令和3年度子育て世帯への臨時特別給付

最終更新日 : 2021年12月24日

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付


令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、子育て世帯に対し児童1人当たり10万円の支援を行うこととなりました。
 

給付額

対象児童1人当たり10万円  

対象児童

(1)令和3年9月分の児童手当(特例給付を除く)支給対象となる児童
(2)令和3年9月30日時点で高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)である児童
 ※保護者の所得が児童手当(特例給付を除く)支給対象となる金額と同等未満の場合に限る
(3)令和4年3月31日までに生まれた児童手当(特例給付を除く)支給対象となる児童(新生児)

※「特例給付」とは・・・所得額が児童手当の所得限度額以上となった場合に、児童手当の代わりに支給される給付です。所得限度額については、「児童手当制度」のページ内にある「所得制限」にてご確認ください。

【ご注意】
 対象児童が婚姻している場合などは支給対象となりません。
 

支給対象者

上記「対象児童」の保護者のうち、生計中心となる方

申請が不要な方 ※12月24日更新※


12月13日(月)より順次、申請なしでお振込みする方宛てに通知を発送しておりましたが、通知内容(支給金額と支給日)に変更があります。

通知を発送した方は、児童手当等のお手続きにより、こども家庭課で口座情報を把握している方です。お手元に通知が届いた方には、「対象児童数」×「10万円」を、児童手当等の登録口座に12月23日(木)付で振り込みました。

※支払通知書は発送しませんので、通帳等でご確認ください。
 

申請が必要な方 ※12月24日更新※

いわゆる高校生の年齢の児童のみを養育する方、公務員の方につきましては、別途、お手続きが必要となります。12月23日より順次発送する申請書に口座情報などをご記入の上、郵送にてご申請ください。

その他

令和3年9月1日以降に出生した児童を養育する方につきましては、申請方法や支給日程等が決まり次第、別途お知らせします。
・対象となる児童と別居している方や、家庭内暴力で避難している方などは、通知が届かない場合がありますので、居住している市町村などに直接お問い合わせください。
・支給要件に該当しない事由が発生した場合には、支給後であっても全額返金していただきます。
・振込日などに変更が生じた場合には、随時ホームページにてお知らせします。

本給付金以外の給付等について

本給付金以外にも、子育て世帯に関する支援策があります。下記のリンクを参照してください。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)
子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

※申請期限 令和4年2月末まで

このページについてのお問い合わせ先

こども家庭課(児童手当・医療担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9844
ファクス番号:0463-21-9738

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?