米づくり体験隊の参加者募集について

2019年度の参加者募集について

●2019年度の募集は終了しました。

1 体験内容とスケジュール
  ※スケジュールは稲の生育状況、天候等によって変更になる可能性があります。

内容 スケジュール 作業内容
田植え体験 2019年6月22日(土)
午前(9:30-11:30)
・手作業による田植え体験
・田植え機作業の見学
草とり体験 2019年7月27日(土)
午前(9:30-11:30)
・田に生える雑草とり
稲刈り体験 2019年10月19日(土)
午後(13:00-15:00)
・手作業による稲刈り体験
・コンバイン作業見学
もみすり見学
米の受け渡し
 
2019年10月20日(日)
午前(9:30-11:00)
・乾燥、もみすり機の作業見学
・米の受け渡し

2 場所 ひらつか花アグリ周辺(平塚市寺田縄496-1)にある水田を予定(詳細な場所は、後日お知らせいたします)

3 主催 ハッパ会(金田地区在住の専業農業者による農業者組織)

4 参加資格 家族単位の参加を基本とし、代表者が20歳以上の方

5 参加費 1家族当たり 10,000円

6 募集定員 20家族

7 お渡しする米について 1家族あたり玄米20kgをお渡しする予定です。

8 申込方法 
  (1)募集期間 
     2019年4月1日(月)~2019年5月10日(金)
  
  (2)申込方法
    「2019度米づくり体験隊実施要領」を、ご確認いただき、申込書に必要事項を記入して
       郵送にてお申し込みください。
    →2019年度米づくり体験隊実施要領(PDF:389KB)のダウンロード
    →申込書(PDF:149KB)のダウンロード
 
  (3)郵送先
    〒259-1215 平塚市寺田縄244 ハッパ会会長 二宮 敏郎 宛

  (4)申込結果
    応募者多数の場合、抽選によって参加家族を決定します。
    抽選結果は、応募いただいたすべてのご家族に5月31日(木)までに郵送いたします。

9 問い合わせ先
  ・ハッパ会会長 二宮 敏郎 090-2903-5325
  ・平塚市役所農水産課農業政策担当 0463-23-1111(代表) 内線:3542

米づくり体験隊とは

 平成23年度米づくり体験隊 田植え体験の様子
 
 米づくり体験隊とは、市内金田地区の農業者組織「ハッパ会」の主催により、消費者に米づくりの参加機会を提供するとともに 、消費者自身が生産に携わったお米を提供させていただく取組で、平成17年度から毎年実施しています。
 この取組を通じ、農業への理解を深め、農業者と消費者との交流の輪を広げていきます。

米づくり体験隊の取組

全ての体験は専業農家の指導により行います

体験内容 作業内容

田植え

手植えによる田植え体験の他、田植え機による田植え作業を間近でご覧いただきます。
昔の田植えと現代の田植えを感じてください。


草とり

田んぼは水が入った状態です。泥んこになりながら草とりを体験してください。


稲刈り

稲刈り体験の他、コンバインによる稲刈りを間近でご覧いただきます。
翌日には乾燥、もみすりし、できたてのお米をお渡しします。稲がお米になるまでをご覧ください。

  • 体験日は稲の生育状況、天候等により変更になる可能性があります。

 

 ここがうり!

  1. 田植えから、ごはん茶碗に入るまで   お米の旅が わかる!
     どのようにお米ができるのかご存知ですか?米づくりを体験しながらお米の旅がわかります。
     稲刈りの後は、脱穀、もみすりしたてのお米を20kg(予定)お渡しします。
         
     
  2. 「関東の富士見百景」(国土交通省)に選定された地で富士山を正面に雄大な景色で専業農家が体験を指導!
     水田は富士山を正面に眺められる場所にあります。
     豊かな自然の中で、「プロ中のプロ」専業農家の指導によるお米づくりを体験できます。
     金田地区からの富士 
     
  3. 新米100%、しかも、自分たちでつくったお米が手に入る!
     「まじりっけなしの新米100%のお米」、しかも生産者はあなたです!
     食べていただくと、味の違いがわかります。
         
     
  4. 栽培品種は、神奈川県奨励の品種  湘南そだち米「はるみ」。
     

 

 主催者紹介

 ハッパ会が米づくりを教えます。
 一緒に美味しいお米をつくりましょう!
 

 ハッパ会とは?

 市内金田地区寺田縄の農業者組織「耕友会」のメンバーが、「消費者に農業を知ってもらいたい!」そして「農業を楽しんでもらいたい!」という思いから、その名称は、「米」という漢字から、「八十八」、「88」となり、「ハッパ会」ということになりました。会の名称を「ハッパ会」と名付け、平成17年度から米づくり体験隊を行っております。
 なお、「米」という漢字は、米づくりに88回の手間ひまがかかることを表しているとも言われています。

体験風景及び稲の育成状況

令和元年6月22日 【田植え体験】

田植え作業風景(1)
【田植え作業風景(1)】

田植え作業風景(2)
【田植え作業風景(2)】

田植え作業風景(3)
【田植え作業風景(3)】
 

令和元年7月10日

7月10日の様子(1)

7月10日の様子(2)

7月10日の様子(3)

令和元年8月2日

8月2日全景

8月2日全景2

8月2日稲の状態

令和元年8月21日

全景(1)

全景(2)

稲穂の状態

令和元年9月2日

稲の状態

前掲書

令和元年9月25日

全景1

全景2

稲穂の状態

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

農水産課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館5階
代表電話:0463-23-1111
直通電話:0463-35-8102/0463-35-8103(農業政策担当、農業振興担当) /0463-35-8105(農地整備担当) /0463-21-2066(みなと水産担当)
ファクス番号:0463-35-8125

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?