バリアフリー

最終更新日 : 2017年11月13日

  • 交通バリアフリーのイメージ図

 本格的な超高齢社会を迎える中、高齢者や障がい者等がほかの人と同じように社会参加できるノーマライゼーションの理念が広がりつつあります。
 本市においても老年人口の割合が平成30年には総人口の25%以上になると予測されているため、高齢者や障がいのある方々の移動の円滑化を図るなど、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めることが急務となっています。

バリアフリー基本構想

 1 策定の背景

 本市は、交通バリアフリー法(旧法)の基本方針に基づき、駅などの旅客施設、周辺道路、駅前広場、信号機等のバリアフリー化を重点的かつ一体的に推進するため、平成17年に「平塚市交通バリアフリー基本構想」(整備目標年次平成22年)を策定し、平塚駅周辺地区を重点整備地区に位置付け、整備の推進に努めてまいりました。
 平成18年に「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」が施行されたこと、また、平成23年3月に国の「移動等円滑化の促進に関する基本方針」が改正され、平成32年度末までの整備目標も示されたため、バリアフリー法の基本方針に基づいた基本構想を策定し、一体的・総合的なバリアフリー化を図り、ユニバーサルデザインを取り入れた、社会的経済的に活力ある持続可能な社会の形成を目指すため、基本構想を策定します。

※ユニバーサルデザインとは、あらかじめ、障がいの有無、年齢、性別、人種等にかかわらず多様な人々が利用しやすいよう都市や生活環境をデザインする考え方。
 

 2 バリアフリー法

 近年、高齢者や障がい者の方など、あらゆる人が自立した日常生活や社会生活を営むことができるために、建築物や交通機関などにおいて、バリアフリー化が進められてきました。しかし、施設ごとにバリアフリー化が進められ、連続性が図られていないこと、また、ソフト面での対策が不十分であるなどの課題がありました。
 そこで国では、一体的、総合的な施策の推進を図ることを目的に「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築に関する法律(ハートビル法、平成6年)」と「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(交通バリアフリー法、平成12年)」を統合・拡充した「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法、平成18年)」を施行しました。
 

 3 策定のポイント

  • 国の「移動等円滑化の促進に関する基本方針」と整合を図り、平成32年度までの整備目標を設定。
  • 基本構想策定にあたり、路外駐車場、建築物、都市公園の施設を特定事業に盛り込むことができる。

 


 

 4 構成・内容

表紙・あいさつ・目次(PDF 52KB)

第1章 基本構想策定の趣旨(PDF 412KB)

1.1 策定の背景
1.2 策定の目的
1.3 バリアフリー新法の仕組み
1.4 策定の意義
1.5 基本構想の位置付け
1.6 策定体制

第2章 平塚市バリアフリーの基本方針(PDF 250KB)

2.1 目標年次
2.2 基本方針

第3章 重点整備地区の設定(PDF 4,127KB)

3.1 重点整備地区等の設定の考え方
3.2 重点整備地区の設定

第4章 重点整備地区の現状と課題(PDF 1,201KB)

4.1 重点整備地区の現状認識
4.2 バリアフリー研究会による点検調査

第5章 重点整備地区のバリアフリー化の方針(PDF 4,263KB)

5.1 全体方針
5.2 個別方針

第6章 特定事業及びその他の事業について(PDF 54KB)

6.1 公共交通特定事業
6.2 道路特定事業
6.3 路外駐車場特定事業
6.4 都市公園特定事業
6.5 建築物特定事業
6.6 交通安全特定事業
6.7 その他の事業

第7章 基本構想の推進に向けて(PDF 120KB)

7.1 特定事業計画の作成
7.2 特定事業の実施
7.3 推進体制の整備

第8章 まちづくりへの展開(PDF 33KB)

8.1 重点整備地区からの展開
8.2 バリアフリーからまちづくりへ

資料編(PDF 3,750KB)


