平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

第17期ドコモ杯女流棋聖戦第1局を平塚で開催 謝依旻女流棋聖に青木喜久代八段が挑戦

記者発表掲載日:2014/1/15

平成26年1月15日
平塚市まちづくり財団
担当 文化事業課 添田
電話 0463−32−2237

第17期ドコモ杯女流棋聖戦第1局を平塚で開催
謝依旻女流棋聖に青木喜久代八段が挑戦

 
 今期で17期を迎えるドコモ杯女流棋聖戦(主催・日本棋院)が、平塚市のホテルサンライフガーデンで開催されます。平成10年1月から始まった囲碁の女性棋士による棋戦で、平塚では2期以降、毎年三番勝負の第1局が開催されています。対局は早指し戦で行われ、持ち時間はなく、一手30秒の秒読み。なお、当日は、参加費無料の大盤解説会も開催されます。

日時   平成26年1月23日(木曜日)午後1時〜4時

会場   ホテルサンライフガーデン
     グランドビクトリア湘南 1階 オークルーム
     平塚市榎木町9−41 電話0463−21−7111

対局者  女流棋聖 謝依旻(しぇいいみん)女流名人
     挑戦者決定トーナメント優勝者 青木喜久代八段
 

大盤解説会

日時  平成26年1月23日(木曜日)午後1時〜4時
会場  グランドビクトリア湘南 3階 礼拝堂
解説者 小林覚九段
聞き手 稲葉禄子アマ六段
 

昨年の結果

 第13期〜14期の女流棋聖であった挑戦者謝依旻が、15期の女流棋聖青木喜久代八段に挑み、2勝0敗で勝利し、雪辱を果たしました。
 

このページの先頭へ

広報・記者発表一覧に戻る