29年度ひらつか市民活動ファンド 審査会

審査会

平成29年3月18日(土)ひらつか市民活動センターで、「公益信託ひらつか市民活動ファンド」公開審査会が開催され、今年度の助成対象団体が決定しました。このファンドは平塚市内で行われる市民活動を資金面で支援するもので、各コースの助成総額は入門コース50万円、発展コース150万円、29年度より新設する組織基盤整備コース100万円です。
応募は入門コースに3団体、発展コースに4団体、組織基盤整備コース4団体でした。ファンド運営委員が申請書と公開プレゼンテーションから総合的に審査を行い、入門コースは3団体に計28万円、発展コースは3団体に計68万円、組織基盤整備コースに計80万円、合計176万円の助成が決定しました。

≪助成決定団体からのコメント≫
「初めての申請で戸惑うこともあったが、他団体の発表を参考にしたり、委員のアドバイスを受けたり、勉強になった。まずは申請事業をしっかりと行っていきたい。」
「広報のチラシ作りして、まずは活動を知っていただきたい。活動してくれる大学生を現在募集している。お互い有益な活動になると思うので、頑張ってPRしたい。」
「自分たちの活動に非常に危機感を感じていたが、立ち位置をもう一度見直せた。計画事業を着実に行っていきたい。共生社会を目指し、積極的にやっていきたい。」
「昨年は落選して今年は申請するか迷った。実際に参加してくれる親子、思春期になって様々な個性のある子たちを目の当たりにしていたので、思い切って申請してよかった。地道にやっていきたい。」
「初めての申請で受かってよかった。広報は多方面でぜひ協力していただきたい。一方で高齢化も進んでいる。新しい風を呼び込みたい。また安心して観光できる環境を整えていきたい。」
「広報活動に力を入れたい。これからも安全なビーチにしていきたい。」

≪運営委員からのアドバイス≫
「「信頼」はどうやって得られるか。会計処理は重要。なんのために、だれのために、どうしたいか。自分たちで話し合いながら決めていくこと。これをしないと継続できない。どうしたら収益をあげられるか考えてほしい。センター等を使いながら、まずは多くの方に活動を知っていただくことが大事。」
「限られた時間で自分たちの思いを伝えることが重要。そのために何を伝えたいか自分たちで考える。先日、ボランティアをした高校生・大学生と交流したとき「助けてあげることがボランティアと思っていたが、逆だった。みんなからありがとうと言われて、これはもうやめられないと思った」という感想が多く挙げられた。後継者不足に悩む団体が多いが、日本の若者にもこういう子たちがいることを忘れないで、みなさんも地道に活動を続けてほしい。」
「申請することで活動を見直すことが大事。そのプロセスを大事にしてほしい。カベラ日本語の会のようにポストイットを使いみんなで考えたことが見えることは結果よりもすごく大事。見える化を進めてほしい。」
「この場で仲間からノウハウをもらえる。自治会でも市民活動として地域全体に広がることがよいこと。そのノウハウを全市民に広げていって「おらが街」として活発化してほしい。」

≪運営委員長の講評≫
熱く語っていただけた。新しいアイディアや手法等はもちろん必要ではあるが、社会の問題とは継続されるもので、普遍的なものでもあると思った。全員が社会のことをよくしたい、解決しようという人が集まっている。誰の為というと、自分のため、家族のため、社会のため。さらにはこれからの若者のためでもある。でもその若者がなかなか市民活動では見えないのが残念。だから大学生をもっと使ってほしい。大学教員をしていて一番楽なのは専門分野をゼミで教えること。しかし学生にとって一番力がつくのは社会に出て問題を考え解決すること。それをした学生は発想が違う。どうにかしようと考えられる。そういう経験を地域でしてほしい。また、オンラインでのつながりは今日、国際的にも重要だが、日本は少し遅れている。市民活動でもweb等を使用することで、さらに参加者を広げられるのではないか。

≪参考≫
平成29年度ひらつか市民活動ファンド助成申請書(PDF 2,100KB)
平成29年度各団体審査結果・助成決定額一覧(PDF 101KB)
ひらつか市民活動センターだより ファンド審査会増刊号(PDF 770KB)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

協働推進課(市民協働担当)

〒254-0811 神奈川県平塚市八重咲町3番3号 JAビルかながわ2階
直通電話:0463-21-7534
ファクス番号:0463-22-3037

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?