ベジタマもなか展示会のご案内

最終更新日 : 2017年3月1日

ベジ太とタマ三郎がデザインされたモナカを使用した商品を、大学生と考案し、展示会に出品しませんか?
平塚市の農産物や魚介類の地産地消の促進にもつながる、新たな地域ブランドを創出しましょう!!

概要

 
平成28年度平塚市民・大学交流事業の中で、農水産課、東海大学池村ゼミによる交流事業として、「地産地消レシピ展示会」の実施が決定し、ベジタマもなか開発プロジェクトが発足しました。
ベジタマもなかとは、平塚産食材のPRをするとともに、新たな魅力ある商品の開発による観光資源の創出を目的として作成された、平塚産農産物PRキャラクター「ベジ太」と、漁業協同組合PRキャラクター「タマ三郎」が描かれたモナカの皮です。
モナカの皮は、餡を入れた和菓子のみならず、アイス等洋菓子にも適し、さらに飲食店で盛り付けて食べる器やお吸物のお麩のようにも使用できることから、その活用法には多くの可能性があります。
そこで、大学生のモナカ活用アイディアをもとに、平塚を支えている商店が学生に協力しながら商品の開発を行い、完成した商品は、平塚の新たな地域ブランドとして展示会にてお披露目されます。展示会の様子や店舗情報は、市ホームページやFacebook、広報等で周知し、展示会後は、商品化に向けて事業を展開していく予定です。
平塚市の農産物や魚介類の地産地消の促進につながる、新たな地域ブランドの創出にチャレンジしましょう!!
 

目的

「ベジ太」「タマ三郎」を利用した地産地消レシピ展示会を開催することで、平塚産食材のPRをするとともに、平塚独自の商品を考案することで、観光資源の開発につなげる
 

主催・協力

主催
平塚市民・大学交流事業 観光推進部会(平塚市農水産課/東海大学芸術学科デザイン学課程池村研究室)

協力
東海大学2016年度To-Collaboプログラム 地域デザイン計画「地域デザイン計画 ブランド創造事業」、平塚市漁業協同組合、平塚市料理飲食業組合連合会、有限会社 種清商店〔もなか製造販売〕、市内各協力店舗
 

ベジタマもなかプロジェクト「もなかでひらつかを食べよう!」展

食をあつかう様々な業種や店舗が提案する、平塚の地産地消を味わう「オリジナルもなか」の紹介

平塚市と東海大学が協力して平塚産農産物の地産地消を普及する「ベジ太プロジェクト」と、平塚市漁業協同組合と東海大学が進める平塚市の漁業をPRする「ひらつかタマ三郎プロジェクト」の共同の取組みとして、「べジタマもなかプロジェクト」が2016年度に立ち上がりました。
「べジタマもなかプロジェクト」とは、ベジ太とタマ三郎のキャラクターがレリーフ化された“もなか種”(平塚米でつくられたもなかの皮)を利用し、平塚の地産地消を味わうオリジナルもなかを開発する取組みで地産地消を促進する様々なオリジナル食品を生み出し、平塚の地域ブランドに育てることを目標としています。
今回、試作品をお披露目する場として、「もなかでひらつかを食べよう!」展を、次のとおり開催します。

 出店
(有)鶯/杵若/社会福祉法人サンメッセしんわ/旬菜屋Nobu/竹万/(有)虎屋本店/(有)鳥仲商店/ビスキュテリ マ・コピーヌ/神奈川県立平塚商業高校/平塚地産地消研究会/株式会社ロコロジ(※五十音順、出店店舗は当日変更になる可能性があります)

会期
2017年3月3日(金)~5日(日) 10:00~15:00

会場
ひらつか市民プラザホール
 

このページについてのお問い合わせ先

農水産課

〒254-8686 神奈川県平塚市豊原町2番14号 豊原分庁舎2号館2階
代表電話:0463-23-1111
直通電話:0463-35-8102/0463-35-8103(農業政策担当、農業振興担当) /0463-35-8105(農地整備担当) /0463-21-2066(みなと水産担当)
ファクス番号:0463-35-8125

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?