市民向け講座等共催事業

市民向け講座等共催事業とは?

市民向け講座等共催事業は平成27年度で終了しました。

市民活動センターと共催で効果アップ!あなたの提案を実現。

「あの講師を講演会に招いて、たくさんの人に聞いて欲しい。でも、講師料もかかるし、広報活動も難しい…。」
そんな市民活動団体を市民活動センターが共催でバックアップ!共催できるのは、市民向けの講演会・講座・セミナーなどで、分野は問いません。

【メリット1】講師謝礼を市が負担!
30,000円以内の講師謝礼を市が支援します!

【メリット2】広報を市が支援!
ちらしの印刷や公共施設への配架、市民活動センターだよりやホームページ等、市の広報媒体を活用します!


 

募集の内容

対象となる事業

広く一般市民を対象として実施する事業(講演会・講座形式)で、提案団体が本来の活動として行う市民活動に関連した内容又は市民活動への理解・参加意欲の向上を図る内容で、以下のいずれにも該当するもの。
ただし、他の補助金等の対象となっている場合はご相談ください。
  • 公益性が高いと一般的に認められる事業内容であること
  • 市の共催事業としてふさわしい事業内容であること
  • 原則として参加は無料であること

 

提案団体の資格

ひらつか市民活動センター登録市民活動団体(センター登録基準に準じる団体はご相談ください。) ※過去に採択された団体も申請はできますが、過去に3回以上採択された団体については、広く多くの団体に機会を与えることから、他の団体が優先的に採択されることがあります。
ひらつか市民活動センター(外部リンク)

事業実施における役割分担

  1.  市民活動団体の役割
  • 事業の企画、講師等の選定と依頼
  • 広報活動(市が行う広報活動以外)
  • ちらしの原稿作成
  • 当日の運営(受付、司会進行、会場準備、片付けなど)
  • 必要な物品や消耗品等の用意、市負担の講師謝礼以外に必要な経費の負担
  • その他、下記「市の役割」の事項以外で、事業実施に必要な事項
  1. 市の役割
  • 講師謝礼の支払い(市が負担する謝礼は外部講師のみとし、負担額は原則として3万円以内。)
  • 広報活動(ひらつか市民活動センターホームページ、センターだよりへの掲載など。)
  • 会場確保(ただし、ひらつか市民活動センターで開催の場合に限ります。)
  • ちらしの印刷(A4用紙でモノクロ印刷500枚以内とし、それ以外の印刷を希望する場合は団体の負担とします。)


 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

協働推進課(市民協働担当)

〒254-0811 神奈川県平塚市八重咲町3番3号 JAビルかながわ2階
直通電話:0463-21-7534
ファクス番号:0463-22-3037

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?