令和2年度の介護保険料

最終更新日 : 2021年4月1日

令和3年度から令和5年度の介護保険料は『65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料』をご覧ください。
  • 所得の少ない方への負担軽減や所得の応能負担の観点から見直しを行い、保険料基準月額(第5段階)が5,277円に決定いたしました。

  • 平成27年度から公費(国・県・市)による低所得者(第1段階)の保険料の負担軽減を行っていますが、令和元年10月の消費税率10%への引上げに合わせて、低所得者(第1段階から第3段階)への介護保険料の更なる負担軽減を行いました。なお、第1段階は23,747円から18,998円に、第2段階は31,979円から24,064円に、第3段階は45,910円から44,327円になりました。(それ以外の所得段階は平成31年度と同額です。)

 
保険料段階
(所得段階区分)
対象となる方 年間保険料額
(保険料率)
第1段階 世帯全員が 
市民税
非課税の方
  • 生活保護受給者又は中国残留邦人等支援給付の受給者
  • 老齢福祉年金の受給者
  • 本人の前年の「公的年金等収入金額」と「合計所得金額から公的年金等に係る雑所得を控除した額」の合計が80万円以下の方
18,998円
(基準額×0.30)
第2段階 本人の前年の「公的年金等収入金額」と「合計所得金額から公的年金等に係る雑所得を控除した額」の合計が80万円を超え120万円以下の方 24,064円
(基準額×0.38)
第3段階 上記第1段階、第2段階以外の方 44,327円
(基準額×0.70)
第4段階 本人が市民税非課税かつ世帯内に市民税課税者がいる方 本人の前年の「公的年金等収入金額」と「合計所得金額から公的年金等に係る雑所得を控除した額」の合計が80万円以下の方 56,992円
(基準額×0.90)
第5段階 上記第4段階以外の方 63,324円
(基準額)
第6段階
本人が市民税課税の方
本人の前年の合計所得金額が125万円未満の方 75,989円
(基準額×1.20)
第7段階 本人の前年の合計所得金額が125万円以上150万円未満の方 82,322円
(基準額×1.30)
第8段階 本人の前年の合計所得金額が150万円以上200万円未満の方 85,488円
(基準額×1.35)
第9段階 本人の前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方 101,319円
(基準額×1.60)
第10段階 本人の前年の合計所得金額が300万円以上400万円未満の方

107,651円
(基準額×1.70)

第11段階 本人の前年の合計所得金額が400万円以上500万円未満の方 120,316円
(基準額×1.90)
第12段階 本人の前年の合計所得金額が500万円以上800万円未満の方 132,981円
(基準額×2.10)
第13段階 本人の前年の合計所得金額が800万円以上1,000万円未満の方 145,646円
(基準額×2.30)
第14段階 本人の前年の合計所得金額が1,000万円以上の方 158,310円
(基準額×2.50)
 
  • 世帯は、4月1日現在での住民票上の世帯です。ただし、年度途中で転入された場合や65歳になった場合は、その時点での世帯です。
  • 公的年金等収入金額は、税法上課税対象となる公的年金等の収入です。
  • 合計所得金額とは、事業所得、不動産所得、利子所得、配当所得、給与所得、総合課税の短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益の通算後の金額)及び総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益の通算後の金額)の2分の1の金額の合計に退職所得金額、山林所得金額、分離課税所得(特別控除前)金額を加算した金額(ただし、繰越控除の適用を受けている場合には適用前の金額)です。
  例:給与収入150万円、年金収入200万円の方
    (1)給与所得 1,500,000円-650,000円=850,000円
    (2)雑所得(公的年金や個人年金など) 2,000,000円-1,200,000円=800,000
    (3)合計所得 (1)+(2)=1,650,000円

このページについてのお問い合わせ先

介護保険課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8790(介護給付担当)/0463-71-5237(介護認定担当)/0463-71-5238(介護保険料担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?