写真で見る動き

平成27年(2015年)9月

9月28日(月) 二宮町ウッドチップセンター竣工式

  • 二宮町ウッドチップセンター内の作業場を二宮町長らと見学する落合市長
 平塚市、大磯町、二宮町による「ごみ処理広域化」を担う、剪定枝資源化施設「二宮町ウッドチップセンター」が二宮町に完成しました。
 当センターは、各家庭や公園などから排出される剪定枝を焼却処理せずチップ化し、資源として発電燃料や堆肥原料にリサイクルするための施設です。
 平成25年10月に本市で稼働した、「環境事業センター」に続き、環境に配慮した循環型社会の推進に大きく寄与するものとして、その役割が期待されています。
 
「センター稼働に伴い、10月1日から剪定枝の収集方法が予約制の各戸収集になります。
 市民の皆様には、本市のホームページなどからも御覧いただける、『平塚市ごみ通信(8月1日発行)』等を御確認いただき、分別排出への御協力をお願いします。
 本市では今後とも、ごみの『減量化』・『資源化』・『最終処分量の削減』の実現を目指し、各種の施策を展開してまいります。」
 

9月24日(木) 秋の全国交通安全運動に伴うパトカーでの市内巡回

  • 市内巡回前に警察署長と写真に写る落合市長
 9月21日から全国一斉に展開されている秋の交通安全運動の一環として、平塚警察署長とともに、パトカーで市内を巡回してきました。

「交通事故の無い、安心・安全なまちづくりを進めていくためには、平塚のまちで暮らす、市民一人ひとりが交通安全について考え、交通ルールを守り、交通マナーを実践することが重要です。
 今回のパトカー巡回や、30日に実施される『交通事故“なし”キャンペーン』、年末恒例となった「自転車マナー“『アップ』ル“キャンペーン」などを通じて、市民の皆さんの交通安全に対する意識が高まることを願っています。」
 

9月1日(火)、2日(水) 99歳以上の長寿者を訪問

  • メッセージカードと祝品を手に写真に写る長寿者の方と落合市長
 今年、市内で100歳以上の方は112名、白寿(99歳)を迎えた方は67人で、いずれも過去最多となりました。(8月1日現在)
 平塚市では、ご長寿者の皆さまに敬愛の気持ちを込めて、99歳以上の方(希望者)を訪問し、お祝いのメッセージを贈っています。
 
「9月1日・2日の2日間、ご家庭や介護施設を訪問して、42人のご長寿の方々にお会いしました。
 長寿の秘訣や、健脚を生かし90歳を超えてからも富士登山をされていたというお話など、会話も弾み、お元気な皆さんのご様子に私も元気をいただきました。
 日本の発展の礎を築いてくださった皆さんに心から感謝するとともに、これからもお元気で長寿を楽しめるまちづくりを進めていきたいと思います。」
 
 

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

秘書広報課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
ファクス番号:0463-21-9600

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?