ホストタウンとしての取組

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けて

ホストタウン登録

 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会開催に向け、全国の自治体と参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図るとともに、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資することを目的として、国により「ホストタウン構想」が計画されました。
平塚市もホストタウンとして名乗りをあげ、平成28年1月26日にリトアニア共和国の「ホストタウン」として登録を受けました。

内閣府のページ「ホストタウンの推進について」 (外部リンク)

交流の相手国と選定の理由

 平成27年11月、リトアニア共和国特命全権大使により、市内のスポーツ施設の視察調査が実施されました。そこで本市は、リトアニア共和国に対して事前キャンプ誘致を進めていく方針としたことを受け、ホストタウンの相手国といたしました。リトアニア共和国とは、大会前だけでなく大会終了後も様々な分野での相互交流を計画しています。

リトアニア共和国とは?

 北欧のバルト海東岸に位置するバルト三国の一番南の国で、EU加盟国の一つです。

面 積   6.5万平方キロメートル(北海道の約80%)
人 口   291.6万人(2015年3月リトアニア統計局)
首 都   ヴィリニュス(人口約54万人 2014年リトアニア統計局)
公用語   リトアニア語
盛んなスポーツ   バスケットボール、水泳、柔道、近代五種等

外務省のページ「リトアニア共和国」  (外部リンク)

  • リトアニア共和国地図
  • リトアニア国旗

交流計画の特徴(平塚市・神奈川県)

 ホストタウン登録は、平塚市と神奈川県で共同申請しました。様々な種目の事前合宿を契機に、リトアニア共和国と平塚市内の教育機関との学術交流や、多様な市民交流を継続します。

 リトアニア共和国との交流計画の概要 (PDF:476KB)


 リトアニア共和国に関するイベント・視察等

関連ページ

Host Town Initiative of Hiratsuka (英語ページ)

Visits and Events about Lithuania (英語ページ)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

オリンピック・パラリンピック推進課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-20-8700
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?