市長あいさつ

平成27年度

平成28年仕事始め式あいさつ

―平成28年1月4日―

 明けましておめでとうございます。職員の皆さんには、この年末年始しっかり休養をとって、元気に新年を迎えていただけたでしょうか。
 
 さて、さっそくですが、新年にあたり、皆さんに3点、お願いをしたいと思います。
 まず、危機管理対応です。昨年、本市は大きな災害がなかったという点では穏やかな一年でしたが、全国的には鬼怒川決壊の関東・東北豪雨、口永良部島や箱根の火山活動など、自然の驚異を痛感した年でありました。また、新幹線内での焼身火災、小型飛行機の民家への墜落など思わぬ事件事故も起こりました。そして今年は東日本大震災の発生から5年を迎える年でもあります。これらを教訓に本市にも災害、危機へ、より実践的・実務的に対応できる体制づくりが求められます。市民生活の安全を守るため、今年は職員の皆さんにはより意識を持って防災・危機対応に臨んでください。

 2点目は「全体最適」と組織内連携です。
 今年は「総合戦略」を重点施策に盛り込んだ「次期総合計画」を策定し、この平塚市を魅力ある持続可能なまちにしていく、具体的な施策展開を始めます。しかしながら、まだまだ大幅な税収増、歳入増が見込めない状況では、大変厳しい行財政運営をしなければなりません。経常経費の10%削減など、市民の皆さんに負担をお願いする以上、我々にも身を切る改革が求められます。
 そこでまず、職員の皆さんには「全体最適」を考えて業務に臨んでください。今この時に、平塚市や市民の皆さんにとって重要な施策は何なのか、所管の業務の中でも優先すべきものは何かなど、職員一人一人が「全体最適」という意識を持ってほしいと思います。行財政を取りまく環境が厳しい時だからこそ、みんなで知恵を出し合って、より効率的な施策の展開と業務の遂行をお願いします。
  
 3点目は、積極性です。
 皆さんにはこれまで何度もお願いしてきましたが、始めから「できない」「やらない」ありきではなく、どうしたら解決できるのか、変えられるのかという積極姿勢で業務に当たってください。特に、重点施策として進めるシティープロモーションでは、常に職員一人一人が平塚市のセールスマンとして、我が市の魅力を内外に発信しようという積極的意識を持ってほしいと思います。

 以上、いろいろとお願いを申し上げましたが、今年は、市民病院の新棟オープン、天沼地区への大型商業施設の開業、北の核ツインシティ大神地区の具体的な面整備が進むなど、本市が大きく変わり始める年になります。この様に平塚市がまさに変わろうとする時に、皆さん職員と共にこの平塚のまちづくりに携わることができることを、私は誇りに思っています。

 信頼する職員の皆さんと力を合わせ、この平塚市を「選ばれるまち、そして住み続けるまち」、魅力あるまちにしていきたいと思います。
 今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。

 ※仕事始め式での市長あいさつを秘書広報課で要約いたしました

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

秘書広報課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
ファクス番号:0463-21-9600

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?