平塚市バリアフリー基本構想は、市役所本館5階市政情報コーナー、本館6階交通政策課にて閲覧できます。
 

  5 重点整備地区

 重点整備地区は、バリアフリー化事業が重点的・一体的に実施される地区であり、高齢者や障がい者等に交流と社会参加の機会を提供する機能、消費生活の場を提供する機能をもたらすことにより、総合的な都市機能の増進を図る上で有効かつ適切な地区です。
 バリアフリー化の先導的役割を持つ重点整備地区であることを考慮し、生活関連施設及び生活関連経路の整備を優先的に推進します。高齢者や障がい者等の移動や施設利用の状況を踏まえた優先度等を考慮することにより段階的かつ継続的なバリアフリー化を推進するとともに、施設の改修等がある際には合わせて接する経路等の整備を行うことにより一体的なバリアフリー化を推進します。

    平塚市バリアフリー基本構想における重点整備地区・生活関連経路の方針図

 

 6 基本構想の推進に向けて

 施設設置管理者(公共交通事業者、道路管理者、路外駐車場管理者、公園管理者及び建築主等)及び公安委員会は、本構想に即して平成26年度中に特定事業計画を作成することになります。
 施設設置管理者は個々が作成した特定事業計画に基づいた事業を実施することとなります。また、特定事業以外のその他の事業についても同様の方策をとります。

   平塚市バリアフリー基本構想における推進体制のイメージ図
 

 7 策定の経過

 

 8 関連リンク

平塚市バリアフリー推進協議会

 平塚市バリアフリー基本構想に基づくバリアフリー事業の推進のため、本協議会を設置し、各事業者の連携強化と事業の円滑な推進を図ります。
本協議会は、事業内容や進捗状況等を確認するとともに、必要に応じて「まちの点検」を行うことにより状況に合わせた事業計画の見直しを行い、確実な事業の進捗と段階的かつ継続的にバリアフリー化が発展(スパイラルアップ)していくよう進捗管理するとともに、事業の進捗状況等を市民に公表していきます。

平成26年11月25日(火)(第1回) 

 平成27年 2月18日(水)(第2回)

 平成27年 4月28日(火)(平成27年度 第1回)

 平成27年10月23日(金)(平成27年度 第2回)

 平成28年 4月26日(火)(平成28年度 第1回)

 平成28年10月25日(火)(平成28年度 第2回)

平成29年 4月25日(火)(平成29年度 第1回)

平成29年10月24日(火)(平成29年度 第2回)

心のバリアフリーの推進

 高齢者、障がい者等が円滑に移動でき、施設を利用できるようにすることへの協力だけではなく、自立した日常生活や社会生活を確保することの重要性について理解を深めることが、国民一人ひとりの責務であることを浸透させるため、様々な機会を活用した教育活動や啓発活動を推進します。 心のバリアフリーについて次の4つを基本とし、バリアフリー基本構想における個別方針や特定事業に組み入れることで心のバリアフリーを推進します。

理解(教育・啓発)

手助け(思いやり・サービス)

利用を妨げない(障害物を放置させない)

情報提供(早く正確に伝える)

 
関連リンク

「声かけ・サポート運動」

バス利用促進等総合対策事業

ノンステップバス導入事業

概要

 本市では平成20年度から、高齢者や障がい者等、誰もがバスに楽に乗り降りできるノンステップバスの導入を支援しています。 市内を運行するバス車両のバリアフリー化の推進を図ることを目的とし、平塚駅や周辺目的地への移動の利便性・安全性の向上を図るとともに、移動しやすい交通環境の整備を推進していきます。
 

導入実績

 累計72台(平成28年度実績18台)
※次年度以降については、継続的かつ効果的に車両の導入が図られるよう予算措置を講じていく予定です。
 

ノンステップバスが走行する区間

ノンステップバス車内の画像 ノンステップバスからスロープを出したときの画像 ノンステップバス車両前部の乗降口の画像 ノンステップバス車両側面の画像 ノンステップバス車両の前方からの画像
 

バス運行情報システム導入事業

概要

 バスロケーションシステムは、無線やGPSなどを利用して、バスの位置情報を収集することにより、バス停や携帯電話、パソコンにバスがどこにいるかなどの情報を提供するシステム。
本市では平成22年度に路線バスの接近情報や目的地の到着予測時刻などを検索できるシステムの導入を支援しました。

運用開始日

 平成22年12月16日
 平成25年3月25日 スマートフォン用サイトの開設

関連リンク

  神奈中バスロケーション-神奈川中央交通(株)(外部リンク)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

交通政策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-9840
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?