保険料口座振替のご案内

 後期高齢者医療の保険料は、広域連合が保険料額の決定を行い、お住まいの市区町村がその保険料を徴収します。保険料の納付方法は、原則、特別徴収(年金からの天引き)となりますが、普通徴収(口座振替または、納付書払い)を選択いただくこともできます。
 ※75歳年齢到達などによる後期高齢者医療保険制度の新規加入者は、これまでに加入していた国民健康保険等の支払い方法(口座振替など)を引き継ぐことができないため、新たに口座振替等の手続きが必要です。手続きが完了するまで1~2か月程度かかることから、最初は納付書払いとなります。
 また、保険料納付の詳細は、 神奈川県後期高齢者医療広域連合ホームページ(外部リンク)をご参照ください。
 

特別徴収(年金からの天引き)

 次の(1)~(3)のすべてにあてはまる方は特別徴収となります。
  (1)年額18万円以上の年金を受給している方
  (2)介護保険料を特別徴収により納めている方
  (3)後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計額が、特別徴収の対象となる年金支給額(※)の
 2分の1以下の方(年金支給月ごとにそれぞれ判定します)
  ※2つ以上の年金を受給している方は、政令で定める最も優先順位の高い年金の金額となります。
 〔優先順位(参考)〕 1位:老齢基礎年金 2位:老齢・退職年金 3位:障害年金及び遺族年金など

 特別徴収は上記条件を満たした場合、自動的に切り替わりますので申請は不要です。

 年金天引きが始まるタイミングは以下のとおりです。
 ・4月から年金天引きが始まる方:6月中旬~9月に75歳年齢到達、平塚市外からの転入など
 ・10月から年金天引きが始まる方:10月~6月中旬に75歳年齢到達、平塚市外からの転入など

  なお、申し出により下記の普通徴収(口座振替)へ変更することができます。 

普通徴収(口座振替または納付書による納付)

 特別徴収とならない方は、口座振替または納付書により、7月から3月までの毎月(原則9回)に分けて納付していただきます。
 
 ・口座振替の手続き方法
 後期高齢者医療被保険者証・振替を希望する口座の通帳・通帳のお届け印をご持参のうえ、保険年金課後期高齢者医療担当(窓口111番)までお越しください。
 申込みされてから手続が完了するまで、通常1~2か月かかります。口座振替の開始通知が届くまでは、お手元の納付書で納付してください(万一、二重払いになった場合は、納め過ぎの分をお返しいたします)。

 

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課(後期高齢者医療担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9768
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?