産業間連携の事例 平塚キュウリプロジェクト【農業+工業(食品製造業)】

平塚キュウリプロジェクトの発足

 平塚市は、神奈川県内でトップクラスのキュウリの生産地です。
 その平塚で、かつては盛んに生産されましたが、食生活の変化や流通の難しさから、姿が見えなくったキュウリがありました。
 相模半白節成(さがみはんじろふしなり)です。
 見た目の独特な白さと、歯ごたえが素晴らしいこのキュウリを眠らせておくのはもったいない。
 そんな思いから、このキュウリの復活と普及に向けた「平塚キュウリプロジェクト」が平成23年度から動き出しました。

相模半白節成の写真

平塚キュウリプロジェクトのあゆみ

キュウリ加工に取り組んだ目的

 相模半白節成は、平塚、大磯のキュウリ農家から収集した原種のキュウリを品種改良・選抜により昭和4年に誕生しました。
 昭和30年代後半まで広く栽培されましたが、現在の一般品種の台頭により主力の座を奪われ、栽培されることがなくなり、「幻のキュウリ」と呼ばれています。
 この幻といわれる
相模半白節成を活用するにはどうすべきか。
 生産農家、JA湘南、商工会議所がこの課題に挑みました。
 



事業内容

 相模半白節成を使った新商品の開発により、「幻」から発掘したい。
 その想いから、様々な販売戦略、新商品の開発を行いました。



パートナーを見つけた経緯

 生産者やJA湘南を中心として、「どうやってPRしよう?」をテーマに、相模半白節成の販売方法、活用方法を探る中で、コーディネーターが人々を集め、最終的に「ひらつかきゅうりカレー」が誕生しました。


連携のメリット

 平塚キュウリプロジェクトでは、初期段階では、キュウリ自体の販売促進を考えていましたが、平塚キュウリプロジェクトに加工業者や、生産者と業者を結びつけるコーディネーターを加えたことで、プロジェクト内で新商品の開発につながりました。
  • 生産者
    今までにない、キュウリの利活用が図られる
    直売所、アンテナショップ等で商品の販売
     
  • JA湘南
    幻のキュウリ「相模半白節成」の保全につながる
    直売所「あさつゆ広場」の目玉商品の創設

     
  • 食品製造業者
    食品加工、パッケージ技術の提供による新規ビジネスの創造

     
  • コーディネーター
    新しい着眼点を発見した

     

事業主体

 平塚キュウリプロジェクト (生産者、コーディネーター、食品製造業、JA湘南、商工会議所、行政)

ひらつかきゅうりカレーができるまで

  • 第1段階 漬物としての加工
     相模半白節成は、そのシャキシャキとした食味から、かつては漬物にして食べられていました。
     このため、神奈川県農業技術センターから、今回の取組も漬物づくりを提案されました。
     
    これまであまり例のない漬物の開発したいとの思いから、平塚名物のしらすとのコラボレーションが発案されました。
     実際に開発に取り組んでみると、課題が多く、思うような成果が出せずにいました。

    課題
     しらすのゆで汁を利用して漬物を試作、塩分の調整や加工方法を検討したが、しらすが取れる時期しか開発ができない。
     商品の賞味期限が短い。
     生もののため、流通が難しい。

     
  • 第2段階 保存食品としての加工
     漬物としての加工に限界があることが分かり、別のアプローチを模索することとなりました。
     保存が可能で、今まで見たことのない料理を検討するなか、 メンバーから「よこすか海軍カレー」をお手本に、キュウリのカレーが提案されました。
     加工は、市内に本社がある株式会社フリーデンに相談し、付き合いのある食品加工会社の紹介を受けました。
     販売促進のため、キャラクターを作ることとなり、「相模はんじろうふしなり」が誕生しました。


    相模はんじろう 相模はんじろうふしなり

     
  • 第3段階 カレー完成、販売
     開発は順調に進み、平成25年3月にキュウリカレーが完成しました。
     3月30日からJA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」で販売を開始し、以降各種イベントやアンテナショップ等で販売しました。
     平成26年3月末現在、約5,000個の売り上げがありました。


    パッケージの写真

このページについてのお問い合わせ先

農水産課

〒254-8686 神奈川県平塚市豊原町2番14号 豊原分庁舎2号館2階
代表電話:0463-23-1111
直通電話:0463-35-8102/0463-35-8103(農業政策担当、農業振興担当) /0463-35-8105(農地整備担当) /0463-21-2066(みなと水産担当)
ファクス番号:0463-35-8125

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?