写真で見る動き

平成28年(2016年)9月

9月26日(月) 横浜ビー・コルセアーズとのふれあい給食

  • 富士見小4年生と応援給食を食べる市長
 プロバスケットボールチームの横浜ビー・コルセアーズ応援メニューコンテストで優秀賞に選ばれた富士見小学校で、同校のチームが考えた応援給食を横浜ビー・コルセアーズの選手とともにいただきました。応援給食には、「連勝めざせ!横浜ビー・コルセアーズ」という名前がつけられ、「ココアあげパン、しゅうまい、豚汁、ビー・コルセアーズゼリー、牛乳」と栄養満点で、色とりどりのメニューがそろっています。
 
「人気のメニューが並び、子どもたちはとてもおいしそうに食べていました。4年生の子どもたちに囲まれて食べる給食は、にぎやかで楽しく、元気もいっぱい体の中に入ってきました。横浜ビー・コルセアーズの選手の皆さんもこの給食で力を蓄え、Bリーグでの優勝を目指して頑張ってほしいです。」
 

9月23日(金) リトアニア共和国の経済省副大臣らが平塚に

  • 湘南平で本市の全景を眺める訪問団
 平塚市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて市民レベルでの交流を推進する、リトアニア共和国の「ホストタウン」として国の登録を受けています。このたび、「ホストタウン」交流計画事業の一環として、同国の経済省副大臣と駐日リトアニア共和国大使夫妻らが市内の施設3か所(日産車体湘南工場、神奈川県立花と緑のふれあいセンター、横浜ゴム平塚製造所)を訪れました。

 
「今回は先端技術を駆使して操業する市内の企業などをご覧になっていただきながら、平塚の経済的な魅力について理解を深めてもらいしました。リトアニア共和国の皆さんは、行く先々で熱心に担当者の話に耳を傾け、質問しておられました。本市ならではの魅力や特色に関心を高めていただきながら、さらなる交流を進めていきたいです。」

9月2日(金) 長寿の皆さま、おめでとうございます

  • 平塚市内で最高齢の岩本みよさんを祝う市長
 敬老の日を前にした9月1日と2日、多年にわたり社会に貢献してきた長寿の皆さまに敬愛の意を表して、市内に住む白寿(99歳以上)の皆さまを訪問しました。8月1日現在で、平塚市には100歳以上の方が114人(男性11人、女性103人)いらっしゃり、その数は過去最多となりました。
 
「さまざまな試練を乗り越え、今ある暮らしを作り上げてこられた皆さまは、私たちにとって人生の大先輩であり、頼もしい知恵袋です。中には、訪問後に自筆で訪問のお礼の手紙をしたためてくださる方もあり、その気持ちの持ちように頭の下がる思いで拝読しました。高齢の皆さまが住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられる環境づくりに今後も努めてまいります。」
 
 

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

秘書広報課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
ファクス番号:0463-21-9600

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?