件に該当しないことが判明した場合は、全額を返金していただきます。
  • 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

    ひとり親世帯以外で、18歳に到達した日以降最初の3月31日までの間にある児童(おおむね高校生以下の子ども)を養育する住民税非課税世帯への給付金は、「子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)」のページを御確認ください。

    このページについてのお問い合わせ先

    こども家庭課(児童手当・医療担当)

    〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
    直通電話:0463-21-9844
    ファクス番号:0463-21-9738

    お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

    このページについてのアンケート

    このページの情報は役に立ちましたか?
    このページの情報は見つけやすかったですか?