市長あいさつ

平成27年度

登庁式あいさつ

-平成27年4月30日-
 
 皆さん、おはようございます。
 このたび、市民の皆様の御信任を得て、再び市長という重責を担わせていただくことになりました。引き続き、平塚市のために尽力できることを大変誇りに思うと同時に、市民の皆様の生活を守っていく使命の重さを痛感しております。
 
 さて、私は今回の選挙にあたり「選ばれるまち、住み続けるまちへ」をテーマにして、5つの方針を掲げました。
 そして、私が今日、皆さんに強調したいのは、この2期目で、私がやらなければならないこと、つまり、人口減少社会や少子高齢化への対応です。
 子育て支援や教育環境を充実して、子育て世代から選ばれるまちにすること。高齢者・障がい者福祉を推進して、住み慣れた地域でサービスを提供すること。企業活動や創業支援、産業間連携などを推進して、地域経済を活性化させること。防災・防犯対策を強化して、安心・安全なまちづくりを進めること。シティプロモーションを推進して、まちの魅力を効果的に発信すること。これらは、いずれも「選ばれるまち、住み続けるまち」になるために必要なことです。
 
 加えて、職員の皆さんには、3つのお願いをしたいと思います。
 まず一つ目は、「上手に小さくなること」です。
 私たちには、持続可能なまちづくりを健全な財政運営で進めることが求められています。財政規模の縮小や市民ニーズの変化に対応してサービスを見直したり、事業の「選択と集中」を進めたりする必要も出てきています。行政運営を効果的に展開させていくには何をすべきかを常に考え、実行してください。
 二つ目は、「全体最適」です。
 今日、お集まりの幹部の皆さんには、時代の変化に対応して、それぞれの部署の立場からだけでなく、平塚市全体の立場から、物事を考えてほしいと思います。人口減少社会や少子高齢化などの様々な課題に対して、平塚市全体として今、何をどうすることが「最適」なのかを考える「全体最適」の考え方で、事務事業を見直してほしいと思います。
 三つ目は、「笑顔であいさつ」です。
 市役所の印象は、窓口や最初に電話に出た職員の対応で大きく変わります。市民の皆様からいろいろな御指摘をいただくこともあるかと思いますが、しっかりと説明をすることによって、私たちが市民の皆様の目線に立って行政サービスを展開しているということを知っていただくことが重要であると思います。
 そして、新庁舎の完成を市民サービス向上の機会ととらえ、来庁者に対しても職員間にも、さわやかなあいさつを広げ、コミュニケーションを活性化してほしいと思います。

 1期目は皆さんの協力を得て、進むべき道の地固めができました。
 2期目は一歩でも、二歩でも前進させ、選ばれるまち、住み続けるまちづくりを、私が先頭に立ち、皆さんと一緒に汗をかいて進めていかなければならないと思っています。いつも申し上げていますが、私は、皆さんの力を信じています。共に、この平塚のまちを良いまちにしていきたいと思いますので、今後とも市民の皆様のために働いていただき、一緒に平塚のまちをつくっていきましょう。 

 

※ 登庁式での市長あいさつを秘書広報課で要約いたしました。

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

秘書広報課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
ファクス番号:0463-21-9600

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?