平塚市文化財写生コンクール

最終更新日 : 2018年6月21日

平成30年平塚市文化財写生コンクールを開催します

 子どもたちが、市内の「文化財」を写生することで、地域の歴史を身近に感じてもらう機会とし、「文化財」を将来にわたって末永く保存していくという意識を高めることを目的に開催します。

写生対象

(1)身近にある昔から使われてきた道具、歴史のある建物、遺跡の発掘で見つかった土器等、地域のお祭など
※国県市指定文化財や国登録有形文化財(「八幡山の洋館」)でなくても写生対象になりますが、平塚市内に存在しているものに限ります。
(2)文化公園内のD52型蒸気機関車(応募期間内に写生会を実施します)

応募方法

平成30年7月2日(月)~7月31日(火)、平日の午前9時から午後5時の間に、社会教育課に作品(四ッ切サイズ画用紙)を御持参ください。
応募にあたっては、作品の裏面に住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・学校(園)名・学年・題名(写生した題材など)を書いてください。

参加対象

中学生以下の生徒・児童・園児・幼児

応募期間中の写生会等

※雨天の場合「D52型蒸気機関車・博物館の縄文土器」写生会と関連行事は中止となります

「D52型蒸気機関車・博物館の縄文土器」写生会

日時:平成30年7月28日(土) 午前9時30分から午後3時まで 自由集合・自由解散
場所:(1)文化公園(浅間町12)内のD52型蒸気機関車周辺
          (2)平塚市博物館中庭・科学教室
内容:(1)では、D52型蒸気機関車の写生を行います。
          (2)では、博物館常設展示室の展示資料のうちから、縄文土器などの考古資料の一部を博物館中庭の木々の中に置き「自然の中の縄文土器」をイメージして展示し、間近で見ながら写生ができます(展示室での写生はありません)。
※できるだけ絵の具、クレヨン等の画材を持参してください

写生会関連行事

平成30年7月28日(土)の「D52型蒸気機関車・博物館の縄文土器写生会」の関連行事として「ミニSL乗車会」(湘南平塚鉄道連合会)、紙芝居「D52 403号のかつやく」(平塚手作り紙芝居の会)の上演を行います。
「ミニSL」乗車会( 湘南平塚鉄道連合会)
場所:文化公園南側の通路                  
時間:午前10時30分から午後2時まで随時運行。機関車・運転員の体調により前後することがあります。
紙芝居「 403号のかつやく」 (平塚手作り紙芝居の会)
場所:D52型蒸気機関車周辺
時間:11:30(予定) 自由集合・自由解散

入選作品の発表及び表彰式

応募作品については、本人に審査結果を通知するとともに、8月17日(金)から8月27日(月)まで平塚市役所本庁舎(多目的スペース1)にて作品を展示します(土日閉館)。
入選者の表彰式は、8月27日(月)14時30分から平塚市役所本館1階多目的スペース4で実施します。
入選者には株式会社パイロットコーポレーション副賞が贈呈されます。また「D52」を描いた作品から「平塚駅長賞」を選考し表彰します。

その他

(1)作品の応募は1人につき1点とします。
(2)応募作品は原則返却します(作品の保管期間は1年間)。
(3)入賞作品の版権は主催者に帰属します。本年度あるいは前年度入賞作品として、複写の展示・ポスターやチラシへの掲載などを行う場合があります。その際、作品と共に氏名・学校名・題名を付すことがあります。
(4)報道機関の取材などで、イベントの様子を撮影する場合があります。

主催・協力・協賛・後援

主 催 平塚市教育委員会 社会教育課
協 力 湘南平塚鉄道連合会・平塚手作り紙芝居の会・文化財所有者・平塚市博物館
協 賛 株式会社パイロットコーポレーション(入賞者への副賞を提供)
後 援 東日本旅客鉄道株式会社 平塚駅(平塚駅長賞を提供)

このページについてのお問い合わせ先

社会教育課(文化財保護担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
代表電話:0463-23-1111
直通電話:0463-35-8124
ファクス番号:0463-34-5522

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?