平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

囲碁ボールで「囲碁のまち・ひらつか」を応援 平塚市スポーツ推進委員連絡協議会協力での研修会が始まる

記者発表掲載日:2013/12/12

平成25年12月12日
公益財団法人平塚市まちづくり財団
担当 スポーツ事業課 高橋
電話 0463−35−0102
 

囲碁ボールで「囲碁のまち・ひらつか」を応援
平塚市スポーツ推進委員連絡協議会協力での研修会が始まる


 公益財団法人平塚市まちづくり財団(伊藤裕理事長)は、「囲碁のまち・ひらつか」を文化事業ばかりでなく、スポーツ事業からも支援していくため、平塚市スポーツ推進委員連絡協議会と連携して、ニュースポーツである「囲碁ボール」を普及していきます。
 「囲碁ボール」は、スティックでボールを打ちながらマットの上に白・黒のボールを並べていくゲームで、子どもから高齢者まで、年齢、性別、体力を問わず、誰もが楽しめるスポーツです。

囲碁ボール協議中の写真

 12月11日に、ひらつかサン・ライフアリーナを会場に開催された同連絡協議会の研修会には、45人の委員が参加され、囲碁ボールの概要、競技の進め方、得点の計算、判定の仕方をはじめ、用具を使用してグループ編成の模擬試合など、熱心に体験しました。
 今後は、各地区の行事等の中に取り入れるなど、市民の皆さんに普及啓発する機会を進め、「囲碁のまち・ひらつか」を応援していきます。

このページの先頭へ

広報・記者発表一覧に戻る