下水道事業受益者負担金<第7期事業>

 新たに公共下水道の事業計画区域となったツインシティ大神地区について、「第7期事業」として受益者負担金の基本負担金額が決定しました。

 実施区域    大神の一部
 基本負担金 受益地1平方メートル当たり371円
 施行日   平成30年4月1日


 ツインシティ大神地区土地区画整理事業区域内に土地を所有されている方へは別途通知いたします。

 ツインシティ大神地区土地区画整理地区内に土地をお持ちのみなさまへ(PDF169KB)
 受益者負担金の納付までの流れ(PDF254KB)


 

受益者負担金とは?

 公共下水道の整備された地域は生活環境が改善され、その快適性は土地の利用価値の上昇という特別の利益にも反映されます。
 この事業の建設費は国の交付金と市費などで賄われますが、利益を受ける方は公共下水道が整備された地域のみなさまに限られます。そこで、公共下水道の利益を受ける土地の所有者又は権利者に、建設費の一部をご負担いただくのが、受益者負担金(以下「負担金」という。)制度です。
 市では、都市計画法第75条に基づき条例を制定し、昭和39年の公共下水道事業着手以来、下水道を整備した市内の全ての土地に対して、負担金をご負担いただいています。

受益者は?

 公共下水道が整備される区域内の土地の所有者又は地上権者・質権者・賃借人・使用借主が受益者になります。ただし、土地には様々な権利がありますので、権利者の方々で相談して受益者(負担金を支払う人)を決めてください。
 なお、借家人(貸家・アパート・社宅等の入居者)は受益者にはなりません。

対象となる土地

 公共下水道が整備される区域内の土地(住宅・私道・駐車場・田畑・寺社・倉庫・学校・病院など)すべてが対象となります。

減免と徴収猶予

 負担金を減額や免除できる制度(減免)と、納付を延期する制度(徴収猶予)があります。
 どちらの制度も申請書の提出が必要です。該当があると思われる方は、お問い合わせください。

 ○減  免   基準割合に応じて、負担金を減額します。
         対象となる土地の例 … 沼、排水路等の宅地として利用できない土地
                   公道から公道へ通ずる公共性の高い私道敷又は
                   公衆用道路として2宅地以上で利用する私道敷
                   墓地や納骨堂に係る敷地 など

 ○徴収猶予   耕作中の農地について、負担金の50%を納付していただき、残りの50%は一定期間
         納付を延期することができる制度です。該当地を売買したり耕作中の農地ではなく
         なったりした場合は、猶予が取消しとなりますので、市へご連絡ください。申請し
         た方へ受益者申告書を送付しますので、書類提出等の手続きをしてください。
 

受益者負担金の支払方法

全年度一括・単年度一括(3年3回払い)・期別(3年12回払い)の3種類

 納入通知書は上記のどの方法でもお支払いいただけますので、期日までに市の指定金融機関でお支払いください。

 全年度一括の場合、全額を最初の納期内にお支払いいただくと、10パーセントの報奨金(10円未満切り捨て、上限10万円)が交付されます。

 単年度一括の場合は2.5パーセント(10円未満切り捨て、上限8,250円)です。

受益者や住所が変わったとき

  売買等により途中で受益者を変更したいときは、『受益者変更届』の提出が必要です。提出日までに納期に至っている負担金は、従前の受益者が支払い、提出日後の納期の負担金から新しい受益者が支払うことになります。また、住所を変更したときもご連絡ください。

このページについてのお問い合わせ先

下水道経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-24-5211(総務担当)/0463-21-8786(公営企業担当)/0463-21-8785(排水設備担当)
ファクス番号:0463-21-9605

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?