平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

駐輪場の空き情報を5月7日から発信 携帯電話、スマートフォン、パソコン等で簡単に確認できます

記者発表掲載日:2014/05/01

平成26年5月1日
公益財団法人平塚市まちづくり財団
担当 総務施設課 宮代
電話 0463−35−8108
 

駐輪場の空き情報を5月7日から発信
携帯電話、スマートフォン、パソコン等で簡単に確認できます

 
 平塚市まちづくり財団(伊藤 裕 理事長)では、平塚市中心街の放置自転車対策と効率的な駐輪場施設の利用を促進するため、通勤、通学者や中心商店街利用者に、駐輪場施設の利用状況を即時に情報発信する「放置自転車等一時駐輪利用案内・誘導システム」を湘南地区で初めて5月7日(木)午前6時30分から稼働します。
 このシステムの稼働と同時に、紅谷町駐車場壁面に「各駐輪場自転車空車情報板」を併設し、各駐輪場の空き情報を発信していきます。なお、「各駐輪場自転車空車情報板」は、今後、中心商店街の中に数か所設置していきます。
 
稼働開始日時 
 平成26年5月7日(水)午前6時30分
 
利用方法 
 財団ホームページからアクセスできるほか、財団ホームページと各駐輪場に掲出する「QRコード」を携帯電話、スマートフォン、パソコン等で登録すれば、いつでも平塚駅周辺10か所の駐輪場の空き情報が24時間確認できます。
 なお、「QRコード」を表示してあるカードを20000枚作成し、配布を予定しています。
 
各駐輪場自転車空車情報板
 電光掲示により駐輪場空き情報を「空車あり、空わずか、満車」で表示するほか、自転車等放置禁止区域と駐輪場マップを掲示しています。
 
仕様 
 軽量鉄骨造り、縦2.42メートル、横2.42メートル(電光掲示板は縦48センチメートル、横1.4メートルで1文字の大きさは20センチメートル)
 
予算  
駐輪場等利用案内情報発信システム管理業務委託 年間 2037000円

このページの先頭へ

広報・記者発表一覧に戻る