下水道事業分担金<6期事業>

分担金とは?

 市街化調整区域については、県の生活排水処理施設構想「生活排水処理100%計画」に基づき、快適な生活環境の整備と公共水域の保全を図るため、公共下水道事業、農業集落排水事業、合併処理浄化槽で整備を進める計画です。

 この中で公共下水道事業の建設費は国の補助金と市費などですが、利益を受ける方は公共下水道ができた地域の皆様に限られます。そこで、公共下水道の利益を受ける方(土地の所有者又は土地の権利者)に、建設費の一部をご負担いただくのが、分担金制度です。

受益者とは?・・・分担金を支払う人のことです

 下水道が整備される区域内の土地(住宅地、寺社、工場、倉庫、学校、店舗等が建つ土地で、排水設備のあるもの)の所有者又は地上権者・質権者・賃借人・使用借主が受益者です。ただし、土地には様々な権利がありますので、お互いに相談して決めてください。

 なお、借家人(貸家・アパート・社宅等の入居者)は受益者にはなりません。

対象となる土地は?

宅地を基本とします


 例えば、居住用建物または併用住宅(居住用建物+店舗)がある土地、家屋と一体的に庭や駐車場として利用されている土地、資材置場、作業所、店舗、工場、事務所、農業用施設等がある土地です。ただし、資材置場や作業所等がある土地で排水設備がない場合は、対象としないこともあります。
 

その他の土地


 墓地、境内地、公園、学校用地、私道等。ただし、排水設備がない場合は、対象としません。

 ※農地等については、対象外とします。ただし、農家の分家等により宅地化が予定されている土地は対象となる場合があります。
 
  • 減免と徴収猶予
    • 適用される場合は申請が必要です。 該当する方は、「受益者申告書」と一緒に減免および徴収猶予の「申告書」を提出してください。
  • 減免の主な理由
    • 公道から公道へ通ずる公共性の高い私道敷又は公衆用道路として2宅地以上で利用する私道敷。
  • 徴収猶予の理由
    • 係争地や災害等により被害を受けた場合。

分担金 (受益地面積×1平方メートル当たり366円)の支払方法は?

全年度一括・単年度一括(3年3回払い)・期別(3年12回払い)の3種類

 納入通知書は上記のどの方法でもお支払いいただけますので、期日までに市の指定金融機関でお支払いください。

 全年度一括の場合、全額を最初の期限内にお支払いいただくと、10パーセントの報奨金(10円未満切り捨て、上限10万円)が交付されます。

 単年度一括の場合は2.5パーセント(10円未満切り捨て、上限8,250円)です。

受益者や住所が変わったときは?

 分担金を支払っている途中で売買等により受益者が変更となったときは、「受益者変更届」を提出してください。提出日以後の納期の分担金を新受益者が支払うことになりますが、提出がなければ引続き旧受益者のままです。

 また、住所を変更したときも御連絡ください。

このページについてのお問い合わせ先

下水道経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-8785(排水設備担当・総務担当) /0463-21-8786(公営企業担当)
ファクス番号:0463-21-9605

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?